ダイエット

定番おつまみ 枝豆でダイエット?その効果

枝豆のダイエット効果

これから夏に向けてビールが美味しい季節です。居酒屋さんで真っ先に注文するのが生ビールと“枝豆”という人も多いはずです。「ビールに枝豆なんておじさんみたい・・・」と思いましたか? 確かに日本人にとってビールのおつまみに「枝豆」というのは定番中の定番です。若い女性には敬遠されそうな枝豆ですが、近年では枝豆のダイエット効果に注目が集まっています。今回は、枝豆のダイエット効果と効果的な食べ方についてご紹介します。
ビールのおつまみ“枝豆”がカラダにいい理由とは

枝豆の栄養

「枝豆」は、大豆がまだ成熟していない若くて緑色の状態の時に収穫したもの。つまり「枝豆」を収穫せずにそのまま完熟するまで待つと「大豆」になるということです。「枝豆」というと緑色のイメージしかないかもしれませんが、サヤのうぶ毛の色の違いや種皮の違いなどから「青豆(白毛豆)」・「茶豆」・「黒豆」などがあります。これらの品種を掛け合わせたものなどを合わせると枝豆専用の品種だけで400品種以上あるそうですよ。

ダイエットサポートに青汁!効果と選び方

枝豆のすごい栄養パワーとは?

枝豆は大豆が未成熟な状態だというだけなので植物学上の種類は「大豆」ですが、農産物で分類すると枝豆は“豆類”ではなく“野菜”です。枝豆のすごいところは大豆の栄養素と野菜の栄養素の両方をあわせ持つところです

大豆にはビタミンCは含まれていませんが、枝豆には加熱しても壊れにくいビタミンCがたっぷり含まれています。またβカロテンやビタミンB群など大豆にはほとんど含まれていない栄養素が枝豆にはたっぷり含まれていて、まるで“緑黄色野菜”並みの栄養効果があるのです。しかも枝豆は野菜でありながら大豆が持つ良質のタンパク質やイソフラボン、カルシウムやカリウムなども含まれていてまさに“イイトコどり”食品というわけです。
大豆の栄養と緑黄色野菜並みの栄養価があるスーパー野菜“枝豆”

枝豆で痩せる?

糖質が低い

枝豆100gあたりの糖質は約3.8g。低糖質ダイエットでは100g中に糖質が5g以下の場合「低糖質」といわれています。ダイエットは摂取するカロリーだけでなく血糖値の急上昇を防ぐことが重要です。血糖値が急に上がると体内に脂肪が蓄積されやすくなりますから、低糖質な枝豆はダイエット中のおつまみとしては最適なのです。ただ居酒屋さんなどのおつまみでは塩分が多く含まれていることが多いため注意が必要です。

糖質制限ダイエットは危険?-「ロカボ」のすすめ
枝豆は低糖質で太りにくい

脂肪の吸収を抑制

枝豆には肝機能を向上する作用がある「サポニン」という成分が含まれています。サポニンには吸収されたブドウ糖が脂肪酸と合わさることをブロックして脂肪が蓄積されることを抑制する効果が期待できます。さらにサポニンには高い抗酸化作用があり血液中の脂肪やコレステロールが中性脂肪になって血管内に蓄積されることを予防します。さらにカラダの代謝を上げて脂肪の燃焼を促進する効果も期待されています。

他にも枝豆に含まれる「レシチン」という成分には、体内の余分な脂肪を排出する作用、「オルニチン」という成分には代謝をアップして脂肪燃焼を促進するはたらきがあります。

ビタミンB1・B2と合わせて相乗効果

糖質が低く脂肪の吸収を抑制する作用がある枝豆ですが、枝豆に含まれるビタミンB1には糖質を分解してエネルギーに変える作用、ビタミンB2には脂質を分解してエネルギーに変えるはたらきがあります。これらの栄養素が含まれている枝豆は効率的に糖や脂質の代謝効果が期待できるのです。

デトックス効果

枝豆に含まれるカリウムには、体内の余分な塩分をスムーズに排出するはたらきがあります。朝は簡単に履けたパンプスが夕方になるとキツくなる・・・など、むくみに悩まされている女性には嬉しい効果です。また枝豆には食物繊維が豊富に含まれています。カラダはそれほど太っていないのにお腹がポッコリしている女性は便秘が原因かもしれません。食物繊維は腸内の善玉菌を増やし環境を整えてお通じをよくして腸内の毒素をスムーズに排出するはたらきがあります。このように枝豆に含まれるカリウムや食物繊維のはたらきで体内の老廃物を排出させるデトックス効果が期待できます

人気の「デトックスウォーター」-効果とレシピ
枝豆のデトックス効果でお腹もスッキリ

間食に枝豆がおすすめ

枝豆をダイエットに取り入れるなら間食に取り入れるのがおすすめです。最近流行りの「ヘルシースナッキング」では食事と食事の間に栄養価が高くてヘルシーな食品を食べて空腹になり過ぎないようにすることが望ましいとされています。カロリーが高いスナック菓子やスイーツと比べ枝豆は低糖質で低カロリー、しかも栄養価がたっぷりです。ダイエット中に不足しがちな栄養素が補えて、食事量を自然と減らすことができるのがうれしいですね。塩分が高い枝豆はむくみの原因になるばかりか食欲を増進する作用がありますから、塩を入れずに茹でる・塩を抜くなど塩分調整を行いましょう。

間食して痩せる?-話題のヘルシースナッキングのすすめ
ヘルシースナッキングのお供に枝豆は最適

枝豆を上手に取り入れて効果的にダイエット

いかがでしたか? 今回はビールのおつまみとして定番の「枝豆」のダイエット効果をご紹介しました。「枝豆」は最近話題の低糖質フードであるだけでなく脂肪吸収抑制作用や代謝アップ効果、むくみや便秘解消のデトックス効果があるうれしい食材です。「ヘルシースナッキング」には最適ですよね! 普段あまり間食しない人は食事の時にご飯を減らして枝豆を食べたり揚げ物などを控えて枝豆にしたり・・・工夫して取り入れるのもO.K! いくら枝豆がヘルシーでも食べ過ぎたらやっぱり太ります。適量を守りながら美味しくダイエットを成功させてくださいね。

海外モデルがお手本!美ボディのための生活習慣


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。