ダイエット

オイルで痩せる!MCTオイルの効果とは?

MCTオイル

近年はオイルブームだといわれ「ココナッツオイル」や「アマニオイル」、「エゴマオイル」など様々な油の健康効果に注目が集まっています。そんなオイルの中でも“ダイエットオイル”として話題になっているのが「MCTオイル」です。「オイルなのに痩せるの?」と不思議に思われるかもしれません。そこで今回は痩せると話題のMCTオイルのダイエット効果についてまとめました。

痩せると話題-地中海式ダイエットってどんなもの?
MCTオイルの効果

MCTオイルとは?

「MCT」とは、英語で“中鎖脂肪酸”Medium Chain Triglyceride)の頭文字を取ったもの。この“中鎖脂肪酸”は他の脂肪酸よりも構造的に短いため消化・吸収されやすく素早くエネルギーになってカラダに溜まりにくいという特徴があります。中鎖脂肪酸はココナッツやパームフルーツなどに多く含まれる天然成分で、母乳や牛乳のも含まれています。中鎖脂肪酸を多く含み健康効果で人気が高い「ココナッツオイル」でも含まれる中鎖脂肪酸は約60%ですが、MCTオイルは“中鎖脂肪酸100%”。より効果的に中鎖脂肪酸を摂取できます。
MCTオイルの効果とココナッツオイル
さて、MCTオイルが近年“ダイエットオイル”として注目を集めていると書きましたが、MCTオイル自体は最近になって発見されたというわけではありません。実は40年以上前からエネルギーを必要とする患者さんの栄養補給や栄養不足の改善のために医療現場や介護の現場で利用されてきました。MCTオイルはダイエット効果が注目されるよりもずっと前から利用されてきた成分なのです。

MCTオイルのダイエット効果とは?

素早く分解されて脂肪になりにくい

“脂肪酸”は炭素が連なる構造の違いによって「長鎖脂肪酸」とか「中鎖脂肪酸」などに分けられます。一般的に使用されるサラダ油やコーン油、オリーブオイルなどの植物油や、ラードや牛脂などの動物性油はどちらも炭素の構造が長い「長鎖脂肪酸」です。これらは構造が長いぶん分解されるのに時間がかかるだけでなく、全身を巡ってから体内に脂肪として蓄積されるという特徴があり消費されるまでに時間がかかります。

それに対してMCTオイルの「中鎖脂肪酸」は構造が短いため、摂取するとすぐに消化・吸収されるので脂肪として蓄積されるよりも先にエネルギーとして消費されて体脂肪になりにくいためダイエットに向いているといえます。その分解スピードは「長鎖脂肪酸」の4倍といわれています
MCTオイルの効果-中鎖脂肪酸

脂肪燃焼効果で痩せやすくなる

私たちのカラダはエネルギー源としてまず「ブドウ糖」から消費するようにできています。そのため普段から炭水化物などの糖質を多く摂取している人の場合、カラダはブドウ糖からエネルギーを得て脂肪は使わないというリズムができてしまいます。ところが糖質制限などによってブドウ糖が不足してくると足りないエネルギーを得るために体内に蓄えられた脂肪を使うようになります。この時にできる物質が“ケトン体”と呼ばれています。MCTオイルを摂取すると体内にブドウ糖があるとしても“ケトン体回路”、つまりブドウ糖よりも脂肪から燃焼させるリズムが優勢になります。こうしてMCTオイルを摂取することで蓄積された体脂肪が燃えやすいカラダになりダイエット効果が高まるというわけです。

海外モデルみたいな美ボディに!筋トレのすすめ
MCTオイルの効果とダイエット

食欲を抑制する

一般的ダイエット、カロリー計算や糖質制限など食事を制限するダイエットでは食事量が減ることや血糖値が下がることからくる空腹感でダイエットが長続きしない人が多いようです。実際、ブドウ糖をエネルギーにしている脳のはたらきも低下しボーッとすることもあります。MCTオイルを取り入れたダイエットは、カラダにブドウ糖が残っている状態でも脂肪から燃焼させる作用があるため、血糖値が下がりにくくて空腹を感じにくいという特徴があります。MCTオイルを摂取することでダイエットにありがちな空腹によるストレスを抑えることが可能です。

ダイエット中でも間食していい?-ダイエット中のおすすめおやつ
MCTオイルの効果とブドウ糖

MCTオイルを使ってみよう

ココナッツオイルやオリーブオイルなどの油にはそれぞれの風味やクセがありますが、MCTオイルにはニオイも味もないサラっとしたオイルです。ただ加熱に弱いのでなるべくそのままの状態で摂るのがおすすめ。例えばコーヒーや紅茶にMCTオイルを小さじ1杯ほど加えたり、味噌汁や納豆に垂らしたりするのもいいでしょう。またドレッシングやマヨネーズなどの調味料にMCTオイルを混ぜると違和感なく摂取することができます。
MCTオイルの効果とコーヒー

MCTオイルは発煙点がとても低いので炒め物や揚げ物に使用すると煙が出て泡立ちますから加熱調理には使用しないようにしましょう。また慣れないうちにMCTオイルをたくさん摂取するとお腹が緩くなったり胃のむかつきが生じたりする可能性があります。はじめは小さじ1~2杯から始めて少しずつ増やしていきましょう。

いくらMCTオイルがカラダにいいオイルだといっても過剰摂取は厳禁 また糖尿病や血糖値が高い人、肝臓病の人はMCTオイルを摂取する危険性が指摘されています。自己判断せず主治医などに相談することをおすすめします。

MCTオイルでダイエット体質に!

いかがでしたか? 今回は近年痩せると注目されているMCTオイルのダイエット効果についてまとめました。これまでは「脂肪=悪」というイメージが強かったのに、オイルを摂って痩せるなんて本当に意外ですよね? 通常の油とMCTオイルの大きな違いは、食べた後に素早く吸収されて脂肪になりにくいこと、それだけでなく体脂肪の燃焼を促進させて効率的にエネルギー消費をする効果があること、ダイエットにありがちな空腹感を感じにくいなどの嬉しい効果が満載です! MCTオイルを毎日の食卓にうまく取り入れてダイエット効果を得たいですね!

“最高の油”と話題のインドのオイル「ギー」とは?


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。