健康

卵を食べ過ぎるとコレステロールが増える?

卵を食べ過ぎるとコレステロールが増えるのは本当か?

安くて栄養があって美味しい卵。オムレツや卵焼き、茶わん蒸しやプリン・・・おかずにもお菓子にも活用されて毎日の食材に欠かせないほど身近な存在ですよね? このように大人から子どもまでみんなが大好きな卵ですが“食べ過ぎるとコレステロールが上がる”と長年いわれてきました。本当は卵が大好きだけどコレステロール値が気になるから食べるのを控えてきた人も多いのではないでしょうか? 今回は、本当に卵を食べ過ぎるとコレステロールが増えるのかについてまとめました。

乳酸菌で免疫アップ?-乳酸菌と免疫の関係
卵の食べ過ぎはコレステロールを上げるのか

コレステロールとは?

コレステロールと聞くとカラダに良くないイメージしかないかもしれませんが、実はコレステロールは脂質の一種で人間が生きていくうえでは欠かせない大切な成分です。人間のカラダではコレステロールの70%ほどが体内で生成され、残りの30%ほどは食物などから摂取しているといわれています。体内でコレステロールは主に脳や神経系、筋肉部分などに多く蓄えられています。
コレステロールはカラダに良くないものではない

コレステロールの作用

細胞膜を構成

ヒトのカラダは約60兆個もの細胞からできているといわれていますが、コレステロールはそれら一つ一つの細胞を被う“細胞膜”と呼ばれる生体膜を構成しています。この細胞膜は細胞内にウイルスなどが侵入することを防ぎ、細胞内部を保護して細胞内の物質が外に出てしまうことを防いでいます。さらに細胞膜は、細胞内外から必要な物質やエネルギーを出入りさせる重要な役割も果たしています。
コレステロールは体内の細胞膜で働く

ホルモンを作り出す

コレステロールは体内で分泌される様々なホルモンを作り出す原料になり、正常なホルモン分泌に欠かせません。女性ホルモン・男性ホルモンなどの“性ホルモン”や、“副腎皮質ホルモン”の分泌など生命活動に欠かせない成分です。性ホルモンによって男性機能や女性らしさを形成し、副腎皮質ホルモンによって炎症を抑制したりタンパク質や糖の代謝を促進したりしてくれます。
コレステロールとホルモンの関係

胆汁酸を合成する

脂肪を消化するのに欠かせない“胆汁酸”は、肝臓でコレステロールから合成されます。こうして合成された胆汁酸は、胆管を通って胆嚢(たんのう)に蓄えられ、食事などで脂肪が体内に入ってくると十二指腸で分泌されます。こうして脂肪の消化・吸収をサポートしてくれるのです。
肝臓でコレステロールから合成される胆汁

卵を食べ過ぎるとコレステロールが増える?

卵は1日1個まで?

子どもの頃から「卵は1日1個」といわれてきた人は多いのではないでしょうか? その理由は「卵を食べ過ぎるとコレステロールがたまるから」。実はこのように言われてきた根拠は、ロシアで1913年に行われた実験の結果だとされています。その実験というのはウサギに卵を食べさせた結果ウサギの血中コレステロールが増加して動脈硬化を起こした・・・というものでした。その実験結果から、「卵のコレステロールは動脈硬化の原因になる」と結論付けられたのです。この実験、そもそも本来は動物性の食物を食べない草食のウサギに普段食べない卵を与えたことが間違いでした。草食のウサギが卵を食べてコレステロールが増加したのは無理もないことで、肉や魚などいろいろなものを食べる人間と異なるのは当たり前です。このような間違った実験結果から「たまごは1日1個まで」という誤解が今日に至るまで続いてきたのです
卵1日1個はウサギに与えた実験の結果
近年では、たまごに含まれる「レシチン」にはコレステロールを抑制する効果や動脈硬化を予防するはたらきがあることや、悪玉コレステロールを下げる効果がある「オレイン酸」が含まれていることなども研究され、1日の摂取個数に特に制限はなく健康な人なら2~3個食べても全く問題がないとされています。事実、厚生労働省が出している「日本人の食事摂取基準(2010年)」では、コレステロールの目標量として、成人男性・成人女性、それぞれの上限が定められていましたが、「日本人の食事摂取基準(2015年)」以降はコレステロールの摂取目標量の上限がなくなりました。
コレステロールは体内で調整される

血中コレステロール濃度は体内で調整される

健康診断などで「コレステロール値が高い」という場合、血液中のコレステロールのことです。体内のコレステロールは新しい細胞をつくるために欠かせないため常に血液の中に一定濃度含まれていますが、その濃度が高くなりすぎると血管の内壁に脂肪が溜まって動脈硬化が進むとされています。これまでは、コレステロールを多く含む食品を摂りすぎると血中コレステロールが増えると考えられてきました。近年の研究では、コレステロールの約70%は体内で合成され、食品からコレステロールを摂取した場合には合成量を調整する機能がはたらき、血中のコレステロール濃度は一定に保たれるということが分かってきたのです。

これは健康な人の場合で、高脂血症患者やコレステロール値が高い人は注意が必要です。

卵の食べ過ぎではコレステロールは増えない

いかがでしたか? 今回は、本当に卵を食べ過ぎるとコレステロールが増えるのかについてまとめました。これまで長い間“コレステロールを上げる食品”というレッテルを貼られてきた卵。近年の研究によって人間のカラダのコレステロール濃度は、体内の合成量を調整することで一定の濃度に保たれるということが明らかになってきました。卵を2、3個食べたからといってコレステロールが増えるわけではないようです。だからといって卵ばかりを無制限に食べ過ぎるとカロリーの問題や栄養が偏ることにもなります。これまでのように1日1個までと神経質になる必要はありませんが他の食品とのバランスを考えながら適度に取り入れていきたいですね!


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。