ダイエット

めざせ、美ボディ!バストをキープしてダイエット

バストをキープしてダイエットしよう

頑張ってダイエットしたら前よりバストが小さくなってしまった・・・という経験はありませんか? ダイエットで引き締めたいウエストやお尻、太もものお肉はなかなか落ちてくれないのに、キープしたいバストはボリュームダウンしてしまうなんて本当にうまくいかないものですよね。そうなってしまった原因には間違ったダイエット方法があるのかもしれません。そこで今回は、バストをキープしながらダイエットする方法をご紹介します。

海外モデルみたいな美ボディに!筋トレのすすめ
バストをキープしてダイエットする方法とは?

バストから痩せるのはなぜ?

ほとんどが脂肪

女性のバストの約90%は脂肪で構成されていて、残りの10%が乳腺だといわれています。このようにバストのほとんどが脂肪でできているためカラダのほかの部分よりもふんわりと柔らかい感触があるのです。脂肪というとお腹周りなどにも脂肪がたくさんついているのに、なぜ減ってほしいお腹周りよりも先にバストからサイズダウンしていくのでしょうか? それは脂肪にはエネルギーを蓄えるだけでなく体温の維持やカラダを守るはたらきがあるから。お腹周りには内臓や子宮など大切な臓器があるためできるだけ脂肪を落とさないようにする作用がはたらくのです。逆にバストの脂肪は早い段階で落ちていきます。
お腹周りは脂肪を落とさないように作用するがバストは落ちやすい
一方で、バストの脂肪は心臓に近いため温かくて柔らかく燃焼しやすいという特徴があります。ですからダイエットして余分な脂肪を落としたいと思っても、ウエストや太ももよりも先に一番燃焼されやすいバストの脂肪から落ちてバストサイズのキープが難しいのです。

たるんだお腹を何とかしたい!おすすめのダイエット方法

女性ホルモンが減少しやすい

ダイエットというと体重を少しでも早く減らしたいからといって極端な食事制限をする人がいます。このようなダイエットは短期間で体重を落とすことができますが、カラダに必要な栄養や乳腺を維持するために必要な女性ホルモンの分泌が減少してハリが失われバストが小さくなってしまいます。それ以外にもダイエット中は甘いものをガマンしたり、頑張って運動したり・・・これらのストレスが積み重なり女性ホルモンの分泌に影響を与えてバストキープが難しくなります。
バストをキープしてダイエット-ストレス

バストから痩せるのを防ぐ方法

胸を揺らさない工夫

バスト部分には「クーパー靭帯」と呼ばれるコラーゲンを主成分とした靱帯が存在していて、脂肪と乳腺を皮膚や筋肉につなぎとめる役割があります。この靱帯はとてもデリケートなためダイエットなどのために激しい運動をすると靱帯が伸びたり切れたりしてバストの支えを失ってしまいます。またバストの脂肪は温かくて柔らかいため運動の際にバストが大きく揺れると脂肪が燃焼しやすくなります。運動の時にはバストがなるべく揺れないように自分に合ったスポーツブラを着用しましょう。
ダイエットでバストキープするためにフィットしたスポーツブラを

食事を減らし過ぎない

手っ取り早いダイエット方法として極端に食事の量を減らすと、バストを作るためのタンパク質が不足して一層バストが小さくなってしまいます。バストを落とさずにダイエットしたいならタンパク質を含むバストアップに欠かせない栄養をしっかり摂ることを心がけましょう。「タンパク質を摂ったら太るのでは?」と思うかもしれませんが、比較的カロリーの低い鶏胸肉やササミ、ヒレ肉や魚、豆腐などの大豆製品にも良質のタンパク質が豊富に含まれています。これらのタンパク質を毎日適度に取り入れるようにしてバストに必要な栄養を欠かさないようにしましょう。

間食して痩せる?-話題のヘルシースナッキングのすすめ
バストをキープしてダイエットするためには食事を減らし過ぎないこと

女性ホルモンをサポート

バストをキープしながら痩せるためには、乳腺の発達を促進する女性ホルモン「エストロゲン」の分泌を増やすことが大切です。エストロゲンによく似たはたらきをする大豆や、豆腐・豆乳・納豆・油揚げ・味噌などの大豆製品を積極的に食べるようにしましょう。またキャベツに含まれている「ボロン」と呼ばれる成分には女性ホルモン「エストロゲン」の分泌を促進する作用があります。それ以外にもマグロやカツオなどに多く含まれるビタミンB6やカボチャやナッツ類に多く含まれているビタミンEには、女性ホルモンのバランスを整える作用があります。このようにダイエット中でもバランスの取れた食事を取ることによってバストサイズをキープすることができます。

ダイエットサポートに青汁!効果と選び方
バストをキープしてダイエットするために大豆食品を積極的に摂る

胸筋を鍛えよう

バストを落とさずに痩せたいなら体重を減らすことだけでなく胸の筋肉を鍛えることも大切。なぜならバストの大部分を構成する脂肪は周囲にある靱帯や筋肉などで支えられているからです。こうしてバストを支えている胸筋を鍛えるならバストを支える土台が安定してバストアップ効果が期待できます。

合掌のポーズ

  1. 両手のひらを胸の前で合わせ合掌のポーズになります。
  2. 息を吐きながら両手のひらにチカラを入れてグーっと強く押し合います。
  3. そのまま10秒ほどキープして緩めます。これを20回行います。
  4. 次は胸の前で両手を組み合わせ、今度は左右にグーっと引きます。
  5. そのまま10秒ほどキープ。これも20回繰り返します。
合掌のポーズエクササイズでバストをキープ

膝つき腕立て伏せ

  1. マットなどの上に膝をついた状態で腕立て伏せの体勢になります。
  2. 次に通常よりも両腕を広めに置き肩から膝を真っ直ぐにします。
  3. 息を吐きながら、肘を外に広げるように曲げて胸を床に近づけます。
  4. 息を吸いながら手のひらで押して上体をもとに戻します。
  5. 10回を1セット。1日に2~3セット行いましょう。

食事と筋トレでバストをキープしよう

いかがでしたか? 今回はバストを落とさずにダイエットする方法をご紹介しました。ふんわりと柔らかいバストはほとんどが脂肪でできていることや、温かくて燃焼しやすいという特徴からカラダの他の部分よりも真っ先にサイズダウンしやすいパーツです。何も考えずに食事制限ダイエットをするとあっという間に小さくなってしまうのです。バストを落とさずにダイエットしたいなら、まず極端に食事制限をせずバストに必要な栄養をバランスよく摂るようにしましょう。また体重を落とすだけでなくバストを支える筋肉を鍛える筋トレも取り入れてバストアップしましょう。こうしてバストアップしながらメリハリボディを手に入れたいですね!


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。