ダイエット

フェイスラインを引き締めてスッキリ小顔に!

顔の引き締めのイメージ

モデルや女優さんのような小顔になりたいけれど骨格が違うからどうしようもない・・・と思っている人も多いかもしれません。実際、人と出会って真っ先に目に入る部分は「顔」ですよね。いくらダイエットなどでカラダがスリムになってもフェイスラインがふっくらしていたり二重顎になっていたりすると太った印象を与えてしまいます。骨格までは変えられませんがフェイスラインを引き締めることは可能です。今回はフェイスラインがたるむ理由と引き締める方法についてまとめました。

ダイエットサポートに青汁!効果と選び方
フェイスラインを引き締める方法とは

フェイスラインがたるむ理由

むくみ

カラダはそれほど太っていないのに顔が大きく見える大きな原因のひとつはむくみです。日頃から加工食品やコンビニ弁当、スナック菓子など塩分が多い食品をたくさん食べると塩分の摂り過ぎになってしまいます。塩分を過剰摂取するとカラダは水分を余分に溜め込むようになってむくみの原因になります。同じむくみでも鏡で自分の顔を見ると「顔の左右で頬骨の高さが違う」とか「全身の姿勢が悪い」という人の場合、骨格のゆがみが原因でリンパの流れが滞り老廃物が溜まり結果的にむくみが生じます。頬杖をつくクセや座るときに脚を組むなど何気ない習慣でゆがみが生じるので要注意です。

ダイエット中でも間食していい?-ダイエット中のおすすめおやつ
塩分が多い食品で顔がむくむと太って見える

顔や首の筋肉のコリ

首にある「胸鎖乳突筋(きょうさにゅうとくきん)」という筋肉は、パソコンに向かい合う仕事や長時間のスマートフォン操作など同じ姿勢が続くことで凝りやすくなります。するとその付近の血液やリンパの流れが悪くなり老廃物が溜まりやすくなり顔がむくんでたるみやすくなります。また肩や首のように自覚症状が出ないため気づかないことが多いのですが顔の筋肉も凝ることがあります。接客などでいつも笑顔を作っている人、毎日のストレスで無意識に奥歯を噛みしめる、いつも無表情で表情を表に出さない人・・・などは知らない間に表情筋がかたくなり凝っている可能性があります。顔のコリもむくみの原因になり顔が大きく見えてしまいます
デスクワークをしていると顔がこってくる

表情筋の衰え

表情筋とは目や鼻、口などを動かし様々な表情を作るための顔の筋肉のこと。脚や腕の筋肉などと同じで顔の筋肉も使わないと筋肉が衰えてきます。人と会って会話したり笑ったりすることが少なく、長時間スマートフォンやパソコンを見て無表情でいる時間が長いとどんどん表情筋が衰えてきます。それが顔のたるみを引き起こしフェイスラインが崩れてきます

海外モデルがお手本!美ボディのための生活習慣
表情筋の衰えがフェイスラインを崩す

フェイスラインを引き締める方法

むくみを改善する

普段から塩分や糖分の多い食生活を送っている人はまず食生活を見直しましょう。できるだけ塩分を控えることや甘いジュースの代わりに水やお茶に変えるなど塩分・糖分の過剰摂取をやめるようにします。またアルコールも顔のむくみの原因になりますからほどほどに控えることも大切です。

カラダのゆがみが原因でむくみやすい人は何気なく行っている普段の習慣を見直してみましょう。いつのまにか猫背になっていませんか? 座っている時も立っている時でも正しい姿勢を心がけましょう。脚を組む習慣や頬杖をつくこと、いつも片方の手でカバンや荷物を持つことなどはカラダのゆがみの原因になります。 なるべく片側に負担をかけず体の両側にまんべんなく使うように意識します。

痩せると話題-地中海式ダイエットってどんなもの?
食生活に気をつけることで顔のむくみをスッキリさせることができる

リンパマッサージ

顔のむくみを解消して引き締めるために、お風呂上りなど血行が良くなった状態でリンパマッサージをしてみましょう。スキンケアの後に行うとむくみ解消だけでなく美容成分の吸収も良くなり一石二鳥です。

  1. 人差し指と中指であごの骨を挟み(Vの字のように)顎から耳の下に向けてやさしくさすり上げます。
  2. 親指以外の4本の指を揃えて小鼻の脇を軽く押し、そこからこめかみに向けてさすります。
  3. 最後に、額の真ん中からこめかみに向かってさすりましょう。
顔の引き締めとフェイスマッサージ

顔のコリをほぐす

自分の顔を手で押してみましょう。普段自覚症状がなくても押してみると気持ちいいな、とかなんだか硬くなっているところがあるならあなたの顔は凝っているかもしれません。顔の中でも筋肉が集中している部分が「アゴ」です。首につながる部分でもあるのでアゴのコリをほぐすことで老廃物が流れやすくなり小顔効果に役立ちます。マッサージといってもグイグイ押すのではなく、軽くつまんでゆっくりと押す程度がベスト。

咬筋(こうきん)のマッサージ

咬筋(こうきん)とは、アゴから耳の下辺りにある筋肉で奥歯をかみしめた時に動く部分。咬筋は顔コリだけでなく肩や首のコリとも深くつながっているのでここをほぐすことはフェイスラインの引き締めに非常に効果的です。咬筋のほぐし方は意外と簡単です。

  1. まずは首や肩甲骨をゆっくりと回して血液やリンパの流れを良くしておきます。
  2. 両方の耳たぶをつまみ、優しく後ろ向きに回します。(小さく回す)
  3. 指先を耳の前の頬骨の下辺りに置き、親指と人差し指で痛気持ちいい程度の強さでつまみ揉みほぐします。
  4. 少しずつエラ部分に移動していきアゴ全体をほぐしていきます。
顔の引き締めと咬筋マッサージ

表情筋を鍛える

毎日の生活で表情筋を鍛えるには意識を変えることが大切ですご飯を食べる時には意識してよく噛むようにしましょう。そうすることで口の周りの筋肉が鍛えられ顔を引き締めることができます。また意識的に表情を豊かにすることもできます。なるべく笑顔を作ったり表情豊かに喋ったりすることを心がけましょう。ただ、分かっていてもなかなか難しいかもしれません。その場合は顔の筋肉を動かすエクササイズがおすすめです。

舌回しエクササイズ

  1. 口を閉じた状態で、舌先で歯の表面をなぞるように一周させます。歯茎に届くほど舌をしっかり動かしましょう。
  2. ゆっくりと右に10回まわしましょう。
  3. 次に、左に10回まわします。3セット行いましょう。

あいうえおエクササイズ

  1. 口を大きく開けて「あ・い・う・え・お」とオーバーに発音します。
  2. 「あ」~「お」まで10回×3セット行いましょう。

気になる太ももをほっそり引き締める方法

意識を変えてフェイスラインを引き締めよう

いかがでしたか? 自分は顔が大きいからどうしようもない…と思っていたあなた。もしかするとむくみや表情筋の低下などが原因かもしれません。骨格はどうしようもありませんが、むくみや表情筋、顔のコリなら毎日の習慣を変えることで改善できるかもしれません。諦めてしまう前に食生活の改善やコリ・むくみ対策・簡単なエクササイズを取り入れてみるのはいかがですか? 一度には改善しないかもしれませんが毎日継続することによってフェイスラインの引き締めが実感できることでしょう。憧れの小顔を手に入れたいですね!

糖質制限ダイエットは危険?-「ロカボ」のすすめ


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。