スキンケア

食べ物で紫外線の対策ができるって本当?

食べ物で紫外線の対策ができるって本当?

これからは日ごとに紫外線が強くなって私たちの肌や髪へのダメージが大きくなる季節。紫外線は肌が日焼けするだけでなく肌の奥深くにダメージを与え、シミ・ソバカス・くすみ・シワなど肌の老化現象を進行させてしまいます。女性ならほとんどの人は日焼け止めを塗ったり帽子や日傘を使用したりして紫外線対策を実施していることでしょう。では、カラダの内側からのケアはいかがでしょうか? 実は紫外線対策は食べ物でカラダの内側からも対策できるんです。そこで今回は紫外線の対策ができるおすすめの食べ物をご紹介したいと思います。
紫外線対策ができる食べ物とは?

紫外線が肌に与える影響

紫外線が肌に与える影響の代表的なものは“日焼け”です。“日焼け”には2種類あって、紫外線(UV-B)が皮膚の表面を透過して赤く炎症を起こしたり水ぶくれを生じさせたりする症状と、紫外線(UV-A)を浴び続けることでメラノサイトが活性化しメラニン色素が皮膚に沈着して黒くなったりシミやそばかすの原因になったりする症状があります。

紫外線が与える影響は日焼けだけではなく、繰り返し紫外線にさらされることで肌の弾力が損なわれていきシワ・たるみ・キメの乱れなどの“光老化”と呼ばれる肌の老化現象を進行させてしまうといわれています。これらの老化現象は通常の加齢による老化原因の約80%にも上るということです。

美肌の大敵!紫外線対策をしっかりと
紫外線が肌に与える光老化の種類と影響

食べ物で紫外線対策はできる?

紫外線は外から降り注ぐものですが皮膚から体内に通過すると体内では細胞を紫外線から守るために“活性酸素”が発生して様々な影響を与えます。その一つは“メラニン色素”を生成すること。これが過剰に作られると色素が沈着してシミやソバカスの原因になります。さらに紫外線を浴びることで過剰に発生した活性酸素は肌のハリや弾力を保つはたらきがあるコラーゲンやエラスチンを破壊してシワやたるみの原因になります。
紫外線がコラーゲンやエラスチンに与える影響
さて、食べ物では日傘や帽子のように紫外線を遮ることはできませんが、紫外線を浴びることで発生する活性酸素を抑制する作用がある食べ物なら存在します。こうして活性酸素を抑制する食べ物を積極的に食べることで肌を紫外線の影響から守ることができるということなのです

紫外線対策に効果的な食べ物

ビタミンACE(エース)

これは新しいビタミンの種類ではありません。抗酸化作用が高いビタミンA・C・EをまとめてビタミンACE(エース)と呼ぶことがあるのです。それぞれのビタミンをご紹介します。

ビタミンA

ビタミンAは油脂に溶ける“脂溶性ビタミン”のひとつで、活性酸素を抑制してカラダを守る抗酸化作用があるだけでなく皮膚や粘膜を保護したり肌にうるおいとハリを与えて肌の状態を良くしたりする作用で紫外線の影響を対策する効果があります。ビタミンAを多く含む食べ物としては、野菜ならカボチャやニンジン、ブロッコリーなどの緑黄色野菜、それ以外にはレバー・うなぎ・卵・チーズなどがあります。
紫外線対策ができるビタミンAを多く含む野菜

ビタミンC

ビタミンCは水に溶けやすい“水溶性ビタミン”「美白=ビタミンC」というイメージを持っている人も多いかもしれません。実際、ビタミンCには高い抗酸化作用があり、シミの元になるメラニン色素の生成を抑制するはたらきと同時にできてしまったメラニン色素沈着を薄くするはたらきが確認されています。つまり日焼け予防プラス日焼けした肌の改善という紫外線対策にWの効果が期待できます。さらにビタミンCにはコラーゲンの生成を促進して肌にハリや弾力を与える効果も期待できます。ビタミンCを多く含む食べ物というとレモンやオレンジなどの柑橘類を思い浮かべるかもしれませんが、意外なことに緑茶やパプリカ、ブロッコリーやカリフラワー、ゴーヤやジャガイモなどに多く含まれています。

話題の飲む日焼け止めサプリ - 本当に効果あるの?
ビタミンCを多く含むのは柑橘類だけでなく野菜にもたくさんある

ソラレンに注意

朝食でビタミンCを摂るためにオレンジやグレープフルーツ、キウイなどをスムージーにして摂取したいと思うかもしれませんが、柑橘類やキウイ、パイナップルなどのフルーツやキュウリ・セロリ・パセリなどの野菜には“ソラレン”と呼ばれる紫外線の吸収を強める成分(摂取後2~6時間程度)が多く含まれています。外出する前にソラレンを摂取すると紫外線を吸収して通常より日焼けしやすくなるとされています。ソラレンを多く含む野菜やフルーツは夕方以降にとるなどの工夫をしましょう。

ビタミンE

ビタミンEはビタミンAと同じように油脂に溶けやすい“脂溶性ビタミン”のひとつ。ビタミンEには高い抗酸化作用がり、紫外線によって発生した活性酸素から細胞膜を保護するはたらきがあります。それだけでなく血液の循環を良くして肌の代謝を高めターンオーバーを促進してメラニンの排出を促すことでシミやソバカスをできにくくする効果も期待できます。ビタミンEを多く含む食べ物には卵やレバー、アーモンドなどのナッツ類、カボチャやアボカド、赤ピーマンやモロヘイヤなどの野菜・ウナギやイクラなどがあります。ビタミンEはビタミンCと一緒に摂ると相乗効果でいっそう抗酸化作用が期待できます。
紫外線対策に効果的なビタミンEを多く含む野菜

リコピン

リコピンはトマトやスイカ、アセロラなどの赤い色素成分です。リコピンの抗酸化作用はビタミンEの約100倍ともいわれていてリコピンが多く含まれるトマトは“食べる日焼け止め”とも呼ばれています。リコピンは加熱や油を使った調理によって増加するといわれています。リコピンを摂取することで紫外線による肌の炎症を抑制したりメラニン色素が発生するのを軽減させたりする作用が大いに期待できます。研究によるとリコピンは朝に摂取すると吸収率が高いとも言われていますから朝食に積極的に取り入れましょう。
食べる日焼け止め“リコピン”を多く含むトマト

オメガ3脂肪酸

オメガ3脂肪酸を多く含む食べ物には鮭・イワシ・サバ・サンマといった青魚やクルミや亜麻仁油などがあります。オメガ3脂肪酸には抗酸化作用があり、紫外線による肌の炎症を予防して肌の細胞膜を健やかに保つ作用があるといわれています。紫外線対策として週2回を目安に食事に取り入れることが推奨されています。
抗酸化作用が高いオメガ3脂肪酸を多く含む青魚

食べ物でカラダの内側から紫外線対策

いかがでしたか? 今回はこれからますます強くなってくる紫外線の対策に日焼け止めや日傘などの外側からのケアだけでなく、紫外線対策ができる食べ物でカラダの内側からケアできることやおすすめの食べ物をご紹介しました。紫外線が肌に与える影響は日焼けのような一時的なものだけでなくシミやくすみ、シワやたるみといった光老化の原因になります。紫外線を防ぐためには日傘や日焼け止めは欠かせませんが、毎日の食べ物でカラダの内側から対策することで紫外線に強いカラダになることができます!


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。