健康

美容・健康に効果的!キノコを使って菌活

美容・健康に効果的!キノコを使って菌活

近年、少しずつ広がってきている「菌活(きんかつ)」という言葉をあなたはもう知っていますか? これは毎日の食事に乳酸菌や麹菌などカラダに良い働きをしてくれる“菌”を積極的に取り入れようという活動です。“菌”というとヨーグルトやチーズに含まれる乳酸菌などが真っ先に思い浮かぶかもしれませんが、実はスーパーで一年中手に入れることができる食材キノコも菌だったのです! 今回は、菌活にキノコがおすすめな理由とキノコを使ったおすすめレシピをご紹介します。

始めよう“腸活”-カラダの中から健康効果を
キノコが菌活におすすめな理由

キノコ=“菌”?

“菌”というと“カビ”や“バイ菌”のようなカラダに良くないイメージを持つことが多いかもしれませんが、私たちの周りには菌によって作り出された健康にいい食品がたくさんあります。その代表的なものが“乳酸菌”によって作り出されたチーズやヨーグルト、キムチやお漬物などがあります。また和食の代表的な調味料である味噌やしょうゆ、日本酒などは麹(こうじ)菌を利用して作られています。このように“菌”は私たちの生活に切り離すことができないほど身近な存在だと言えるでしょう。

そんな身近にある菌の中で唯一菌そのものを食べるのが“キノコ”です。“菌”という漢字は一般的に“キン”と読まれますが、訓読みにすると“キノコ”と読むのです。「キノコ=菌」、つまりキノコを食べるのは菌をそのまま食べていることになるというわけですね! 最高の菌活になるのではないでしょうか?

“腸活”に役立つ乳酸菌の種類
キノコは菌そのものを食べることができる唯一の食材

キノコが菌活におすすめな理由

菌活にいいとされているのはキノコ以外にもヨーグルトやチーズ、納豆やお漬物など様々な食品が挙げられますが、その中でもキノコが特におすすめできる理由は何でしょうか?

食物繊維が豊富で美腸効果

ヨーグルトやチーズなどと比較してキノコには食物繊維が豊富に含まれています。食物繊維は腸内の善玉菌のエサとなって腸内環境を整える効果が期待できます。さらに食物繊維はお通じを良くして腸内に溜め込みがちな老廃物を排出し、代謝を高めて痩せやすいカラダを手に入れることが期待できます。嬉しいことに腸内環境が整うと老廃物の排出が促進されて吹き出物や肌荒れなど少なくなり美肌効果も期待できます。
キノコの食物繊維は美腸効果に役立つ

低カロリーで栄養豊富

キノコそのものはとっても低カロリーで100gあたりおよそ20kcalしかありませんが、キノコに含まれる栄養は非常に豊富です。含まれる栄養成分はキノコの種類によって異なりますが、一般的にキノコには健康に欠かすことができないビタミンやミネラルが豊富で、なかでもビタミンB群やビタミンD、カリウムやリンなどが豊富に含まれています。またキノコ類に含まれる多糖類β-グルカンは体内の免疫の活性力を高める効果が期待されています。キノコにはアミノ酸の一種であるGABAも含まれていてイライラを抑えてリラックスさせる効果もあります。
キノコは低カロリーなのに栄養が豊富

種類が豊富で取り入れやすい

菌そのものを食べることができるキノコですが色々な種類があるうえに、一年中手に入れることができるのもおすすめ理由のひとつ。スーパーで手に入るキノコだけでもシメジ・エリンギ・エノキ・シイタケ・マイタケ・マッシュルームなど種類が豊富。料理に合わせてキノコを選ぶことができるから飽きずに取り入れることができます。さらにキノコは一年を通して安定した価格で手に入れることができるのもお財布に嬉しいポイントです。
キノコは種類が豊富だから飽きずに続けられる

