健康

更年期障害とは?その症状と原因

更年期障害とは何か?その原因は?

女性にとって避けて通れない“更年期障害”。なんとなく不安に感じてはいても実際にどのような症状が出るのか、何が原因で引き起こされるのかハッキリ分からない女性は多いのではないでしょうか? 更年期障害にただ漠然とした不安を感じるのではなく、原因や症状を知ることで今取り組むことができる対策が見えてくるはずです。今回はそんな更年期障害の原因と症状についてまとめました。

30~40代の髪の悩み-抜け毛・ボリューム不足の原因
更年期障害ってどんなもので原因は何か?

更年期障害ってどんなもの?

更年期とは?

そもそも“更年期”とは閉経の前後およそ10年間のことを指しています。日本人女性の平均的閉経年齢は50歳だとされています。ですから一般的には45歳~55歳くらいの女性が更年期に入ります。通常40代前半から月経周期が乱れたり出血量に変化が生じたりし始めると、更年期障害の初期症状の現れだとされています。更年期そのものは、これまでの卵巣機能が衰えて閉経を迎える過程に生じる自然な減少で病気ではありません
更年期とは閉経前後の10年のことで病気ではない

更年期障害の原因

更年期に入り閉経が近づくと卵巣の機能が低下し、これまで卵巣から分泌されていた女性ホルモンの一種”エストロゲン”の量が急に減少してしまいます。“エストロゲン”は、妊娠や出産に関わるだけでなく、骨量を保つこと、血管を健康に保つこと、皮膚や粘膜の潤いを保つこと、自律神経のバランスを保つことなど多くの役割を果たしています。

ところが、更年期に入って卵巣のはたらきが低下しエストロゲンが減少すると、脳の視床下部にある“下垂体”と呼ばれる部分から、しきりに卵巣へエストロゲンを分泌するように指令が送られます。それでも機能が低下した卵巣は脳の指令通りにエストロゲンを分泌することができず、脳からの指令と卵巣との間でバランスがとれなくなり、脳や自律神経が混乱を起こしてカラダにも精神にも不調が起きてしまいます。これらの症状を総称して“更年期障害”と呼び、その症状は軽い人から重い人まで現れ方は色々です。更年期障害の中でも日常生活を送るのに支障があるような場合には適切な治療を受けることで軽減することができます。
更年期障害は脳からの指令がうまく伝達されないことによって生じる

更年期障害の症状とは?

更年期障害の症状は、通常の病気のように「こんな症状が出たら更年期障害」と、限定することが困難です。それは、エストロゲンの分泌量が減少することによって脳の視床下部から出される指令が原因で、体内の様々な機能をコントロールしている自律神経の調節がうまくいかなくなるために、身体的にも精神的にもあらゆる不調が現れるからです。通常、更年期障害では特定の病気ではないのに色々な不調が同時に生じるのが特徴です。ここでは更年期に現れやすい症状のいくつかをご紹介します。
更年期に表れる様々な症状の例

ホットフラッシュ

更年期障害の代表的な症状のひとつが「ホットフラッシュ」です。これは、季節に関係なく急に上半身、特に顔や首筋・背中などから驚くほど大量の汗をかいたり、頭に血が上ったようになって顔がカーっと熱くなったり、のぼせたりする症状です。これは、自律神経の調節がうまくいかないために生じます。ホットフラッシュは真冬など普通なら汗をかく季節でなくても突然に発汗することがあるため、服が汗で濡れたり、お化粧が落ちてしまうほどの汗をかいたりして仕事や外出先で困ってしまうことが多いようです。このような発作の頻度や程度は人によって異なります。

気になる顔汗を抑える対策
更年期障害の症状のひとつはホットフラッシュ

頭痛・頭が重い

更年期障害の症状として“頭痛”や“頭が重い“”という症状を訴える女性が非常に多いといわれています。その代表的な症状が「緊張型頭痛」と「片頭痛」です。「緊張型頭痛」は、頭全体がキューっと締めつけられるような痛みが特徴で、更年期に伴う肩こりやストレスなどが原因で起こりやすいようです。または、視力の低下・老眼などによる眼精疲労が原因で生じる場合もあります。もう一つの「片頭痛」は、その名前のとおり頭の片側が心臓の鼓動に合わせてズキンズキンと響くような痛みが特徴で、吐き気が伴うこともあります。ただ、症状が強い場合には“くも膜下出血”や“脳出血”の病気の可能性もあるので、おかしいと感じたら病院を受診しましょう。
更年期障害の症状のひとつは頭痛

