健康

女性におすすめのお茶-ルイボスティー

ルイボスティーの効果と美味しい入れ方

近年、健康にいいだけでなく美容にも効果が高い飲み物として人気が高い“ルイボスティー”。少し前まではカフェインを避けたい妊婦さんが好んで飲むお茶だというイメージがありましたが、その高い効果から美容に関心がある女性たちにとっても定番の飲み物となりつつあります。あなたはもうお試しになりましたか? 今回はそんな“ルイボスティー”の効果や入れかたについてまとめました。
美肌になる飲み物とは?-体の中からキレイになろう
ルイボスティーの効果と入れかた

ルイボスティーとは

最近では専門店もあるほど人気のルイボスティー、見た目は紅茶によく似ていますが紅茶や緑茶と同じ原料(茶葉)から作られているのではありません。原料は南アフリカのケープタウンからから250㎞ほど離れたセダルバーグ山脈に生息するマメ科の針葉樹(現地の言葉でルイ=赤い、ボス=茂み)の葉を発酵・乾燥させたものです。ここは朝夕の寒暖差が30℃以上もある過酷な場所なのですがミネラル豊富で、ルイボスは世界中でこの場所でしか生息できないといわれています。
ルイボスティーの葉は過酷な大地で育まれる
現地の先住民たちの間では何百年も前から日常的に飲まれていたのですが、20世紀になってようやくヨーロッパに広まるようになってきたのです。その後ルイボスティーに関する研究が進み健康・美容効果が明らかになり日本をはじめ世界中に広まったのです。

ルイボスティーの効果

ルイボスティーの産地は古代の海底が隆起したともいわれ、酸性の土壌にはカリウム・カルシウム・マグネシウム以外にも鉄・亜鉛・マンガン・ナトリウムなどのミネラルが豊富に含まれています。このような土壌に深く根を伸ばして成長するルイボスはこれらミネラルが豊富に含まれています。さらにルイボスティーには抗酸化作用として知られるポリフェノールが多く含まれることも特徴です。

ノンカフェイン

紅茶と同じように葉を発酵させた飲み物であるルイボスティーですが、紅茶との大きな違いはカフェインが含まれていないこと。カフェインそのものは悪いものではなく適量を摂取することで眠気を覚ましたり疲労感を軽減できたりする効果もありますが摂り過ぎには注意が必要です。女性に好まれるジャスミンティーやウーロン茶などもカフェインが含まれるので妊娠・授乳中の女性などカフェインを避けたい人にとっては最適の飲み物です
ルイボスティーはノンカフェインだから誰でも安心して飲める

むくみ解消・冷え対策効果

女性に多い悩みにむくみや冷えがあります。むくみや冷えの原因のひとつにタンパク質やビタミン、ミネラルなどが不足して栄養が偏ることが考えられます。ルイボスティーには過酷な土壌から吸収したカリウム・マグネシウム・亜鉛などむくみや冷え対策に有効な豊富なミネラルが含まれていて、体内の余分な水分を排出したり体内でエネルギーを発生させたりしてむくみや冷えを改善する効果が期待できます。
ルイボスティーに含まれるミネラルは冷えに効果的

肌のアンチエイジング効果

ルイボスティーにはSOD(スーパーオキシドディスムターゼ)酵素と呼ばれる酵素とよく似た作用があるといわれています。人の老化の原因のひとつ“活性酸素”はもともと体内に侵入したウイルスや細菌から守るために必要な物質なのですが、紫外線やストレス、加齢などが原因で活性酸素が増えすぎると細胞そのものまで傷つけてしまい酸化させてしまいます。活性酸素によって酸化した肌はシミ・シワ・たるみなどの肌の老化となって表れます。SOD酵素は非常に抗酸化作用が高く、体内で増えすぎた活性酸素を除去するはたらきがあるといわれています。このようなSOD酵素とよく似た作用を持つルイボスティーはアンチエイジング効果が期待できます。

