スキンケア

気になる顔汗を抑える対策

気になる顔汗を抑える対策

今から暑い夏本番、汗ばむ季節です。夏の暑さで体に汗をかくのはある程度仕方がないことだとしても、大事な仕事や打ち合わせなどのシーンで顔にかく汗は気になるし困りますよね。特に女性にとって顔汗は化粧崩れの原因になりますし、季節に関わらず「この場面では汗をかきたくない・・・」という大切な時に限って顔から汗が流れる・・・という悩みを持つ人は案外多いものです。今回は、そんな困った顔汗を防ぐためにできる対策をご紹介します。
冷えがカラダに与える影響とは?
気になる顔汗を抑える対処法とは

顔汗の原因

運動不足

汗は私たちの皮膚に存在する“汗腺”で作られ、体温が上昇して暑くなりすぎた時に体内の水分を汗として放出することで体温を適切に保つはたらきがあります。本来なら汗は全身から出るのですが、普段から汗をかく習慣がない人の場合カラダの汗腺機能、特に腕や下半身など心臓から遠い部分にある汗腺がどんどん低下してしまいうのです。そこで、いざ体温調節が必要になるとそれを補うために顔などの心臓に近い部分に集中的に汗をかくようになってしまいます。
運動不足で汗腺が低下すると顔汗がひどくなる

緊張

大切なプレゼンや面接、スピーチなどの大切な場面に限って暑くもないのに顔から大量の汗が流れる・・・ということがあります。これは緊張などの精神的要因で交感神経が刺激されて汗をかく“精神的発汗(緊張汗)”かもしれません。緊迫した状況のことを指して「手に汗を握る」などといわれるように、人はストレスや緊張、不安を感じた時に交感神経が優位になり汗腺が刺激されて手のひら・ワキ・顔など特定の部分に大量の汗をかくことがあります。そして気にすればするほど汗が止まらなくなってしまいます。
緊張が顔汗の原因になることもある

顔汗の特徴

「運動して汗を流せばスッキリする」とよく言いますが、汗とは本来サラサラして蒸発しやすく無臭だといわれています。ところが顔汗は蒸発しにくくてベタベタした嫌な汗であることが多いのです。なぜそうなるのでしょうか?

汗というのは、体内の血液から「血漿(けっしょう)」という液体がしみ出したものです。ところが「血漿」にはミネラルが含まれていて、そのまま汗として出ると体のミネラルが不足してしまいます。そこで、汗腺はしみ出した「血漿」から、必要なミネラルを再吸収して血液に戻し、水分と少しの塩分だけを汗として分泌するのです。このように汗腺がきちんと機能している汗はサラサラした汗です。ところが、普段汗をかく習慣がなく汗腺の機能が衰えてしまうと、ミネラルの再吸収がうまくできなくなり汗にミネラル分が多く含まれるようになってベタベタした汗になるのです
汗をかく仕組み

顔汗を抑える対策

いい汗をかく習慣

先に書いた通り顔汗の原因のひとつは運動不足。顔汗に悩む人の中には汗をかくのが嫌だからといってカラダを動かさないようにする人がいますが、それは逆効果です。顔汗のようなベタベタの汗の原因は汗腺機能の低下にあるので、その機能を鍛えることが大切です。

  • 適度な運動を取り入れる
  • 入浴はシャワーだけでなく湯船にもつかる
  • 冷たい飲み物や食べ物は避け、常温か温かい飲み物や食べ物を摂る

適度な運動

ここでいう運動は決して激しい運動ではありません。軽いジョギングのような有酸素運動や、ウォーキングなどの新陳代謝を良くする運動、家の中でできる運動としては腹筋や腕立て伏せなどの「筋トレ」によっても気軽に取り入れることができます。大切なのは「毎日続けること」です。このように適度な運動を習慣にし、定期的に汗をかくことで全身の汗腺を活発になり、サラサラした「いい汗」が出るようになります
定期的な運動でいい汗をかく習慣をつける

半身浴

半身浴もいい汗をかくのに大切な方法です。半身浴とは、胸より下だけお湯に浸かる入浴方法で、38度~40度程度のぬるま湯に、20~30分ゆっくりと浸かります。冬場は上半身が冷えないように乾いたタオルを肩から掛けておくといいでしょう。こうすることで血行が良くなりお湯に浸からない部分からは汗が出やすくなります。さらに、お風呂から上がる時には手足だけ冷水をかけることによって湯冷めを防ぐこともできます。

話題!美肌になる入浴-ヒートショックプロテイン入浴とは
半身浴でいい汗をかく習慣を身に着ける

飲み物は常温で

暑い夏にはどうしても冷たいお茶や炭酸飲料を飲みたくなるかもしれません。それもたまに飲む程度ならいいのですが、いつも冷たいものばかりでは内臓のはたらきを弱めてしまいます。このような冷たい飲み物は強制的にカラダを冷やしてしまって、カラダが本来持っている体温調節機能を弱めたり代謝を悪くしたりする恐れがあります。ですから、日頃からなるべく温かいものや常温の飲み物を飲むように心がけましょう。
いい汗をかくために暖かい飲み物を飲む

顔汗対策グッズを活用する

緊張による顔汗は精神的なものが原因ですが、汗が気になって余計に汗をかいてしまう悪循環を断ち切るために顔汗対策グッズを活用してみましょう。最近では顔汗専用の制汗剤もインターネットなどで販売されています。ドラッグストアなどでよく見かけるようなワキやボディ用の制汗剤は顔に使用すると刺激が強いものが多いので、顔汗専用の制汗剤を使用するほうがいいでしょう。クリーム状の顔汗専用の制汗剤を化粧下地のように顔に塗って汗を抑える商品もあります。このような制汗剤を上手に活用することで汗について必要以上に心配しなくて済むようになるといいですね。

顔汗を止める応急処置

首の周辺やワキの下にはリンパが多く集まっています。運動不足などが原因で汗腺の機能が低下して顔に集中的に汗をかく場合には首やワキを冷やすことで効率的に体温を下げることができて顔汗を抑える効果があります。保冷剤や冷えピタ、手軽に自動販売機で購入したペットボトルなどで冷やすと効果的です。

気になる顔汗対策は汗腺を鍛えることから

いかがでしたか? 今回は、汗をかいたときに一番目立って困る顔汗を抑えるためにできる対策をご紹介しました。顔ばかりに汗をかく原因の大きな原因は汗腺の機能低下。現代人はどうしても運動不足になりやすくどこでもエアコンが効いていて汗をかく機会が減少しています。それで顔汗を対策するためには全身の汗腺を鍛えて顔以外の全身でいい汗をかけるようにすることが大切なのです。いい汗はベタベタした汗と違い無臭でサラサラしているため化粧崩れもしにくいものです。これからは暑いからといってクーラーの効いた部屋にばかりいるのではなく、運動や入浴などによっていい汗をかくことを習慣にしたいですね!


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。