健康

冷えがカラダに与える影響とは?

冷えがカラダに与える影響を原因とは何か

1月に入って本格的に寒い日々が続きますね。昔から「冷えは万病の元」といわれていますがあなたは大丈夫ですか? ある調査によれば女性の約7割が冷えを感じているといわれています。なかには自分は冷え性だと感じていても冷えが具体的にカラダに与える影響まではよく分からない人も多いことでしょう。実は冷えはカラダの不調の様々なところに影響を与えているんです。今回は冷えがカラダに与える影響とその原因について考えます。
冷えがカラダに与える影響

冷え性とは何か?

さて基本的な疑問です。“冷え性”とはどのような状態のことを指しているのでしょうか? 例えば、真冬に薄着のまま外に出ると寒いですよね? これは当たり前の感覚であって冷え性ではありません。

冷え性(ひえしょう)または、冷え症は、特に手や足の先などの四肢末端あるいは上腕部、大腿部などが温まらず、冷えているような感覚が常に自覚される状態のことである。しかし、病態として統一的な定義は確立していないため、西洋医学的には漠然とした概念として捉えられている。

ウィキペディア(Wikipedia)

このように「冷え性」とは、カラダの大半は温かいと感じるようになっても手先や足先など末端の部分は温かくならず冷たいと感じている状態が続くことです

本来、私たち人間のカラダは重要な臓器が集まる中心部の温度を37℃に保つように常に調整しています。なかでも寒い時には末端の血管を収縮させてカラダの中心部に血液を集めて体温を維持しようとします。こうして手先や足先には血液が届きにくくなって温度が下がり冷えを感じるようになります。寒い時にこのような現象が生じるのは当たり前の現象なのですが、近年ではライフスタイルや食生活などの変化によって基礎体温が低下し冬場だけではなく夏でも手足が冷える・・・というように慢性的に冷えている人が増えているといわれています。
冷え性とは手先や足先が冷えた状態

冷え(基礎体温の低下)がカラダに及ぼす影響

体温が1度低下するとカラダに様々な不調が引き起こされるといわれています。たった1℃の体温低下でどのような影響があるのでしょうか?

カラダの冷え

基礎体温が低下すると指先や足先などの末端が冷たくなります。これがいわゆる「冷え性」の状態。このような冷えの影響で手足が冷たくて寝つきが悪い・肩こり・頭痛などの不調が表れます。これがさらに進行するとカラダの内部まで冷えてきます。腎臓・肝臓・小腸など内臓の温度が下がって機能が低下してしまうのです。
冷えがカラダに与える影響はあらゆる不調につながる

免疫力の低下

体温が下がるとカラダが冷えるだけではありません。カラダが冷えるとその影響で筋肉や血管が緊張して硬くなり収縮します。すると血液の流れが悪くなって体内に必要な酸素や栄養を十分に届けることが難しくなります。血液中には外界から侵入したウイルスや細菌を発見し攻撃してくれる「白血球」が免疫機能としてはたらいています。体温の低下によって血液の流れが滞ると白血球の免疫機能も低下して、体内に侵入したウイルスや細菌を除去することが難しくなってしまうのです。一般的に体温が1度下がると免疫力が約30%も低下するといわれています。冷えの影響で病気にかかりやすい状態になってしまうというわけですね。
冷えによって体内の免疫力が低下している状態

代謝の低下

体温が下がると代謝に欠かすことができない“酵素”のはたらきが鈍くなります。酵素がないと糖質や脂質などがうまく分解されないようになって代謝が約12%落ちるといわれています。さらに体温が下がって血液の流れが悪くなると体内の不要な老廃物がうまく回収されなくなります。こうして冷えの影響で代謝が悪くなると老廃物が溜まりやすくなり便秘や肌荒れ、むくみや肥満など見た目の不調にもあらわれます。

むくみの原因と対策-むくみが起こるのはどうして?
冷えがカラダに与える影響のひとつはむくみ

肌トラブル

冷えるとカラダだけでなく肌の血行不良により細胞のターンオーバーが滞るようになって古い角質が溜まりやすくなります。すると肌のくすみや目の下のクマ、肌荒れや吹き出物など肌トラブルの原因になります。また肌の細胞が活性化されないことでメラニン色素が沈着しやすくなってシミができやすくなります。冷え性の人は肌の血色も悪くなり老けて見えたり不健康に見えたりすることもあります。

肌のターンオーバーを正常にするための生活習慣
冷えがカラダに与える影響には肌トラブルもある

冷え(基礎体温の低下)の原因

冷え性の人や普段から平熱が35℃台しかないという人は生活習慣や食習慣などが原因になっている可能性があります。思い当たることがないかチェックしてみてくださいね。

筋力の低下

もともと女性は男性よりも筋肉が少ないのが特徴です。筋肉にはカラダの熱を生み出すという重要なはたらきがあるため筋肉量が男性よりも少ない女性のほうが冷え性の人が多いのです。このように元々の筋肉量が少ない上に運動をせず食事制限だけで無理にダイエットをするといっそう筋力が低下して冷えやすいカラダになってしまいます。さらに、寒いからといって体を動かさずに部屋の中で過ごしてばかりいると筋力の低下を招き、いっそう冷え性が進んでしまいます。

海外モデルみたいに美ボディに!筋トレのすすめ
冷えの原因には運動不足が考えられる

ホルモンバランスの乱れ

女性は排卵と月経の周期があり常にホルモンバランスが変化しています。ホルモンバランスと自律神経には大きな関わりがあってホルモンバランスが乱れると自律神経も乱れることがあります。ホルモンバランスは睡眠不足やストレス、過労などで乱れやすくなります。自律神経は体内のあらゆる活動をコントロールしているためホルモンバランスの乱れによって自律神経が乱れると血行不良や体内の不調を招き冷えに繋がることがあるのです。
冷えの原因には女性ホルモンと自律神経の乱れからくるかもしれない

カラダを冷やす習慣

時間がない、面倒だという理由でシャワーだけで済ませていませんか? シャワーだけではカラダを温めることができないばかりか、かえってカラダを冷やし血行不良を悪くすることがあります。またオシャレのために寒い時でもショートパンツや短いスカート、首周りが開いた洋服を着たりしていませんか? これではカラダが冷える一方です。さらに夏でも冬でも冷たい飲み物やアイスなどカラダの内側から冷やすような食品を好んで食べるのも冷えの原因です。
冷えの原因には冷たい食べ物や飲み物を摂りすぎているからかもしれない

栄養不足

痩せたいからといって極端に食事量を減らすダイエットや「○○だけダイエット」のように一つの食品ばかりを食べるダイエットは、栄養不足や栄養バランスの偏りによって体温を作り出すために必要な栄養素が不足し冷えの原因になります。また好きなものばかり食べるといった偏った食生活もカラダを冷やす原因になりますよ。冷えの原因にはダイエットによる栄養不足が関係しているかもしれない

冷えは万病の元

いかがでしたか? 今回は女性に多い冷えがカラダに与える影響と原因について考えました。思い当たることはありませんでしたか? 「少しくらい大丈夫」と思っていてもカラダを冷やす習慣が積み重なることによって冷え性や基礎体温の低下を招きかねません。「冷えは万病の元」といわれるように肩こりや頭痛だけでなく内臓機能の低下や免疫力の低下、代謝の低下や肌トラブルなどあらゆる不調の原因になります。今からカラダを冷やさないように心がけましょう。

今から始める“温活”-冷えに負けないカラダへ


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。