スキンケア

夏の肌トラブルのための保湿ケア

夏の肌トラブルには保湿することが重要な理由とは

暑くて汗ばむ夏は肌の表面がいつも皮脂や汗でべたつくことが多く、自分の肌が乾燥していることに気付かないことが多いもの。ところが夏に多い毛穴の開きや肌のべたつき、肌のかゆみやニキビといった肌トラブルはべたついた肌の内側でうるおいが不足し乾燥が進むことが原因で生じるのです。そこで今回は夏に多い肌トラブルを防ぐための保湿ケアについてまとめました。

夏の肌トラブルの原因は乾燥だった!?
夏の肌トラブルには保湿が重要

夏の肌トラブルに保湿が必要な理由

汗や皮脂に隠れて内部は乾燥

汗や皮脂でベタベタしていることから自分の肌が乾燥していることに気付かないことが多い夏の肌。洗顔しすぎたりスキンケアを簡単に済ませたりすることで肌の内部が乾燥する“インナードライ”になっていることがあります。

乾燥しているのにテカる!インナードライとは?
夏の肌トラブルのひとつは乾燥が原因の皮脂の過剰分泌

強い紫外線で乾燥が進行

強い紫外線を浴びると肌のうるおいをキープしている角質層という“バリア機能”が低下して肌の水分が逃げやすくなり乾燥しやすくなります。さらに紫外線は肌の“真皮”と呼ばれる奥深くに侵入してコラーゲンなどのうるおい成分にダメージを与えてしまいます。
夏の肌トラブルの原因は紫外線

冷房で乾燥

汗をかいた状態で冷房が効いた部屋に入ってそのままにしていくと、汗が蒸発すると同時に肌の水分まで奪われていきます。また冷房の風にさらされていることや冷たい空気でカラダが冷えることも乾燥の原因になります。夏の肌トラブルの原因は冷房の冷え

夏の肌トラブルを予防する保湿ケア

スキンケアの基本は洗顔から・・・。夏の肌トラブルを予防するための重要なポイントは“清潔”“保湿ケア”です。正しいスキンケアの方法をおさらいしましょう。

ステップ1:洗顔で余分な皮脂を取り除く

夏になると汗で毛穴が開きやすくなり皮脂の分泌も活発になります。肌に皮脂が残った状態では肌に汚れや雑菌がつきやすくなり肌トラブルの原因になります。一日の終わりのクレンジングの後だけでなく汗をそれほどかいていないと感じる朝でも洗顔料で汚れや皮脂をしっかりと落とし清潔な肌にしてからスキンケアを始めましょう。・・・とはいってもゴシゴシと肌をこするような洗顔は絶対にN.G! しっかりと泡立てた泡で肌を包み込むようにして汚れや皮脂を浮き上がらせるように洗うのがポイントです。すすぎのお湯も32℃程度のぬるま湯でやさしく洗い流しましょう。
夏の肌トラブル対策にはていねいな洗顔を

ステップ2:化粧水で水分を補給する

洗顔で余分な皮脂や汚れを取り除いたらすぐに化粧水で水分を補給します。洗顔後の肌はとても乾燥しやすい状態なので、できるだけ早く化粧水をつけるのがポイントです。一回に使用する化粧水の目安は手のひらに乗せて500円玉大くらいですが、一度に500円玉大を手のひらに出してから肌につけようとするとムラになってまんべんなくなじませるのが難しいもの。頬や額などの広い部分から順に少量ずつ2~3回に分けて、目頭や小鼻周りなど細かい部分までつけていきトータルで500円玉大の量になるように使いましょう。最後に手のひらでハンドプレスして手に肌が吸いつくような感触になったらO.K!
夏の肌トラブルの改善にはしっかり保湿すること

ステップ3:夏でも乳液をつける

夏は化粧水をつけるだけでしっとりとして肌が十分にうるおったように感じるかもしれませんがそのままにしておくと水分が蒸発して乾燥します。冬のようなクリームは肌がベタベタして嫌だという人も乳液は必ず使用しましょう。一回に使用する乳液の目安は10円玉大くらい。両手のひらで広げ頬や額など顔の中心から外側のほうへ向けて円を描くようにのばしていきます。目元や口元も忘れないようにしましょう。乾燥が気になる人は部分的にクリームを重ねるといいですよ。
夏の肌トラブル予防には乳液をきちんと塗ること
どうしてもべたつきが気になる人は乳液をつけた後2~3分経ってからティッシュで押さえてもO.K!

ステップ4:紫外線対策

紫外線は肌を乾燥させる大きな原因になります。せっかく保湿のためのスキンケアを万全に行っていても無防備な状態で外へ出たら効果が台無しです。曇りや短時間の外出でも日焼け止めクリームをしっかり塗り、日傘や帽子などで紫外線対策を忘れないようにしましょう。ただ、ウォータープルーフタイプの日焼け止めクリームは肌に負担も大きいので洗顔時にしっかり落とすことが重要です。日常の生活ならそれほど「SPF」や「PA」の数値が高くないものを使用し、こまめに塗り直すほうがおすすめです。

日焼け止め-どうやって選ぶ?
夏の肌トラブル予防には紫外線対策も必要

夏の肌トラブルを予防するスペシャルケア

ピーリング

過剰に分泌した皮脂が毛穴に詰まって角栓のようになってきている場合はゴシゴシこすったりせず、週に1回スペシャルケアとして“ピーリング”もおすすめです。「AHA」や「フルーツ酸」が配合されたピーリングジェルやマスクは比較的刺激が少ないのが特徴。肌に穏やかに作用して毛穴の角質汚れを落とし、化粧水や美容液の浸透力をアップする効果が期待できます。
夏の肌トラブルには週に一度のピーリングも有効

冷タオル

夏はお風呂上がりの火照った肌に冷タオルを当てて冷やすと、汗を抑えてくれるだけでなく入浴後の乾燥を防ぐのに効果的。水で冷やしたタオル(冷蔵庫で冷やすのもO.K!)がぬるくなるまで2~3分顔にのせておきましょう。朝のメイク前に冷タオルで冷やすと化粧ノリがアップしますよ。
夏の肌トラブルに冷タオルで引き締め

夏の肌トラブルは保湿を忘れずに

いかがでしたか? 今回は、夏に多い肌トラブルを防ぐための保湿ケアについてまとめました。汗ばむ夏はべたついた肌表面に気を取られて内部の肌が乾燥していることに気付かないものが多いもの。うるおっているように思っても洗顔後には必ず化粧水に乳液をプラスすることを忘れないようにしましょう。どうしてもべたつきが気になる人はサッパリタイプの乳液を選ぶといいですね。こうして夏こそしっかり保湿して肌トラブルを予防していきましょう。


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。