健康

今から始める“温活”-冷えに負けないカラダへ

冷えに負けないカラダになるために温活を始めよう

これからが冬本番。お布団に入っても足が冷たくてなかなか温まらない・・・、寒くて重ね着をするせいで肩が凝って仕方がない・・・という悩みを持つ女性は多いのではないのでしょうか? あるアンケートによると“冷え”に悩む女性はなんと7割近くもいると言われています。女性にとって冷えは肩こりや頭痛、手足のむくみや生理不順などカラダの不調の原因にもなる大問題。そのために注目されているのが“温活”です。今回は冷えを解消するための“温活”とは何か、その方法をご紹介します。

あなたは大丈夫?冷えがカラダに与える影響とは?
温活は冷えている女性がカラダを温める方法

“温活”とは

あなたの基礎体温は何度ですか? 35℃台の女性も多いかもしれません。実は、現代人は昔の人たちと比べると基礎体温が0.5~1.0℃ほど低くなっているといわれています。そこで注目されているのが「温活」。「温活」とは健康的な理想の体温まで基礎体温を上げようとするための活動のことです。これは暖房器具などで温めるだけではなく、カラダを内側から温めて本来カラダが持っている基礎体温をアップさせていこうということを意味しています。
温活に役立つ温めグッズ

まずは自分の体温を知ろう

あなたは自分の平熱をしっかり把握できていますか? 風邪を引いたときや体調が悪い時には体温を測っても日頃から自分の平熱を測っている人は多くないかもしれません。温活を始めるにあたってまず自分の平熱を知ることが大切です。体温は加齢によって下がっていくこともあるので「昔は平熱が36.5℃あったから大丈夫」と思っている人でも今は基礎体温が下がっている可能性もあります。体温は1日のうちでも変化しているので正しい測り方で正確な体温を測るようにしましょう。

正しい体温の測り方

  • 朝目覚めたら起き上がる前に体温を測りましょう。もし起き上がってしまった場合は30分以上ベッドの中で安静にしてからもう一度測り直すといいですよ。
  • できれば婦人体温計を使用して口の中またはワキの下で測ります。
  • 体温を測っている間はなるべく体を動かさないようにして寝たままの状態で測りましょう。
  • 毎朝、できるだけ同じ時刻に測定することを心がけましょう。

今から始める“温活法”

ひとことに“温活”といっても、カラダの内側から温める方法外側から温める方法の2種類のアプローチ方法があります。ここでは今から始めることができるいくつかの温活法をご紹介します。

カラダを温めるものを取り入れる

最も手軽な方法は冷たいものを避けてカラダを温めるものを積極的に摂るようにしましょう。女性が好んで食べるサラダはヘルシーですがカラダを冷やす原因になります。冷たい飲み物やアイスクリームなどもカラダを冷やします。「自分はカラダを冷やすものを食べていないか」と毎日の食事を見直してみましょう。飲み物はできれば温かいものか常温のものを飲むのがおすすめ。食事の時もスープやお味噌汁などカラダをポカポカと温めてくれるメニューを積極的に取り入れましょう。食材としてはショウガやネギなどカラダを温める効果があるものや根菜類がおすすめです。うまく活用してカラダを温めていきましょう。
温活のひとつの方法はカラダを温める食材を取り入れること

シャワーではなく湯船に浸かる

時間がない・面倒だという理由でシャワーだけで済ませていませんか? シャワーだけではカラダを温めることはできません。温活の第一歩として毎日お風呂に入って湯船に浸かるようにしましょう。ダイエットなどの美容法として半身浴がすすめられることが多いのですが、温活としてお風呂に入るなら全身浴がおすすめです。全身浴は半身浴よりも水圧は高いため血流が改善されるのです。できれば40℃くらいのお湯に20分ほど浸かるのが理想的。カラダの表面だけでなく芯から温めることができますよ。炭酸入浴剤を入れると血流アップ効果とリラックス効果が得られていっそう効果的です。
話題!美肌になる入浴-ヒートショックプロテイン入浴とは?
温活にはシャワーで済ませず湯船に浸かることが大切

カラダを動かす

お風呂にゆっくり浸かることでも血流を良くすることができますが、固くなった筋肉をほぐすことによって血流を改善することができます。筋肉をほぐすのに最もいい方法は軽い運動を取り入れること。運動というと「時間がない」「運動は苦手」という人が多いかもしれませんが、“運動しなければ”と構えることはありません。普段の活動で意識的にカラダを動かすことを心がけましょう。通勤時間や買い物では少し多めに歩く、できるだけ歩幅を大きくして歩くといった工夫をするだけでも十分です。もちろんウォーキングや軽いジョギングができるならより効果アップが期待できます。
温活のために軽いジョギングなどの運動が重要

“温活”はできることから始めよう

いかがでしたか? 今回は冷えを解消するための“温活”とは何か、その方法についてご紹介しました。自分は冷え性だと自覚している人でも自分の平熱を把握している人は少ないかもしれません。自分の平熱は36.5℃だと思い込んでいても実際には35℃台しかないかもしれません。まずは自分の基礎体温をしっかり把握し体温を上げるための温活を始めましょう。基礎体温はすぐに変化するものではないので継続していくことが重要です。自分にできることから無理なく取り入れて気長に続けていきたいですね!


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。