ダイエット

間食して痩せる?-話題のヘルシースナッキングのすすめ

このタイトルを見て驚きましたか? 「ダイエットに間食は厳禁でしょ!?」と思う人は多いかもしれません。実は「ヘルシースナッキング」というのは、アメリカの若い人たちの間から広がった考え方で、ダイエット中でも“間食しながら痩せる”というものです。ダイエット中の空腹ストレスで挫折しそうになっている人にとってはうれしいお知らせですよね! 今回はそんな話題の「ヘルシースナッキング」の方法についてご紹介します。

ダイエット中でも間食していい?-ダイエット中のおすすめおやつ
間食して痩せるヘルシースナッキングとは?

“ヘルシースナッキング”って何?

そもそも「スナッキング」とは「間食」のこと。つまり「ヘルシースナッキング」とは「健康的な間食」という意味です。ここでポイントになるのが「ヘルシー」という部分です。「間食=おやつ」だと考えて好きなおやつを食べながら痩せられると勘違いする人もいるかもしれませんが、ポテトチップスやドーナツ、ショートケーキなど食べたいものを何でも食べていいというわけではありません。できるだけ栄養価が高くてヘルシーな食品を食べて空腹になり過ぎないようにします。

糖質制限ダイエットは危険?-「ロカボ」のすすめ
ジャンクスナックはNG!

“ヘルシースナッキング”のルール

「ヘルシースナッキング」で太らないようにするにはおやつを食べるタイミングや回数、食べるものなどいくつかのルールを守る必要があります。

200kcal以内に抑えること

「ヘルシースナッキング」の最大のルールは一度に食べる間食のカロリーを200kcalに抑えることです。間食を食べてもいい、とはいってもダイエット中は1日あたりの摂取カロリーが増えてはいけません。つまり「ヘルシースナッキング」の考え方は1日3食の食事を軽めにしてカロリーを減らし、「健康的な間食」を食べることで食べ過ぎやドカ食いを防ぐというものです。間食で大幅にカロリーを摂取すると食事で摂取できるカロリーが減ってしまうので意味がありません。
ヘルシースナッキングのルールは200kcal以内に抑えること

効果的なタイミング

「ヘルシースナッキング」の最も効果的なタイミングは午後3時だといわれています。この時間は昼食と夕食の間で小腹が空きやすい時間だということもありますが、生体リズムを調節するタンパク質の一種で体内の脂肪蓄積を調節する作用がある“BMAL1(ビーマルワン)”という物質の分泌量が一番少なくなる時間帯です。また朝食を早い時間に食べる習慣があるなら午前10時頃にヘルシースナッキングをとるのもおすすめです。“BMAL1(ビーマルワン)”は午後9時から深夜2時頃にかけて最も多く分泌されるのでこの時間の間食は避けるようにしましょう。
ヘルシースナッキングは午後3時がベスト

間食で栄養を補給する

「ヘルシースナッキング」に選ぶおやつはカロリーが高くてほとんど栄養がないものではなく、ダイエット中の食事で不足しがちな栄養を補えるようなものを選ぶのがベスト。食物繊維やタンパク質が豊富に含まれたヘルシーなものを選ぶと、しっかりと小腹を満たせて栄養も補給できる理想の「ヘルシースナッキング」になります。

ダイエットサポートに青汁!効果と選び方

“ヘルシースナッキング”におすすめのおやつ

ナッツ類

最近人気上昇中のナッツ類は食物繊維やタンパク質、抗酸化作用があるビタミンE・ビタミンB群・ミネラルなど栄養豊富な食品です。また全体的に糖質が低いのもうれしいところです。ナッツには美肌効果が高いアーモンドやマカデミアナッツオイル、貧血対策になるピスタチオやピーカンナッツなど種類によって栄養効果も異なります。ミックスナッツを選ぶと一度にいろんな種類が取れておすすめ! ただ、ナッツは脂質が多くカロリーが高いので食べ過ぎはNG! 手の平に軽くのる程度の20gを目安にしましょう
ヘルシースナッキングにおすすめなのはナッツ類

ドライフルーツ

「間食には甘いものが欲しい」という人におすすめなのがドライフルーツ。ドライフルーツの甘みは砂糖ではなく“果糖”で、砂糖よりも血糖値が緩やかに上昇するため太りにくいといわれています。またドライフルーツには食物繊維や鉄分、カルシウムやカリウムなどの栄養が豊富に含まれていて栄養補給におすすめです。ドライフルーツは生の果物を乾燥させている分カロリーも高いので食べ過ぎには注意しましょう。
ヘルシースナッキングにおすすめなのはドライフルーツ

シリアルバー

「シリアルバー」といっても、砂糖やたっぷりのチョコレートなどを使用したタイプではなく、原料にオートミールやオーツ麦、小麦ブランや玄米、おからなどをメインに使用し、ナッツやドライフルーツを混ぜ込んだヘルシーなものがおすすめ。しっかり噛むと満足感が得られ、オフィスでも手軽に食べられるのがGood! 1本当たりのカロリーを確認してくださいね。
ヘルシースナッキングにシリアルバー

コンビニを活用

コンビニのおつまみコーナーに売っているスルメや昆布、チーズもタンパク質や食物繊維などが含まれていて低カロリーのものも多くおすすめです。また最近では「ヘルシースナッキング」にチカラを入れているコンビニが増えて、“グラノーラ”や“チアシード”を使用したお菓子や小袋サイズのナッツ、野菜チップスなど新しい商品が出されています。うまく活用するといいですよ。
ヘルシースナッキングにおすすめなのは野菜チップスなどのコンビニ菓子

“ヘルシースナッキング”で無理なくダイエット

いかがでしたか? 今回は話題の「ヘルシースナッキング」のルールと方法についてご紹介しました。これまでのダイエットの常識では「間食は控える」のが普通でしたが、健康的な間食を取り入れることでストレスなく痩せられるなんて魅力的ですよね! 「ヘルシースナッキング」は空腹をガマンしなくて済むばかりか血糖値をコントロールして太りにくい状態にしてくれるのです。ストレスが溜まるダイエットは一時的には成功しても長続きしません。自分にピッタリな「ヘルシースナック」を見つけて無理なくダイエットを成功させましょう。


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。