ヘアケア

夏の終わりから秋に抜け毛が増える原因と対処法

夏の終わりから秋の抜け毛を対策しよう

暑かった夏がようやく終わり少し涼しくなって過ごしやすくなる秋に増えてくる悩みが“抜け毛”です。人間の髪の毛は季節を問わず毎日50~100本ほど抜けているといわれています。そして一年のうちで最も抜け毛が多くなるのが秋だそうです。シャンプーの後で浴室の排水溝を見ると抜け毛でいっぱい・・・とか、髪の毛をブラシで梳かすだけで抜け毛が気になる・・・など不安になることも多いことでしょう。そこで今回は夏の終わりから秋にかけて抜け毛が増える原因と、少しでも抜け毛を減らすための対処方法についてまとめました。

30代~40代の髪の悩み-抜け毛・ボリューム不足の原因
秋の抜け毛の原因と対策とは?

抜け毛の正常な範囲とは?

髪の毛は常に古い髪の毛が抜け落ちて新しい髪の毛が生えてくるという“ヘアサイクル”を繰り返しています。ですから秋でなくても人によって毎日50~100本ほど抜け毛があっても正常なことです。また男性と比較して女性は髪が長い人も多いですから100本でもとても多く見えることもあるでしょう。さらに一年で最も抜け毛が増える季節である秋には通常の2~3倍抜けることがあるとされていますから200本以上抜けることがあっても正常の範囲内といえます。

こんな時は注意!

夏の終わりから秋にかけて通常よりも抜け毛が増えてもほとんどの場合2週間~2ヶ月以内で通常に戻ってくるのが普通です。ただし異常な抜け毛が2ヶ月以上続く場合には秋などの季節性のものではない可能性があります。またフケやかゆみ、頭皮の炎症がある場合にも頭皮改善の対策が必要になります。ひどい場合には皮膚科を受診するようにしましょう。
抜け毛が異常に多い場合は迷わずに病院へ

なぜ夏の終わりから秋には抜け毛が増えるの?

夏の紫外線ダメージ

紫外線が肌の日焼けやシミなどの原因になることはよく知られていて、一年中日焼け止めクリームなどで対策している人も多いことでしょう。ところが日焼け止めクリームでは対策できない“頭皮”も紫外線を浴びることで大きなダメージを受け秋の抜け毛の原因になることがあります。頭皮に紫外線を浴びると髪の毛を生み出す“毛母細胞”が傷ついたり、頭皮の炎症を引き起こしたりして髪や頭皮が弱くなり抜け毛が増えてしまいます。特に海水浴やプールは強い紫外線を浴びるだけでなく、海水に含まれる塩分やプールの塩素が髪の毛や頭皮に刺激になるので注意が必要です。これらのダメージが秋になって抜け毛として表れるのです。

話題の飲む日焼け止めサプリ-本当に効果あるの?
海水浴やプールなどのダメージが原因で秋になると抜け毛が増える

汗や湿気

夏の間は気温が高く他の季節よりも多くの汗をかくものです。顔や体だけではなく頭皮からも汗をかくのですが、ハンカチやタオルなどですぐに汗をふき取れる顔や体とは違い頭皮は髪に覆われているため蒸れやすくなるのです。こうして頭皮が蒸れた状態が続くと雑菌が発生しやすくなったり分泌される皮脂が毛穴に詰まりやすくなったりします。こうして頭皮が不衛生な状態になって秋の抜け毛が増えてしまいます。

梅雨時の髪のうねりや広がり-ヘアケアのポイント
夏の終わりから秋の抜け毛の原因-湿気

夏の生活習慣

夏は暑さのために食欲が落ちてそうめんや冷たいものなど口当たりがいいものばかり食べて髪の毛の成長に必要な栄養素が不足しがちになります。また露出が増えて薄着になる夏場は体型を気にしてダイエットをする人も多くなります。体重を落とすことを意識した極端なダイエットは栄養不足の原因になります。さらにクーラーの効いたオフィスや室内で長時間過ごすことでカラダが冷えて血行が悪くなり頭皮に必要な栄養素を運ぶことが難しくなって秋の抜け毛の原因になることもあります。
冷たい食べ物や飲み物は抜け毛の原因になる

