ダイエット

野菜から食べる“ベジファースト”の 効果

野菜を先に食べるベジファーストの効果とは?

あなたは食事を食べる時に何から箸をつけていますか? 特に何も考えていない人や食べたいものから先に食べる人がほとんどかもしれません。実は食べる順番を意識するだけで太りにくいカラダになることができるといわれているのをご存知でしたか? それが野菜から先に食べる“ベジファースト”というやり方です。今回はそんなベジファーストの効果とやり方をご紹介します。

青汁だけじゃもったいない! ケールの栄養素と食べ方
ベジファーストで健康・ダイエット効果を得る方法とは

“ベジファースト”とは?

ベジファーストとは正確に言うと“ベジタブル(野菜)ファースト(先に)”のことです。つまり先に野菜から食べ始めて、その後に肉や魚・ご飯やパンなどと食べ進めていくという方法です。野菜と書きましたが具体的には野菜だけでなく食物繊維が多く含まれる海藻やきのこ類を先に食べることがすすめられています。ダイエットでも生活習慣予防でも食べる物を制限すると継続することが難しいものですが、ベジファーストなら食べる順番を変えるだけのシンプルな方法なので簡単に続けられそうです。
ベジファーストとはベジタブルファーストのこと

“ベジファースト”の効果

血糖値の急上昇を防ぐ

よく耳にする“血糖値”ですが、これは私たちの血液中に含まれるグルコース(ブドウ糖)の濃度のこと。空腹の状態でご飯やパンなどの炭水化物を真っ先に食べると吸収されてブドウ糖になり血糖値が急激に上昇します。こうして一気に血糖値が上がると上がり過ぎた血糖を下げようとしてすい臓から“インスリン”というホルモンが分泌され、余ったブドウ糖を中性脂肪として蓄えるようになります。つまり「血糖値の急上昇=中性脂肪の蓄積」だというわけです。ベジファーストによって食事の初めに食物繊維を多く含む野菜や海藻などを食べるようにすると、その後に炭水化物を食べても血糖値の急上昇を抑制する効果があるといわれています。こうして脂肪や糖の吸収を抑えて太りにくくなります。

糖質制限ダイエットは危険?-「ロカボ」のすすめ
ベジファーストは血糖値の急上昇を抑制する

食べ過ぎを防ぐ

ベジファーストで先に食べる野菜や海藻などには食物繊維が多く含まれていますからよく噛んで食べるのがおすすめです。野菜や海藻をゆっくりとよく噛んで食べることによって満腹中枢が刺激されて満足感が得られるようになり食べ過ぎを防ぐことができます。逆に言うとせっかくベジファーストしても早食いしてしまうと効果を十分に得ることができなくなるので注意が必要です。
ベジファーストはよく噛んで食べることが大切

“ベジファースト”のやり方

ベジファーストのポイントは何といっても野菜を最初に食べることなのですがそれだけではありません。同じ野菜の中には糖質が高いものもあるので注意が必要です。

糖質が多い野菜

じゃがいも・長芋・さつまいも・里芋・かぼちゃ・れんこん・にんじん・ごぼう・・・などデンプン質の野菜

1.野菜から食べる

ベジ(野菜)ファースト(先に)という名のとおり野菜から食べ始めましょう。この時のポイントはできるだけ糖質が少なくて水溶性食物繊維が豊富に含まれている野菜を積極的に摂ること。例えば、レタス・キャベツ・カリフラワー・キュウリ・ピーマン・小松菜・チンゲン菜・・・などがおすすめです。これらの野菜はサラダやおひたし、温サラダなどにしてゆっくりよく噛んで食べましょう。
ベジファーストでは野菜から先に食べ始める

2.きのこ・海藻・大豆製品

次に食べるのはワカメやメカブなどの海藻類や豆腐や納豆などの大豆製品、きのこがたっぷり含まれた汁物などがおすすめです。
ベジファーストでは野菜の次にきのこや海藻の汁物がおすすめ

3.肉・魚・卵

続いて肉や魚、卵などのタンパク質を多く含む主菜を食べます。健康のためにもダイエットのためにも脂身が多く含まれるベーコンやソーセージなどの加工品よりも、赤身の肉や魚介類など良質のタンパク質が含まれる主菜を選ぶようにしましょう。
ベジファーストでは後で肉や魚を食べる

4.ご飯・麺類・パン

食事の最後にご飯やパンなどの炭水化物(糖質)を食べるようにします。“ベジファースト”といえば「野菜から先に食べるだけでいい」と思うかもしれませんが、実は食事の最後に炭水化物などの糖質をとる“カーボラスト(糖質が最後)”も重要。最後にご飯や麺類などの糖質をとることで血糖値の上昇を緩やかにする効果が期待できます。
ベジファーストでは最後に糖質を食べるカーボラストも重要
この時に精白された白米よりも玄米、うどんよりも蕎麦、食パンやフランスパンよりも全粒粉パンに変えるといっそうの効果が得られますよ。

ベジファーストで野菜から先に食べれば痩せるというわけではありません。野菜サラダにたっぷりのドレッシングをかけて食べたり、早食いしたりすると結局カロリーの摂り過ぎになって太ることになりかねません。何事もバランスが大切です。

“ベジファースト”で太りにくいカラダになろう

いかがでしたか? 今回は野菜から先に食べるという“ベジファースト”の効果とやり方をご紹介しました。ダイエットで食べる量を制限するとかえってストレスが溜まりリバウンドしたり継続することが難しくなったりしやすいですよね? ベジファーストでは同じものを食べるにしても食べる順番を意識するだけで血糖値をコントロールしたり食べる量を減らしたりすることが可能です。こうして無理せず自然に太りにくいカラダになれる効果が期待できるのです。さっそく今日からベジファースト始めてみませんか?

ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。