ライフスタイル

ハッカ油でジメジメした梅雨を爽やかに!

ハッカ油でジメジメした梅雨を爽やかに!

今年もまた梅雨の時期がやってきました。毎日ジメジメとして気持ちもスッキリしませんね。そんな憂うつな梅雨を爽やかに過ごす助けになるのが“ハッカ油”です。ハッカ油はドラッグストアでもお手軽に購入できて、ミントの爽やかな香りのリフレッシュ効果だけでなく消臭効果・除菌効果・防虫効果など嬉しい効果がたくさんあります。梅雨の季節特有のトラブルはハッカ油を活用して爽やかに乗り切りましょう。

梅雨の時期に気をつけたいスキンケアとは?
ハッカ油でジメジメした梅雨を爽やかに過ごす方法とは

ハッカ油とは?

“ハッカ油”とは、日本在来の多年草の植物「薄荷(ハッカ)」を蒸留抽出したオイルのこと。ハッカは英語では“Mint(ミント)”と呼ばれペパーミントなどと同じ種類なのですが、細かく言うと和種のハッカは数あるミントの品種の中のひとつです。海外では「Japanese peppermint(和種ハッカ)」とも呼ばれ、清涼感がある“メントール”の含有率が多いのが特徴だといわれています。ハッカは古くから民間療法や香料などにも用いられてきました
ハッカ油は日本在来のハッカ草から抽出されたオイルのこと

ハッカ油の活用法

ハッカ油は身近なドラッグストアでも置いてあることが多いので、日用品のお買い物のついでにぜひ一本購入してみましょう。ハッカ油は除菌効果や防虫効果、防腐効果が高いので梅雨の季節にはピッタリ。ハッカ油は色々な使い方がありますが、ここでは梅雨の時期におすすめの活用法をご紹介します。
梅雨時期のハッカ油の活用法とは?

梅雨時の部屋干し臭を防ぐ

梅雨の季節はどうしても部屋干しが多くなり、生乾きの衣類に雑菌が繁殖して何とも言えない嫌な臭いがすることがありますよね。そんな部屋干し臭を防ぐのにおすすめするのが“ハッカ油”です。使い方もシンプルで洗濯の最後のすすぎの時にハッカ油を1、2滴加えるだけ! ハッカ油には除菌・抗菌効果があるので洗濯物の雑菌が繁殖するのを防いでくれるだけでなくメントールの爽やかな香りがプラスされて一石二鳥ですよ。
梅雨の部屋干し臭の予防にハッカ油を数滴

クローゼットで防虫剤として活用

ハッカ油には防虫効果があるので、ハッカ油をコットンパフやガーゼなどに数滴垂らしたものをクローゼットや衣装ケースに入れておくだけで防虫剤として活用することができます。ハッカ油はとても揮発性が高いため、クローゼットやタンスの中にハッカの爽やかな香りが広がって防虫効果だけでなく衣類にもいい香りが広がりますよ。香りが薄くなってきたら防虫効果も薄れるので、定期的に新しいものを交換すると効果的です
ハッカ油を数滴たらしたコットンをクローゼットに入れて防虫効果

ハッカ油スプレーで空間を爽やかに

梅雨の季節は窓を開けても湿気が多く、ジメジメして何となくスッキリしないもの。そんな時にはハッカ油スプレーをカーテンに吹きつけるとお部屋の中が爽快な香りで満たされます。また嫌な臭いの元になる生ゴミや排水溝にスプレーすることで雑菌を防ぎ、イヤな臭いの発生を予防する効果も期待できます。ここではハッカ油スプレーの作り方をご紹介します。
ハッカ油スプレーの作り方