抜け毛を増やさないための対処法

紫外線対策

夏に限ったことではありませんが頭皮は紫外線を最も受けやすい部分です。秋の抜け毛対策のためにも肌の日焼け止め対策だけでなく頭皮の対策も忘れないようにしましょう。一番手軽な方法は「帽子をかぶる」ことなのですが、長時間かぶっていると頭皮が蒸れやすくなって頭皮環境を悪化させる可能性がありますから注意しましょう。頭皮が蒸れることなく紫外線をカットできるのが「日傘」です。最近では髪や頭皮の日焼け止めスプレーやUVカット効果があるトリートメントがあります。これらをうまく活用してちょっとした外出でもできるだけ紫外線を避ける工夫をしましょう。

髪を保護するヘアオイル-効果的な使い方とは
抜け毛対策には日頃から紫外線対策すること

正しいシャンプー選び

夏の間たくさん汗をかいたり蒸れたりしやすい時には頭皮を清潔で健やかな状態に保つためにシャンプーするのは大切なことなのですが、気になる皮脂や汚れをしっかり落としたいからといって洗浄力が強いシャンプーでゴシゴシとシャンプーすると頭皮の乾燥を招き秋の抜け毛が進行します。シャンプーは髪を洗うというよりも“頭皮を洗う”ものなので、頭皮に優しい「アミノ酸シャンプー」や無添加の「育毛シャンプー」などを選ぶようにしましょう。秋になって抜け毛が気になる人はシャンプーを見直してみましょう。

健康な髪へ-自分に合ったシャンプーの選び方
抜け毛対策には自分に合ったシャンプーを選ぶ

<正しいシャンプー方法>

  1. 髪を洗う前に髪をよく梳かして地肌の汚れを浮かせておきます。
  2. シャンプーをつけない状態で1分ほど予洗いして髪だけでなく頭皮までしっかり濡らします。
  3. 泡立てたシャンプーで、毛根から頭頂部にかけて頭皮を中心に指の腹でマッサージするように洗います。
  4. 最後はすすぎですが生え際や頭皮にシャンプーが残らないようにしっかり洗い流します。
  5. 優しくタオルドライをした後、ドライヤーで根元からしっかりと乾かします。

正しい食生活

秋の抜け毛を防ぐためには髪の毛の土台となる頭皮を健やかな状態に保ち、健康な髪の毛を生み出すための栄養を取り入れる必要があります。なかでも髪の毛を構成するタンパク質(ケラチン)を生成するための様々なアミノ酸を取り入れることが大切。タンパク質を構成するアミノ酸は20種類ありますが、そのうちの9種類は体内では作り出すことができないため食事によって取り入れることが欠かせません。タンパク質を多く含む魚介類やお肉、卵や大豆といった良質のタンパク質を積極的に摂るように心がけましょう。また髪や頭皮の新陳代謝を活発にして発毛を促進する「ビタミンB群」や髪の毛の発育を促す「ミネラル」、“抗酸化作用”があり頭皮の血行をスムーズにする作用がある「ビタミンE」など栄養バランスの取れた食事を取るようにしましょう。
抜け毛対策には髪の材料となるタンパク質をしっかり摂ること

睡眠時間の確保

睡眠は髪の毛の成長に欠かせない要素です。寝始めてから3時間の間に髪の毛の成長を促進する「成長ホルモン」が活発に分泌されるといわれています。夜遅くまでテレビやスマホを見続けることを避け、できるだけ深く眠りにつけるような環境づくりを心がけましょう。夕方以降はカフェインを控えたり寝る前にアロマでリラックスしたり・・・自分なりの快眠方法で質の良い睡眠がとれるようにしたいですね。

抜け毛が増えたかな?と思ったら始めたいこと
抜け毛対策のためにはしっかりと睡眠を確保すること

夏の終わりから秋の抜け毛は“夏の疲れ”

いかがでしたか? 今回は夏の終わりから秋にかけて抜け毛が増える原因と、少しでも抜け毛を減らすための対処方法についてまとめました。考えてみると夏の強い紫外線や暑さによる汗、夏バテによる食の減退やクーラーによる冷えなど、夏は髪の毛や頭皮によって大きなダメージがいっぱいです。そんな積み重なるダメージが秋になって一気に抜け毛となって表れやすいのです。普段はスキンケアに注意が向いて髪の毛のケアにまで気が回らない人も多いかもしれませんが、夏の間の過ごし方しだいで秋になってからの髪や頭皮へのダメージを減らすことができますよ。抜け毛予防のためにもヘアケアを忘れないようにしたいですね!


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。