スキンケア

花粉が肌トラブルの原因になる?

花粉が肌トラブルの原因になるって知ってた?

寒かった冬がようやく終わりに近づいて少し暖かくなってくると気持ちがうきうきして外へ出かけたくなるもの。この時期は花粉症に悩まされる人は多いのではないでしょうか? せっかく気候が良くなるのに憂うつになってしまいます。そんな花粉症の原因になる“花粉”、実は私たちの肌にも影響を与えていて様々な肌トラブルを招くことを知っていましたか? 今回は、この時期ならではの“花粉”と肌との関係や正しいスキンケアの方法についてまとめました。
季節の変わり目の「ゆらぎ肌」とは?-原因と対策
花粉症の原因になるスギ花粉は肌にも悪影響

花粉と肌の関係

花粉症は鼻や目などの粘膜にスギやヒノキなどの花粉が入ってきた時に過剰に反応して、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどのアレルギー反応を起こすことを指しています。もともと人のカラダには体内に細菌やウイルスなどの異物が侵入しようとした場合に取り除こうとする作用があるのですが、本来は敵ではない特定の食品や花粉なども“外敵”だと過敏に反応することがありアレルギー反応となって表れるのです。
花粉がアレルギー反応を引き起こす仕組み
ほとんどの場合「花粉症」というとくしゃみや鼻水などの症状が出ることが多いのですが、なかには花粉が皮膚にも直接影響を与えて肌のかゆみ・赤み・肌荒れなどの症状が表れることあるのです。このような症状を「花粉症皮膚炎」と呼ばれています。

花粉症皮膚炎の症状

“花粉症皮膚炎”ではスギ花粉が皮膚に直接影響を与えて目や口の周り、アゴや首などが赤くなったり肌がヒリヒリしたりすることがあります。症状は人によって異なりますが普段は乾燥肌ではないのに花粉の時期だけは肌が乾燥してカサカサする・肌が痒い・ニキビのような赤いブツブツができる・肌荒れがひどくて化粧品がしみる・・・など様々です。鼻水・鼻詰まりのような花粉症の症状が出ていなくても皮膚にだけ症状が表れる人もいるので、疑わしいと感じたらいちど皮膚科を受診することをおすすめします。

花粉が肌トラブルを引き起こすメカニズム

肌の角質層には本来バリア機能が備わっていて体外から異物が侵入することを防ぐことができるようになっています。ところが春先などの季節の変わり目は寒暖の差や生活環境の変化などで肌のバリア機能が低下しやすく、花粉などの異物が侵入しやすくなります。花粉が肌に付着した時に違和感を感じてこすったり掻いたりしてしまうと、いっそうバリア機能が低下して肌荒れや湿疹の原因になることがあります。

花粉症皮膚炎の場合にはこのようなバリア機能が低下した時に、本来なら侵入するはずがない花粉が皮膚に侵入することによって肌に様々な影響を与えて肌トラブルが生じるのです。
どうしよう!? 肌荒れの赤みや湿疹を治す方法

バリア機能のはたらきで異物の侵入を防いでいる

花粉以外の肌トラブルの原因

大気中の飛散物

花粉症皮膚炎の原因は主にスギ花粉だと考えられていますが、春先には花粉だけでなく肌トラブルを引き起こす物質が飛散しています。なかでも肌に影響を与えるのが春になると多く飛散する“黄砂”、近年知られるようになってきた“PM2.5”が肌トラブルの原因になりやすいといわれています。“PM2.5”とは大気中に浮遊している 2.5μm以下(1μmは1mmの千分の1)の非常に細かい粒子で大気中の汚染物質が含まれています。これら黄砂やPM2.5は付着することで肌に直接刺激を与え肌にダメージを与えます
大気に飛散する有害物質は肌トラブルの原因になる

肌の摩擦

春先は花粉症に悩まされている人が多いものです。テッシュで鼻をかむということが肌に刺激を与え肌の乾燥を招きバリア機能を低下させることがあります。さらに日常的にマスクを使用している人の場合マスク自体の摩擦やゴムの摩擦などが肌への直接的な刺激になって肌のバリア機能が低下しやすくなります。このように考えると花粉症の人が肌トラブルを引き起こしやすいことが分かりますね。
マスクなどの摩擦が肌のバリア機能を低下させる

花粉に負けない肌になるために

原因を避ける

花粉や大気中の飛散物が増える時期はできるだけ肌に刺激となる物質に触れないようにしましょう。天気予報などの花粉飛散情報などを参考にするのも〇。外出時にはサングラスやマスクでなるべく肌の露出を避けて。さらに忘れやすいのが衣類や髪の毛に付着した花粉です。帰宅の時には家に入る前に衣類や髪の毛についた花粉をしっかり払いましょう。洗濯物を外干しから部屋干しに切り替えるのも正解です。
マスクやサングラスで花粉を避ける

肌のバリア機能を高める

肌のバリア機能を高めるために最も重要なのは肌の水分と油分のバランス。肌に付着した花粉を落とそうとしてゴシゴシこすって洗顔すると肌の水分を奪う原因になります。この時期の肌はデリケートなので敏感肌と同じようなケアが必要になります。洗い過ぎ・こすり過ぎを避けてやさしく洗うことを心がけましょう。洗顔後は化粧水などで素早く水分補給をして角質内の水分量を高めることが重要です。加えてセラミドなどの保湿成分が配合された乳液やクリームで水分を逃がさないようにキープすることで少しずつ肌のバリア機を回復させていきましょう。
肌のターンオーバーを正常にするための生活習慣
肌の保湿ケアでバリア機能を高める

花粉は肌にも悪影響

いかがでしたか? 今回は、この時期ならではの“花粉”と肌との関係や対策についてまとめました。花粉症の原因になる花粉はくしゃみ・鼻水・目のかゆみなどの症状だけでなく私たちの肌にも影響を与えて様々な肌トラブルを招くことがあります。もともと春先は肌がゆらぎやすく、ちょっとした刺激にも過敏に反応して肌荒れや吹き出物ができやすい時期です。肌のバリア機能が低下した状態では普通なら侵入してこないはずの花粉が皮膚に入り込んで肌トラブルを引き起こしやすいのです。しっかりと保湿をして肌のバリア機能を高め花粉に負けない健やかな肌を目指したいですね。


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。