ハッカ油スプレーの作り方

<用意するもの>

精製水(水道水でもO.K) 90ml  無水エタノール 10ml
ハッカ油 15~20滴

<作り方>

  1. スプレーボトル(ポリエチレン以外)に無水エタノールと入れてよく混ぜ合わせる
  2. しっかり混ざったら水を加えてさらに混ぜるたら完成!
  3. 使う時にはよく振ってから使用しましょう
  • 無水エタノールが手に入らなければ水とハッカ水だけでもスプレーを作れますが、その場合はハッカ油と水が混ざりにくいためしっかり振ってから使用しましょう。
  • 手作りしたハッカ油スプレーは一週間~10日以内に使い切るようにしましょう。

ハッカ油スプレーでマスクを爽やかに

新型ウイルスの影響で、日常でもマスクをつけることが一般的になっています。冬の間は保温効果で問題なかったのですが、梅雨に入った今となってはマスクの蒸れや汗などの暑さ対策が必要です。そんな不快なマスクには外側から先ほどご紹介したハッカ油スプレーをひと吹きしてみましょう。ハッカ油のスーッとした爽快感でリフレッシュすることができます。ただ、ハッカ油はスーッとするだけで実際に体温を下げるわけではないので、熱中症対策は忘れずに行いましょう
ハッカ油スプレーをマスクにひと吹きで蒸れ対策

ハッカ油は非常に刺激が強いので原液をマスクや肌に直接つけないように注意しましょう。

ハッカ油で不快な汗を爽やかに

ハッカ油には蒸発する時に周りの熱を奪うという特質があります。蒸し暑くジメジメした梅雨の時期の外出では汗を拭いてもスッキリしないことが多いものです。そこでスプレーボトルに水とハッカ油数滴を加えたもの(ハッカ油の入れ過ぎにはくれぐれも注意!)をよく振ってハンカチなどに振りかけて汗を拭いてみましょう。スーッと熱が引いて清涼感を得ることができます。ウェットシートにひと吹きしてもいいですよ。目元や鼻などには刺激が強いので注意してくださいね

気になる顔汗を抑える対策
ハッカ油スプレーをハンカチにひと吹きで爽快感

ハッカ油を使う時の注意

使い過ぎに注意

ハッカ油はとても刺激性が強いので原液をそのまま肌につけるのは厳禁です。また薄めて使用する場合でも、清涼感を求めて入れ過ぎないようにしましょう。肌が荒れたりヒリヒリとした痛みが生じたりする可能性があります。初めは少ない量から試してみましょう。
ハッカ油は刺激性が強いので原液は肌に厳禁!

ポリエチレンは避けて

ハッカ油を移し替えて使用したりする場合にポリスチレン素材を避けてください。ハッカ油にはポリエチレンを溶かす作用があるのでスプレーボトルなどに移す時もポリエチレン以外の素材(ガラス製がベスト)を選ぶように注意しましょう。
ハッカ油はポリエチレンを溶かすのでガラス製などに保管

熱中症に注意

ハッカ油を使用すると暑くてもスーッとした清涼感を得ることができます。ただ、これはあくまでも「涼しく感じる」というだけであって実際に体温を下げるものではありません。熱中症対策としてこまめな水分補給などを忘れないようにしましょう
ハッカ油で爽快感は得られても熱中症対策は忘れずに

ペットに注意

猫や小動物といったペットの中にはハッカ油が毒になって健康を害する恐れがあるといわれています。なかでも猫はハッカ油が苦手なので避けるようにしましょう。
猫などのペットにハッカ油は注意!

ハッカ油で梅雨のジメジメも爽やかに

いかがでしたか? 今回はジメジメして憂うつな梅雨を爽やかに過ごすために助けになる“ハッカ油”の活用法についてまとめました。梅雨の時期の部屋干しのイヤな臭いの解消やクローゼットの防虫効果、空間を爽やかにする効果やマスクの蒸れを解消する効果などハッカ油一本で様々な使い方ができそうです。原液はとても刺激が強いので必ず水などで薄めてから使用するようにしましょう。これからますます蒸し暑くなっていきますがハッカ油で爽やかに過ごしたいものですね!

ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。