動悸・息切れ

更年期障害の中には、特別に激しい運動をしたわけでもないのに心臓が急にどきどきしたり、呼吸が思うようにできなくなって苦しくなったりすることがあります。場合によっては睡眠中など安静にしていても動悸や息苦しさを感じることもあり「外出先で苦しくなったらどうしよう・・・」と心配になる女性が多いようです。また、そのような精神的な不安がいっそう症状を悪化させる場合もあります。動悸・息切れなどの症状は自律神経が乱れることによって生じると考えられています。ただ、同時に胸が痛くなる・呼吸困難などの症状が出た場合は、すぐに医師の診察を受ける必要があります。
更年期障害の症状のひとつは動悸・息切れ

めまい・耳鳴り

めまいの種類には、天井や壁などがグルグルと回るように感じて吐き気なども伴う“回転性めまい”と、船の上にいるようにユラユラする、またはフワフワと浮いているように感じる“浮動性めまい”があります。更年期障害の中で生じるめまいには“浮動性めまい”が多いとされていますが、“回転性めまい”を感じる人もいます。それと同時に、比較的軽い耳鳴り、例えば「キーン」「ザーザー」という耳鳴りがする場合も多いようです。ただ、めまいや耳鳴りは、メニエール病や脳の病気のような重大な病気の可能性もあるので、症状がいつまでも治まらない・症状が重いなどの場合には病院を受診するようにしましょう。
更年期障害の症状のひとつはめまい

肩こり・腰痛

更年期障害の症状には肩こりや首のコリ、腰痛などカラダのあちこちが痛くなる人が多いようです。これは女性ホルモンの減少によって血行が悪くなることや、自律神経の乱れなどが原因で現れる症状です。また、女性は男性よりも肩の周囲や腰の周りの骨を支える筋肉が弱い傾向にあるために、これらの症状が出やすくなります。
更年期障害の症状のひとつは肩こり・腰痛

疲労感・倦怠感

更年期障害の中には「朝起きても疲れが取れない」「何もやる気が起きない」「いつも疲れている」といった症状が現れることが多いようです。通常なら一晩グッスリ寝たらスッキリするような疲れがいつまでも続くのが特徴です。このような持続的な疲労感が続くことで、いっそう何もする気が起きなくなったり自分を責めたりして症状を悪化させてしまうことが少なくないようです。
更年期障害の症状のひとつは疲労感やだるさ

イライラする・怒りっぽくなる

更年期障害の症状の中には、ささいなことでイライラしたり急に怒りっぽくなったりして、自分の感情をコントロールすることが難しくなる場合があります。配偶者や友人のちょっとした言動にカッとなったり、気持ちに余裕がなくて感情が爆発したりして後で後悔することがあります。これらの症状は女性ホルモンの減少が影響を与えているようです。
更年期障害の症状のひとつはイライラ感

不安感・うつ症状

更年期障害の症状の中にはこれといった理由がないのに落ち込む、気分が沈む、涙もろくなる、孤独感や不安感を強く感じる、何をしても楽しくない・・・などの精神的症状が現れることがあります。人によっては外に出られなくなる、家事をするのも億劫になる、生きているのがつらいとさえ感じることもあります。これらの症状は更年期のホルモンバランスの乱れに伴う精神症状なのか、本当のうつ病の症状なのか自己判断では難しい場合がありますし、初めは更年期障害のうつ症状が悪化して本当のうつ病に変化していくことも考えられます。うつ症状が続く場合には医師の診断を受けて対処するようにしましょう。
更年期障害の症状のひとつはうつ症状

更年期障害の症状は実にさまざま

今回は更年期障害のさまざまな症状をまとめました。こうしてみると“更年期障害”といってもカラダの不調だけでなく精神的な不調など広範囲に及ぶことが分かりますね。これ以外にも肌や皮膚への影響、髪への影響、冷えやむくみ、睡眠への影響などが考えられています。もちろん、更年期になったからといってすべての女性が同じ症状を感じるとは限りません。人によって程度も重さもそれぞれです。それでも、あらかじめ正しい知識を知っておくことで、その時が来た時に焦らなくてすみますし、ある程度の対策を講じることができそうです。近年では、サプリメントや治療法も色々あるようなのでうまく活用して少しでも症状を軽減できるといいですね!


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。