キノコを使ったおすすめレシピ

キノコを調理するポイント

水洗いしない

キノコは他の野菜と同じように水で洗わないようにしましょう。水洗いするとキノコに含まれている栄養成分が失われやすくなります。汚れが気になる場合はキッチンペーパーか濡れたふきんで軽く拭きとる程度にしましょう。
キノコは水洗いしないことがポイント

加熱時間に注意

キノコは加熱しすぎると栄養が損なわれたり歯ごたえがなくなったりしてしまいます。キノコを調理するときにはできるだけ手早くサッと加熱するようにしましょう。
キノコはサッと加熱するのがポイント

保存は冷凍がおすすめ

キノコを保存する時にパックのまま置いておくと傷みやすいので、冷蔵保存するなら新聞紙などで包んでからポリ袋に入れて保存しましょう。冷凍保存なら鮮度の良い状態をキープすることができるばかりか、キノコの旨味味成分“グアニル酸”という物質が増えて美味しさがアップするといわれています。使い切れない分は新鮮なうちに一口大にカットして冷凍保存袋に入れて冷凍しましょう。
余ったキノコは冷凍保存がおすすめ

キノコのおすすめレシピ

作り置きできて便利!キノコ味噌

そのまま炊き立てのご飯に乗せて食べるのも美味しいですが、魚やお肉のホイル焼きにもおすすめです。

材料:(作りやすい分量)

マイタケ  2パック  シメジ 2パック  エノキ 2パック  ショウガ 1片  ゴマ油 大さじ3

(合わせ調味料) 味噌 100g  酒 大さじ2  みりん 大さじ1  砂糖 大さじ1

作り方

  1. キノコは石づきを取り除いて2~3㎝にカットしておく。
  2. ショウガはみじん切りにし、調味料はあらかじめ合わせておく。
  3. フライパンにゴマ油とショウガを加えて熱し、香りが出てきたら①のキノコ類を加えて炒める。
  4. キノコがしんなりしてきたら合わせ調味料を全て加えて弱めの中火にし、水気がなくなってツヤが出るまで炒める。
キノコ味噌

キノコの塩麹パスタ

お好きなキノコに発酵食品である塩麹を合わせてみました。“菌”の相乗効果が得られて美味しさ抜群です。

材料:2人分

スパゲティ 180g  ベーコン 2枚  キノコ(シメジ・エノキ・エリンギ・マイタケなどお好みで) 200g  ニンニク 1かけ  オリーブオイル 大さじ1  塩麹 大さじ1、5杯  塩・コショウ 少々  大葉の千切り 4~5枚分

作り方

  1. 大きめの鍋にお湯を沸かして塩を入れ(分量外)、袋の表示通りにスパゲティをゆでます。
  2. キノコ類は石づきを取り除き一口大にほぐすかスライスしておきます。
  3. ニンニクは皮をむいてからスライス、ベーコンは5mmにカットしておきましょう。
  4. 冷たいフライパンにオリーブオイルとニンニクを入れてから弱火にかけ香りが出るまで炒め、ベーコンやキノコ類を加えて最後に塩麹を加えます。
  5. パスタがゆで上がったら水気をきってからフライパンに加えて具材となじませ、最後に塩コショウで味を整えましょう。
  6. 器に盛り付け、細切りにした大葉を飾って完成!
キノコとベーコンの塩麹パスタ

菌活には積極的にキノコを取り入れよう

いかがでしたか? 今回は菌活にキノコがおすすめな理由とキノコを使ったおすすめレシピをご紹介しました。キノコはなんといってもそのまま食べられる唯一の“菌”です。栄養満点でしかも低カロリー、美容にも健康にもおすすめの食材です。菌活というとなんだか難しいイメージですが、種類も豊富で一年中手に入れられるキノコなら飽きずに続けられそうですよね? キノコは味噌や塩麹などの発酵食品と相性がいいので、今回ご紹介したレシピ以外でもキノコのお味噌汁やチーズ焼きなど和風にも洋風にもアレンジできそうです。毎日の食卓に積極的に取り入れてみませんか?


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。