健康

辛い花粉症!少しでも症状を軽減する方法

辛い花粉症-アレルギー症状を軽減する方法

毎年2月頃から症状が出始める“花粉症”。まだ先のことだと思っていませんか? スギ花粉が飛散し始めるとくしゃみ・鼻水、鼻づまりだけでなく目のかゆみやのどの痛みなど・・・、あらゆる辛い症状が一気に出てきて花粉症の人にとっては本当に憂うつな季節です。鼻炎薬を飲むことで一時的に症状を抑えることはできても「花粉シーズン中ずっと薬を服用し続けるのも嫌だ」という人も多いかもしれません。今回は花粉症を完全に無くすことはできなくても辛い症状を少しでも軽減させる方法についてまとめました。

秋の季節の変わり目-肌トラブルと対策
辛い花粉症の症状を軽減する方法とは

花粉症の原因

毎年引き起こされる“花粉症”、なぜ起こるのでしょうか? 人のカラダには本来、ウイルスや細菌といった病原菌などの外敵を取り除いて身を守るための“免疫機能”が備わっています。こうして万が一ウイルスや細菌が体内に侵入しても免疫細胞が外敵を攻撃・排除して健康を保ってくれるのです。ところが人によっては免疫に異常が生じて本来はカラダにとってまったく害のない物質に対して外的だと過剰に反応して免疫細胞が攻撃してしまう場合があるのです。これを“アレルギー反応”と呼びます

花粉症(花粉アレルギー)では本当は無害なはずの花粉が体内に侵入した時にカラダの免疫機能が外敵だと過剰反応して“抗体”が作られ“ヒスタミン”といった化学物質が放出される結果、花粉症の症状である鼻水やくしゃみ、鼻づまり、目のかゆみといった症状を引き起こしてしまいます。
花粉がアレルギー反応を引き起こす仕組み

花粉症を軽減するには?

花粉症になる人は本来なら無害な花粉に対して過敏反応を起こしてしまうのですが、このような人は副交感神経のはたらきが強すぎると言われています。このような自律神経の乱れを正常に戻すことがアレルギー症状を軽減させるのに有効だとされています。


バランスの良い食事

花粉症の症状を悪化させないようにするには、バランスの良い食生活が大切です。偏った食生活を見直して花粉アレルギーの症状を軽減するといわれる食品を毎日の食卓に取り入れてみましょう。

キノコ類

キノコ類に含まれるビタミンB1・B2・B6は、免疫機能を向上するはたらきがあります。ビタミンB群は水に溶けやすい性質であるため、溶け出したビタミンを同時に摂取できる鍋料理やキノコ汁がおすすめです。
花粉症を軽減する食材のひとつはキノコ類

青魚

アジ、イワシ、サバなどに多く含まれるDHA、EPAがアレルギー症状を起こしにくくしてくれます。
花粉症を軽減する食材のひとつは青魚

野菜類

<シソ>
シソには花粉症の原因でもあるアレルギー症状を抑え、免疫機能の動きを正常に戻してくれるはたらきがあります。
<ショウガ>
体内に異物が入ったときに反応して出る炎症物質を抑える効果があります。
<ピーマン・菜の花・ブロッコリー>
これらに含まれる豊富なビタミンCは花粉症の症状を抑えるために効果を発揮します。
花粉症を軽減するシソやブロッコリー、ピーマンや菜の花などの野菜類

加工食品

<納豆>
でんぷん分解酵素の“アミラーゼ”、たんぱく質分解酵素の“プロテアーゼ”、中性脂肪分解酵素の“リパーゼ”など、納豆にはいろんな分解酵素が含まれこれらが花粉症の症状の軽減に役立ってくれます。また、“ナットウキナーゼ”には血流をよくする作用があります。鼻粘膜の修復を早め荒れた鼻粘膜を治療することに役立ちます。
花粉症を軽減する食材のひとつは納豆

<ヨーグルト>
ヨーグルトに含まれる乳酸菌による整腸作用で腸内環境が整えられ、体内の免疫機能が高まりやすくなります。
花粉症を軽減する食材のひとつはヨーグルト

適度な運動

運動すると免疫にかかわる白血球のはたらきが活発になるといわれています。そこでウォーキングなどの軽い有酸素運動を定期的に続けることで免疫が高まり、過剰なアレルギー反応を抑えやすくなります。室内ではヨガやストレッチなども効果的で有効な運動方法です。忙しくて運動する時間が取れない人でも、車や電車で移動するところを意識して歩いたりエレベーターやエスカレーターの代わりに階段を使ったり・・・生活の中で少し意識するだけでも十分な運動になります。
花粉症を軽減するには適度な運動を生活に取り入れること

睡眠をしっかり取る

心身の疲れや過度なストレスは免疫力を低下させます。生活のリズムが乱れると自律神経の働きが崩れて、アレルギー反応を引き起こすヒスタミンが放出されやすくなり、花粉症・アレルギー症状を悪化させる大きな原因となります。生活のリズムを整え日頃から十分な睡眠をとることで本来カラダに備わっている自然治癒力を取り戻すことができます。特に免疫力を向上する“成長ホルモン”は眠りについてから3時間の間に最も多く分泌されるといわれています。質の良い睡眠を心がけましょう。

不眠症?眠れない原因と熟睡するための工夫
花粉症を軽減するには十分な睡眠時間を確保すること

刺激物を避ける

刺激物は鼻づまりの症状を悪化させるので避けるようにしましょう。スパイスの効いた辛い食べ物などは、鼻などの粘膜を刺激して症状を悪化させてしまいます。また喫煙は花粉症の大敵です。喫煙は大気汚染を自分で作ってその中にいるようなものです。もちろん、喫煙だけでなくアレルゲンとなる物質が多く含まれる汚れた空気が充満する場所も避けるようにしましょう。
花粉症にはスパイスが効いた辛い食品を控えめに

花粉症を軽減することは可能!

いかがでしたか? 今回は辛い花粉症を軽減する方法についてまとめました。毎年やってくる辛い花粉症のシーズンですが「薬を飲む以外に方法はない」と諦めてしまっていませんか? 完全に予防することは難しくても症状を軽減することは可能です。毎年の苦しみから逃れるためにも、まずはできることから花粉症対策を始めてみましょう。 できるだけ疲れをためないように睡眠をしっかり取り、食事のバランスに気をつけて辛い花粉症を軽減したいですね!

ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。