スキンケア

乾燥しやすい冬のスキンケア 保湿編

乾燥しやすい冬の保湿スキンケアのポイント

冷たい風や部屋を暖めるエアコンの風などで肌が乾燥しやすい冬は、一生懸命スキンケアしていても肌のゴワつきやカサつきを感じやすいものです。ほとんどの人は夏よりも冬のほうが保湿ケアを意識しているはずですが、保湿化粧品を使ってもなかなか効果が表れないのはなぜでしょうか? 肌の乾燥はシワやくすみなどエイジングサインの原因にもなりますから、乾燥を撃退してしっとりとしたうるおい美肌をキープしたいですよね。今回は乾燥しやすい冬の保湿ケアのポイントについてまとめました

乾燥しやすい冬のスキンケア 洗顔編
冬の乾燥肌からくる肌のトラブル

冬の乾燥肌の状態とは?

人の肌には本来うるおいをキープして外的な刺激から肌を守るための「角質層」と呼ばれる部分があります。角質層とは肌の表面わずか0.02mmしかない薄い層ですが、角質細胞の内部には“天然保湿因子(NMF)”が存在して水分を抱え込み保持する役割があります。さらにこれら角質細胞同士を繋ぎ止めるためにセラミドや浮遊脂肪酸などで構成される“細胞間脂質(さいぼうかんししつ)”が存在して水分を留めるはたらきがあります。これら角質層の表面は“皮脂膜”と呼ばれるクリーム状の膜で覆われていて、外部からの刺激や異物の侵入を防ぐ“バリア機能”としてのはたらきと、肌の中の水分が外に逃げないように保護して肌の乾燥を防ぐ“天然のクリーム”のようなはたらきをしているのです。素晴らしいシステムですね?
肌の角質層の保湿システムのイメージ写真
ところが冬になって気温の低下や空気の乾燥などが原因で血行が悪くなると肌のターンオーバーが滞るようになり、皮脂膜が不安定になって水分が外に逃げ出して乾燥しカサカサしたりゴワついたりしてしまいます。さらに皮膚の水分を保持する細胞間脂質の生成が低下するため保湿機能まで低下していくのです。このように肌に過酷な冬の乾燥をケアするためには角質層を健やかに保つことが重要なポイントになってきます
冬の乾燥肌が進行するのは角質層がダメージを受けるから

冬の乾燥肌の保湿ポイント

乾燥しやすい冬のスキンケアでは“角質層をうるおすケア”が大切です。面倒だからといって洗顔した後にチャチャっと表面上のスキンケアで済ませていませんか? これでは角質層までうるおいが浸透しないままなのですぐに乾燥してしまいます。それで冬こそ毎日のスキンケアをもう一度見直して基本に戻ることにしましょう。

乾燥肌用化粧品に配合されているとうれしい保湿成分

冬のスキンケアの基本

スキンケアの基本は適量の化粧水や乳液をムラなく肌のすみずみにいきわたらせることです。肌に水分を与えようとして化粧水を大量に塗ったり、ベタつくのが嫌だからといって乳液を使わなかったりするのはN.G! 水分をたっぷり与えたいからといって化粧水を大量につけても0.02mmと薄い角質層に吸収できる水分量には限度があります。パッケージに記載されている適量を目安に全体になじませて肌がふっくらモチモチするようになるまで浸透させましょう。
冬の乾燥を保湿するには化粧水でうるおいを与えること

ここで肌が保湿できたとしても化粧水だけでは水分が蒸発してすぐに乾燥してしまいます。水分に油分が配合された乳液を塗ることによって化粧水でうるおいを与えた肌から水分が逃げていかないように保護しましょう。また乳液には角質を柔らかくしてキメの整った肌に導くはたらきもあります。乾燥がひどい場合には乳液よりも油分の割合が多いクリームを使用します。クリームは保湿力だけでなく肌に必要な栄養を与える作用もあるので寝る前に重ねるとよりいっそう効果的です。
冬の乾燥を保湿するためには化粧水の上から乳液をつけて水分を逃がさないこと

美容液はいつ使う?

美容液は基本のスキンケアに加えるスペシャルケアですから、必ず使わなければいけないものではありません。美容液は化粧水の後でつけることで水分の蒸発を防ぐ役割もあるのですが、大きな役割は美白・保湿・アンチエイジングなど肌の悩みに合わせた成分の補給や肌トラブルの改善です。肌のコンディションが良くないと感じた時に取り入れるといいでしょう。美容液を使うタイミングは「化粧水→美容液→乳液→クリーム」の順が基本ですが、なかには洗顔後すぐに使用するものもあるので使用方法を確認しましょう。

肌にやさしい化粧品の選び方
冬の乾燥悩みを保湿するために美容液でスペシャルケアしよう

角質層をうるおす化粧品の使い方

肌の保湿のために必要なスキンケアアイテムが分かったところで正しい使い方を確認しておきましょう。

まず洗顔を済ませたらできるだけ早く化粧水をつけます。洗顔後の肌は水分が蒸発する時に肌の水分まで奪われやすく乾燥しやすいのです。できれば化粧水を洗面所に置いておくと洗顔後すぐに保湿できて便利ですよ。そのままではすぐに乾燥してしまいますから化粧水の後には美容液や乳液で保湿しましょう。その時のポイントは化粧水が肌になじむまで待ってから美容液や乳液をつけること! 化粧水の水分がまだ肌に残っている状態で上からつけると化粧水の水分と油分が混ざり合って肌なじみが悪くなってしまいます。化粧水の水分がしっかり肌になじんでから美容液や乳液を重ねるように意識しましょう。

気になる顔の乾燥-改善方法とは?
化粧水をつけた後にハンドプレスになじませてから乳液をつけるのがポイント

化粧水の使い方

  1. 化粧水を手に取ったら頬や額などの広い部分にのせて両手のひらで伸ばしていきましょう。顔の内側から外側に向けてていねいになじませます。
  2. 次に目の周囲や小鼻周り、口元などの細かい部分にもつけ忘れがないようにていねいになじませていきます。
  3. 最後に手のひらで押さえるようにして化粧水を肌の奥まで浸透させましょう。この時に化粧水が足りないようなら追加してなじませます。

乳液の使い方

  1. 乳液は化粧水や美容液が肌になじんでからつけ始めましょう。
  2. 乳液を手のひらに取ったら両手のひらで広げ、化粧水と同じように顔の広い部分からつけ始めます。顔の内側から外側に向けて大きく円を描くようになじませていきます。
  3. 全体になじませたら目元や口の周りなど乾燥しやすい部分に少量を追加して重ねづけすると効果的です。

乾燥しやすい人は上から油分の多いクリームを重ねると保湿効果が高まります。Tゾーンや小鼻周りのテカリが気になる人は乾燥しやすい頬や目元・口元などに部分使いするのもいいですよ。冬は乳液だけでは物足りない・・・という人は積極的にクリームを活用しましょう。
冬の乾燥の保湿はスキンケアのステップをていねいにすることが大事

冬の乾燥肌ケアは水分と油分のバランス

いかがでしたか? 今回は乾燥しやすい冬の保湿ケアのポイントについてまとめました。乾燥が気になるからといって化粧水をつけすぎたり、ベタつきが気になるからといって乳液やクリームをつけなかったりする自己流スキンケアはN.G! 乾燥しやすい冬だからこそ肌の角質層にしっかりとうるおいを与えて水分を逃さないケアが必要なのです。その基本が“水分と油分のバランス“です。肌の必要に合わせて化粧水からクリームまでの一つ一つのステップをていねいに重ねていきましょう。


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。