美肌

アンチエイジング効果が期待できるお茶

アンチエイジング効果が期待できるお茶

女性なら誰でも若々しくてイキイキとした肌をキープしたいと思うものです。そのためのアンチエイジング対策をあなたは何か取り組んでいますか? “アンチエイジング”を謳う化粧品はたくさんありますが、肌の老化は誰にでも訪れる自然現象なので完全に止めることはできません。それでも近年の研究によって老化のメカニズムが少しずつ解明されて老化の進行を緩やかにする(アンチエイジング)方法が明らかになってきています。今回はその中でも手軽に飲むことによってアンチエイジング効果が期待できる“お茶”についてまとめました。

肌のアンチエイジング対策っていつから始める?
アンチエイジング効果が期待できるお茶

アンチエイジングのカギは“抗酸化”と“抗糖化”

酸化とは

私たちが生きていくうえで欠かすことができない酸素ですが、体内に取り込んだ酸素のうち1~2%が“活性酸素”と呼ばれる物質に変化するとされています。活性酸素そのものが悪いわけではなく本来は外部から侵入したウイルスや細菌からカラダを守る大切な役割があります。ところが過剰に発生することで外敵だけでなく体内の細胞まで傷つけて酸化させる原因になるのです。これがいわゆる“酸化”による老化で、金属の表面が酸化して錆びていくように人間のカラダを錆びさせて肌の老化が進行していきます。活性酸素を過剰に発生させてしまう原因として紫外線・大気汚染・食品添加物・喫煙・ストレスなど様々なものが考えられます。
アンチエイジングのカギは抗酸化

糖化とは

あまり聞き慣れない言葉ですが“糖化”とは、食事などから摂取しても消費しきれずに余った糖が体内のタンパク質と結びついて引き起こされる現象のことです。小麦粉や砂糖などの“糖質”に卵や牛乳など“タンパク質”を混ぜ合わせてフライパンで加熱するとこんがりキツネ色のパンケーキが焼き上がることをイメージしてみてください。お菓子や料理ならこんがりした焼き色は風味が良くなりますが、人の体内では“糖化”した物質が蓄積されると老化が早まり肌のくすみやシワ、たるみなど様々な肌トラブルの原因になります

肌の老化の原因は「糖化」だった?
アンチエイジングのカギは抗糖化
このように肌を老化させる原因はひとつではなく過剰に発生した活性酸素による“酸化”と余分な糖質がタンパク質と結び合わさって引き起こされる“糖化”が関係しているということです。つまり老化の進行を少しでも抑えるためのアンチエイジングには「抗酸化」と「抗糖化」がポイントになるということなのです。

アンチエイジング効果が期待できるお茶

アンチエイジングのカギは“抗酸化”と“抗糖化”にあるとお伝えしましたが、どちらも日頃の生活習慣や食習慣を意識することが大切になってきます。そのなかでもここでは抗酸化作用・抗糖化作用が高く飲むだけでアンチエイジング効果が期待できるお茶をご紹介します

緑茶

日本の伝統的な飲み物で、近年になってその高い健康効果が注目されている“緑茶”。人のカラダを酸化させる活性酸素を除去する成分としてビタミンCやビタミンEなどがありますが、緑茶に含まれる“茶カテキン”にはそれらの数十倍もの高い抗酸化作用があるといわれています。さらに“茶カテキン”には糖の吸収を抑制してカラダが糖化することを抑える抗糖化作用が高いことも明らかになってきています。つまり緑茶には“抗糖化“と“抗酸化”のダブル効果で老化を緩やかにすることが期待できるのです。緑茶にはカテキンの他にも抗酸化作用が高いビタミンCやビタミンEも多く含まれているのでアンチエイジングにはおすすめの飲み物といえるでしょう。
緑茶は抗酸化・抗糖化作用が高いアンチエイジングティー

ルイボスティー

ルイボスティーは南アフリカ原産のマメ科の針葉樹の葉を発酵・乾燥させたもの。ルイボスティーには肌を酸化させて老化を促進する“活性酸素”を除去する作用がある酵素“SOD(スーパーオキシドディスムターゼ)酵素”とよく似たはたらきがあるといわれています。さらにルイボスティーには人の体内で“糖化”して蓄積された“老化物質”を分解するようにはたらきかける作用も期待されています。こうして抗酸化・抗糖化の両方の効果が得られるのが特徴です。緑茶とは違いカフェインが含まれていないので寝る前やリラックスしたい時、妊婦さんが飲んでも安心です。

女性におすすめのお茶-ルイボスティー
ルイボスティーはアンチエイジングにおすすめのノンカフェイン茶

ゴボウ茶

ゴボウ茶はその名のとおり根菜であるゴボウを乾燥させたものをお茶のように煮出して飲む健康茶です。「ゴボウをお茶に?」と思うかもしれませんが独特の香ばしい香りとほんのり甘い風味で飲みやすく、しかもノンカフェインだから安心して飲むことができるお茶です。ゴボウに含まれているポリフェノールの一種“サポニン”は抗酸化作用が非常に高く活性酸素を除去して肌のアンチエイジングをサポートする効果が期待できます
ゴボウ茶は抗酸化作用が高いアンチエイジングティー

カモミールティー

ヨーロッパでは古くから薬効のあるハーブとして知られてきたカモミール。近年では日本でもノンカフェインのハーブティーとして好まれる飲み物です。カモミールに含まれるフラボノイドの一種“アピゲニン”という成分には活性酸素を除去する抗酸化作用があることで知られています。またカモミールには“カマメロサイド”と呼ばれるポリフェノールも含まれていて、体内で“糖化”して蓄積された“老化物質”を分解するようにはたらきかける抗糖化作用も含まれています。このようにカモミールティーには抗酸化作用・抗糖化作用のWの効果があり、ノンカフェインでリラックス効果もあるので気分をリラックスさせたいときにおすすめです
カモミールティーは抗酸化・抗糖化作用が高いお茶

黒豆茶

黒豆茶は豆の中でもポリフェノールの一種である“アントシアニン”が豊富に含まれる黒豆を煮出して作るお茶。黒豆といえばお正月のおせち料理などの煮豆のイメージが強いかもしれませんが、日本では古くから民間療法でも使用されてきました。黒豆に多く含まれるアントシアニンには高い抗酸化作用があり熱にも強い性質があるので、煮出してお茶にすることで効率よく成分を摂取することができます。ノンカフェインなので寝る前でも安心して飲むことができます。
黒豆茶は抗酸化作用が高いアンチエイジングドリンク

毎日のお茶でアンチエイジング

いかがでしたか? 今回は手軽に飲むことによってアンチエイジング効果が期待できるお茶についてまとめました。アンチエイジングには抗酸化・抗糖化の両方からアプローチすることが大切だということです。身近なお茶でアンチエイジングできるのは嬉しいですね。ペットボトルのお茶も手軽に手に入りますが自分で入れるとより多くの効果が得られます。もちろんアンチエイジング効果が高いからといってお茶を飲むだけで急激な効果が得られるものではありませんし、一度にたくさん飲めばいいものでもありません。お好みのお茶をこまめに飲んでアンチエイジングを心がけたいですね!


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。