スキンケア

美容にも卵のチカラ!卵殻膜化粧品とは?

卵のチカラ!卵殻膜化粧品の効果とは?

卵が安くて美味しくて健康にいい食品であることはほとんどの人が知っていることでしょう。では、卵を活用した化粧品があることを知っていましたか? 卵を活用するといっても黄身や白身などの普段私たちが食べる部分ではなく“卵殻膜”と呼ばれる部分。あまり聞き慣れないですよね? 簡単に言うと“卵の薄皮”の部分のこと。ゆで卵をむくときに白い外側の殻の内側に薄い膜がついていますがこの部分を指しています。今回はそんな卵殻膜を使用した化粧品と効果についてまとめました。

卵は“完全栄養食”? 卵の栄養と効果
卵殻膜化粧品と効果について

卵殻膜ってどんなもの?

“卵殻膜”とは、固い卵の殻の内側にある薄皮で厚さはわずか0.07mmという薄い膜です。「こんな薄い膜に何か効果があるの?」と思うかもしれませんが、卵殻膜は卵が産まれてからヒナが誕生するまでの間ウイルスや菌などの外敵から内部を守る重要なはたらきがあります。さらに卵殻膜の成分はタンパク質で18種類ものアミノ酸やコラーゲン、ヒアルロン酸などが含まれていて卵の中のヒナの成長をサポートします。
卵殻膜は卵の薄皮でヒナを外敵から守る
卵殻膜を活用することは今に始まったことではなく、中国では400年以上も前から「創傷の治療薬」として文献に記されているほか、日本でも江戸時代から力士の傷口に卵の薄皮を貼って治療したといわれています。このように卵の薄皮“卵殻膜”のチカラは古来より知られていたのですね。


卵殻膜化粧品の効果

昔から卵殻膜が傷をいやす民間療法として使用されていたように、卵の薄皮部分には皮膚を再生させる素晴らしいチカラがあることは昔から知られていました。近年の研究では卵殻膜に含まれる成分の研究が進められ、卵殻膜には様々な美容効果があることが注目されるようになったのです。とはいっても、卵の薄皮をそのまま食べても卵殻膜は胃の中で消化・吸収されるわけではありません。そこで卵殻膜化粧品が効果的なのです。
卵殻膜の驚くべき美容効果とは?

型コラーゲンを増やして美肌効果

肌のハリやみずみずしさを保つために必要な成分といえば“コラーゲン”。実は、ひとことにコラーゲンといってもいくつもの種類があってそれぞれ働きが異なります。コラーゲンの中でも人の肌の7割を占めているのが“Ⅰ型”と“Ⅲ型”だと言われています。特にⅢ型コラーゲンはプルプルの柔らかいお肌を持つ赤ちゃんの肌に多く含まれていて“ベビーコラーゲン”とも呼ばれているコラーゲン。ところが年齢を重ねるとともに失われやすい成分なのです。

卵殻膜に含まれる18種類のアミノ酸は皮膚の“線維芽細胞”を活性化させてⅢ型コラーゲンの生成を促進する作用があります。こうして加齢によって減少していくⅢ型コラーゲンを増やし、失われがちな肌のハリや弾力がアップして美肌効果が期待できます。

コラーゲンを食べても効果がないって本当?
卵殻膜にはⅢ型コラーゲンを増やして美肌効果

18種類のアミノ酸でアンチエイジング効果

卵殻膜の主な成分はタンパク質。このタンパク質は人の髪の毛や皮膚の成分に近い18種類のアミノ酸から構成されていて肌にとても馴染みやすいといわれています。そんな卵殻膜を使用した化粧品はとても浸透しやすく、肌の真皮にある“線維芽細胞”にはたらきかけて“コラーゲン”以外にも“エラスチン”や“ヒアルロン酸”の生成をサポートする効果が期待されています。これらのうるおい成分はシワやたるみを予防し改善するアンチエイジング効果に役立ちます
卵殻膜には18種類のアミノ酸でアンチエイジング効果

シスチンで美白効果

卵殻膜に含まれる18種類のアミノ酸の中でも注目されている成分が“シスチン”です。シスチンはもともと人の肌にも存在するのですが卵殻膜には人の肌の5倍ものシスチンが含まれるといわれています。シスチンという成分は体内に入ると“L-システイン”という成分に変化します。L-システインは美白化粧品にも配合されているほど美白効果が高い成分。シミの原因となるメラニンの生成を抑えて肌のターンオーバーを促進して美白効果が期待できます

卵殻膜サプリという選択肢も

卵殻膜の成分を美容液やオールインワンジェルといった化粧品を直接肌に使用することもできるのですが、卵殻膜の成分をギュッと詰め込んだサプリメントも発売されています。卵殻膜に含まれるシスチンは人の髪の毛や爪などの“ケラチン”を構成するアミノ酸の一種で、髪のキューティクルを丈夫にしてハリやコシのある美髪を保ったり美しい爪をキープしたりする効果が得られます。卵殻膜サプリでなら化粧品では直接塗れない髪や爪、ケアが難しい眉毛やまつ毛などにも効果を得ることができますよ。

  • サプリには即効性がないので、効果が出るまでに最低でも3ヶ月以上継続する必要があります。
  • 気長に続けてカラダの内側から美容効果を得るようにしましょう。

卵殻膜化粧品で美肌効果を得よう

いかがでしたか? 今回は私たちの身近にある“卵の薄皮”部分である卵殻膜を使用した化粧品の効果についてまとめました。厚さ0.07mmという薄い膜なのに皮膚を再生するという驚くべきパワーを秘めた卵殻膜。18種類のアミノ酸が含まれていて肌のハリや弾力をアップさせるⅢ型コラーゲンを増やす美肌効果、うるおい成分をアップさせてシワやたるみを予防するアンチエイジング効果、体内でL-システインに変化してシミやソバカスを予防する美白効果など色々な効果が期待できそうです。卵の薄皮をそのまま食べても消化できずせっかくの効果を発揮できないので化粧品やサプリの状態で活用したいですね。


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。