美味しく飲んでキレイになれる-甘酒の効果
ルイボスティーは活性酸素を除去してアンチエイジング効果

リラックス効果

ルイボスティーにはカフェインが含まれていないため寝る前に飲んでも眠りを妨げる心配がありません。それだけでなくルイボスティーに含まれる“フラボノイド”にはストレスによるイライラを緩和する作用があるといわれています。毎日の仕事や家事で忙しい女性にはルイボスティーでホッと一息するとリラックス効果が期待できます。またベッドに入る30分ほど前にルイボスティーを飲むと質の良い睡眠に導く安眠効果も期待できます。ルイボスティーにはリラックス・安眠効果がたっぷり

妊活中の女性

妊活中の女性にもルイボスティーはおすすめ! 最近は女性の出産年齢が高くなってきて妊娠の確率が低下しているといわれています。その原因のひとつが“卵子の老化”。年齢が上がるにつれて卵子も老化していくため着床が難しくなって妊娠しにくくなるそうです。ルイボスティーに含まれるSODには老化の原因になる活性酸素を除去する効果があるので少しでも卵子の老化を食い止める作用が期待されます。さらにルイボスティーの冷えを改善する効果やリラックス効果も妊活中の女性にとってカラダを温めたり妊活中のイライラを改善できるといった効果が期待できます。
ルイボスティーは妊活中の女性にも効果がたっぷり

ルイボスティーの効果的な入れかた

ルイボスティーは紅茶のようにティーパックになったものや水出しで飲めるものなど色んな商品があります。たくさんある商品の中で最もおすすめするのは煮出すタイプのルイボスティーです。紅茶のようにポットに茶葉を入れてお湯を注ぐだけではルイボスティーに含まれる抗酸化作用があるフラボノイドやミネラル成分を十分に引き出すことができないのでもったいないのです。ルイボスティーは“煮出して入れる”のが基本だと考えましょう
ルイボスティーの入れかたは煮出しが基本

ルイボスティーの入れ方

  1. ルイボスティーは水1リットルに 5g が目安
  2. やかんに水を入れて沸騰させます
  3. 沸騰したお湯に茶葉を入れ弱火で15~20分煮出しましょう
  4. 茶こしなどで茶葉を取りのぞきましょう

メーカーによって煮出し時間が異なる場合があるのでパッケージの説明を参考にしてください。あらかじめティーパックになったものなら茶こしも不要で便利です。

ルイボスティーを美味しく飲む工夫

水出しタイプやティーパックにお湯を注ぐタイプのルイボスティーは、独特のクセがなくて飲みやすいと感じる人が多いのですが、効果をしっかり得るために煮出したルイボスティーは多少苦みやクセが気になる人もいるかもしれません。せっかくのルイボスティーを美味しくいただくためにアレンジしてみましょう。

  • ミルクを入れてミルクティー風に
  • 牛乳やスパイスを一緒に煮出してチャイ風に
  • ショウガとハチミツを加えて
  • レモンやオレンジの皮を加えて爽やかに
ルイボスティーはアレンジして美味しく飲もう

ルイボスティーは女性におすすめ

いかがでしたか? 今回は、近年人気が急上昇中の注目のお茶“ルイボスティー”の効果や入れかたについてまとめました。見た目は紅茶のようにも見えるルイボスティーは南アフリカの過酷な環境でのみ生育するミネラル豊富な植物の葉を乾燥させた飲み物です。普段の食事では不足しがちなカルシウムや鉄、カリウムやマグネシウムなどのミネラル成分に加えて高い抗酸化作用があるSOD酵素などでアンチエイジング効果やデトックス効果、リラックス効果などが得られることが分かりました。ノンカフェインで寝る前に飲めるのもうれしいですね。これらの効果をしっかりを得るために煮出して飲むことをおすすめします。この冬は温かいルイボスティーでホットに過ごしたいですね!


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。