健康

春のカラダの不調の原因は春バテだった?

春の不調である春バテを改善する方法とは?

少しずつ暖かくなりサクラの便りも耳にする春は一年の中で最も過ごしやすい季節。お弁当を持ってピクニックにでも出かけたくなるほどウキウキする時期なのに、「なんとなく調子が悪い・・・」「やる気が出ない」という人が多いようです。実はそんな心身の不調が“春バテ”と呼ばれていることをご存知でしたか? 今回は過ごしやすいはずの春になると心やカラダの不調が表れる“春バテ”の症状と対策についてまとめました。

花粉が肌トラブルの原因になるって知ってた?
春先の不調は春バテだった?

春バテの症状

あまり聞きなれない“春バテ”ですが、これは一般的に知られている“夏バテ”とよく似た症状が春にあらわれることから作り出された言葉です。春バテの症状としては夜に寝ているはずなのに昼間も眠たくなる・なんとなくカラダがだるい・疲れが取れない・頭が痛い・・・といった身体的な不調だけでなく、感情が不安定になって気分が落ち込む・なんとなくイライラする・不安感・やる気が出ない・・・など精神的な不調もあります。

春バテ対策!自律神経を整える食事とは?
春バテの症状は憂うつ感やだるさなど色々

春バテの原因は「変化」

春は穏やかなようで実は大きな変化が一気に起こる季節。春バテは春先に自律神経が乱れることから感じる心身の不調のこと。自律神経には“交感神経”と“副交感神経”があり、それぞれ血管・消化管や循環器など体内のすべての器官をコントロールする作用があるのですが、何らかの原因で自律神経が乱れると様々な不調が生じます。春には自律神経の乱れを引き起こしかねない特有の変化があります。

気温・気圧の変化

昔から「三寒四温」といわれるように春は暖かくなったり寒くなったり気温の変化が激しい季節です。今日は薄いニットで外出しても寒くないかと思えば、翌日は冷たい雨が降ってジャケットを羽織らないといけないほど寒くなったり・・・日ごとに気温が上がったり下がったりします。さらに一日の中でも朝晩と昼間も気温差が激しくなります。また春は「菜種梅雨」と呼ばれるように雨が降りやすく気圧の変化も大きくなります。このような“気温や気圧の差”は体内の体温調節に大きな負担がかかり自律神経のはたらきが乱れやすくなるのです
春先は気温や気圧が変わりやすい

環境の変化

春は環境が大きく変化する季節でもあります。学生なら卒業や入学、社会人なら就職や異動・転勤・引っ越しなどこれまでとは異なった環境に身を置くことになるかもしれません。また同じ職場にいても新しい社員が転入してきたり部署が異動になったりして変化があることでしょう。これら環境の変化はそれ自体が悪いことでなくても新しい環境に慣れるために心身に大きな負担がかかります。こうして自律神経の乱れが生じやすくなります。
春先は職場の異動などで環境が変化しやすい時期

春バテの予防と対策

春バテの主な原因は“自律神経の乱れ”。春先の様々な環境の変化によって不安定になりがちな“交感神経”と“副交感神経”の切り替えをできるだけスムーズに行えるようにするのがポイントです。

カラダを温める

シャワーではなく湯船に浸かる

何かと忙しい春ですが、時間がないからといってシャワーで済ませずにできるだけ湯船に浸かってカラダを芯から温めましょう。春バテになりやすい人は心身の疲れやストレスから交感神経が優位になりやすくなっています。40℃以下のぬるめのお湯にゆっくりと浸かることによって副交感神経が活発になり自律神経の乱れを整える効果が期待できます。お好みの入浴剤やアロマを加えるといっそうリラックス効果が高まります。
春バテ予防には湯船にしっかり浸かって温めること

羽織ものを用意して温度調節

昼間には薄着で過ごしても寒くないほど暖かくなっても朝晩は急に冷えてくるのがこの季節の特徴です。昼間は暖かいからといって油断せず、スカーディガンや軽いジャケットなど羽織ものを用意してカラダを冷やさないように心がけましょう。なかでも首元を冷やすのはNG! ストールなどで首元を温めるようにしましょう。
春先はストールなどでカラダを冷やさないことが大切

しっかり睡眠を取る

寝ている時間は自律神経のバランスを整えるのに最も大切な時間だといわれています。睡眠中は副交感神経が優位になって心身の疲れをいやしてくれます。春は気温差や環境の変化などによって心もカラダも知らない間に疲労しています。できれば6時間以上、疲れを感じているならプラス1~2時間しっかりと睡眠を取るように心がけたいものです

良質な睡眠を取るためには寝る前の過ごし方も重要です。お風呂に入ってから寝るまでの間はできるだけスマホやパソコンなど目に入る刺激(ブルーライト)を避け、リラックスした状態で過ごすことが大切です。

美肌になるためには睡眠が大切-美肌と睡眠との関係
春バテの予防にはしっかりと睡眠を取ることがポイント

軽い運動を取り入れる

自律神経を整えるのに有効なのはウォーキングや軽いジョギング、ヨガなどの有酸素運動です。有酸素運動などの軽い運動をすると交感神経と同様に副交感神経も活性化されるため自律神経のバランスを回復させる効果が期待できます。さらに軽い運動で適度に身体を動かすと別名“ハッピーホルモン”とも呼ばれる神経伝達物質“セロトニン”が活発に分泌されて気分が爽やかになる効果も期待できます。定期的な運動を心がけましょう。
春バテ予防には軽い有酸素運動が効果的

春バテ対策して春を楽しもう

いかがでしたか? 今回は過ごしやすいはずの春になると心やカラダの不調が表れる“春バテ”の症状と対策についてまとめました。春は一年のうちで最も変化が多い時期です。気温や気圧、生活環境など目まぐるしい変化についていくために心身ともに疲労がたまりやすくなるのです。春バテを予防するためにもカラダを温めてできるだけ気温差の影響を受けないようにすること、疲れやすい心身を整えるためにしっかり睡眠を取るなどの対策を取るようにしましょう。こうして心身に与える負担を最小限にして自律神経のバランスが崩れないようにしたいものですね!


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。