ダイエット

夏こそおすすめ!甘酒のすすめ

夏に甘酒を飲むとえられる効果とは?

“甘酒”と聞くとひな祭りやお正月などに飲むイメージがあるかもしれません。実際、寒い季節に温かい甘酒を飲むとカラダの中から温まりホッとできる優しい飲み物ですよね。そんな甘酒は寒い季節だけではなく、むしろ暑い夏にこそ効果が得られる飲み物だということをご存知でしたか? 今回は、梅雨が明けて夏本番に日本の伝統的な飲み物“甘酒”をおすすめする理由をご紹介します。

美肌になる飲み物とは?-体の中からキレイになろう
夏に甘酒をおすすめする理由とは?

甘酒は2種類

米麹から作られた甘酒

“米麹”とは、蒸した米に麹菌を繁殖させたもの。その米麹に水分を足してさらに発酵させたのが米麹甘酒です。飲むと優しい甘みがあるのですがこれは麹に含まれる酵素がお米のデンプンを分解してブドウ糖に変えることによる自然な甘みで、砂糖が加えられているわけではありません。またアルコールも一切含まれていないのが特徴です。
夏におすすめの甘酒の原料-米こうじ

酒粕から作られた甘酒

“酒粕”とは日本酒を作る過程でもろみを絞った後にできる“搾りかす”のようなもの。この酒粕にお湯に溶かして砂糖を加えたものが酒粕甘酒です。酒粕甘酒にはもろみに含まれているアルコールが含まれているので子供や妊婦さんには向いていません。
夏におすすめの甘酒の原料-酒粕

おすすめは米麹甘酒!

米麹甘酒と酒粕甘酒には含まれる栄養素が異なるためにどちらの効果が高いというわけではないのですが、米麹甘酒は砂糖が添加されていない分カロリーが控えめ。アルコール分も含まれていないので安心して飲むことができます。

夏に甘酒をおすすめする理由

現代ではひな祭りやお正月に飲むものだと思われている甘酒ですが、俳句では「夏の季語」だということを知っていましたか? 甘酒には古い歴史があって平安時代には夏に貴族たちが冷やした甘酒を飲んでいたと言われています。その後、江戸時代になると甘酒売りが現れて庶民の間でも親しまれるようになり、夏の暑気払い効果を期待して飲まれたようです。今のように扇風機やクーラーがなく食べ物も少なかった時代に甘酒は栄養ドリンクのような効果があったようです
甘酒は江戸時代の夏の風物だった

おすすめ1: 飲む点滴効果

甘酒は別名「飲む点滴」ともいわれています。なぜなら甘酒にはブドウ糖・ビタミンB 群・ミネラルといった医療用の点滴の成分と同じようなものが含まれているから。暑くなると食欲が落ち夏バテや体力が低下しやすいものですが、このような時に甘酒を飲むことで疲労回復効果や滋養強壮効果を得ることができます。本来ブドウ糖はお米などの炭水化物が消化されることによって血液に流されるのですが、甘酒に含まれるブドウ糖はすでに麹菌によって分解されているため効率よくエネルギーになります。また夏バテしたときに不足しがちなビタミンB群も甘酒には豊富に含まれていて食欲がない時でも効率的にビタミンB群を摂取することができます。食欲が低下して栄養不足になりやすい夏の時期にはまさに飲む点滴効果が期待できるのです。
甘酒には医療用点滴と同じような成分が含まれている

おすすめ2: 消化吸収をサポートする効果

甘酒には消化酵素である「アミラーゼ」や「プロテアーゼ」などの酵素が含まれています。これらの酵素は食事によって体内に取り込まれた栄養を効率的に分解してエネルギーに変換するはたらきがあります。こうして胃腸の負担を減らし消化吸収を助けて夏バテで弱りやすい胃腸のサポートをする効果があります
甘酒の効果-消化吸収効果

おすすめ3 免疫力アップ効果

人の免疫細胞の約60%は腸にあって、腸内の免疫細胞を活性化させるのが“善玉菌”です。甘酒に含まれているオリゴ糖や食物繊維はどちらも腸内の“善玉菌”である乳酸菌やビフィズス菌のエサとなって腸内環境を改善する効果があります。こうして腸内環境が改善されると便秘が解消されるだけでなく免疫力がアップして風邪やウイルスに対する抵抗力が向上する効果が期待できます

始めよう“腸活”-カラダの中から健康効果を
甘酒に含まれる栄養素で免疫力向上効果が得られる

おすすめ4: リラックス効果

甘酒にはアミノ酸の一種である“GABA”やパントテン酸が含まれています。これらのアミノ酸は神経を興奮させる“交感神経”を鎮め、神経を落ち着かせる“副交感神経”が優位にはたらくようにサポートする作用があるので、ストレスを和らげリラックスできるようにする効果が期待できます。米麹甘酒ならアルコールが含まれていないので仕事の合間の休憩時間に飲んでホッと一息つくこともできますし、寝る前に飲むと不眠解消効果も期待できますよ。

美肌になるためには睡眠が大切-美肌と睡眠との関係
甘酒にはリラックス効果があるので安眠できる

おすすめ5: 美白・美肌効果

甘酒の材料となる米麹には“コウジ酸”と呼ばれる抗酸化成分が含まれています。“コウジ酸”は多くの美白化粧品にも配合されている美白成分で、肌のシミの原因であるメラニンの生成を抑制するはたらきがありシミやくすみ・ソバカスを防ぐ美白効果が期待できます。 また甘酒に含まれる“スフィンゴ脂質”という成分は細胞間脂質としてはたらき肌の弾力を保つ効果や、メラニン色素の元になるチロシナーゼの活性をブロックする作用があることからシミの予防効果・美白効果が期待できます。

美白化粧品に配合されているとうれしい成分
甘酒の効果-美白効果

夏こそ甘酒で暑さを乗り切ろう!

いかがでしたか? 今回は日本の伝統的な飲み物“甘酒”を夏におすすめする理由についてまとめました。暑い夏には食欲が落ちて体力が低下したり栄養が不足したりしがちです。「飲む点滴」といわれる甘酒には、ブドウ糖やビタミンB群・ミネラルなど吸収しやすい状態の栄養が豊富で疲労効果や滋養強壮効果が期待できます。また冷たいものの食べ過ぎや飲み過ぎで弱った胃腸をサポートする酵素が含まれているのも夏にピッタリです。これまで甘酒が苦手だと思っていた人は、優しい甘みでニオイも少ない米麹甘酒を一度試してみませんか?

ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。