スキンケア

秋の季節の変わり目-肌トラブルと対策

秋の季節の変わり目の肌トラブルの原因と対策

暑かった夏がようやく過ぎて涼しくなってきました。このように季節が秋めいてくると秋の新色コスメを買いに出かけたくなりませんか? ふと鏡を見てみると何となく肌がくすんで見える、肌が荒れている・・・などの肌トラブルに気がつくことがあるかもしれません。そう、秋の季節の変わり目は肌がデリケートになっていて、肌荒れやゴワつきなどの肌トラブルが増える時期なんです。今回は、そんな秋の季節の変わり目の肌トラブルの原因と対策についてまとめました。

季節の変わり目の「ゆらぎ肌」とは?-原因と対策
秋の季節の変わり目の肌トラブルの対策とは

秋の季節の変わり目-肌トラブルの原因

夏の終わりから秋にかけての季節の変わり目にはこの時期特有の肌トラブルがあります。

紫外線ダメージ

初夏から夏の間ずっと浴び続けた紫外線。秋になると夏の間に肌に受けた紫外線の影響が積み重なって肌トラブルになります。「私は毎日外出する時には日焼け止めを塗っていたから大丈夫」と思うかもしれませんが、汗をかいた後にこまめに塗り直していない場合や曇り空だからと油断していると紫外線を十分にカットできていない可能性があります。こうして積み重なった紫外線ダメージは肌のくすみとなって表れやすくなります。そのまま放置していると色素が沈着してシミやソバカスになります。

美肌の大敵!紫外線対策をしっかりと
秋の肌トラブルの原因は紫外線疲れ

気温低下

秋の季節の変わり目は寒暖差が激しくなって一日のうちでも朝晩は昼間から一気に気温が下がって寒くなりますし、秋が深まるにつれてどんどん気温が下がっていきます。このように気温が低下してくると血行が悪くなりやすく肌のくすみが生じやすくなります。さらに血行が悪くなると肌のターンオーバーが乱れるため肌に古い角質が溜まりやすくなって肌のゴワつきやニキビができやすくなります。
秋の季節の変わり目は気温の急激な変化

秋の乾燥

秋が深まるにつれて空気が乾燥しやすい季節。それによって肌の水分も奪われて肌のバリア機能が低下しやすくなります。肌の乾燥は肌荒れやカサつきなどの肌トラブルだけでなく、バリア機能の低下で外部からの刺激物をはねのけることが難しくなって、今までと同じようにスキンケアしていてもヒリヒリしたりかぶれたりする敏感肌に移行しやすくなります。
秋の肌トラブルの原因はターンオーバーの乱れ
また、乾燥して肌に水分が少なくなると肌のハリや弾力の元となる成分「ヒアルロン酸」や「セラミド」といったうるおい成分が不足して細胞の間にすきまができしまい、ハリや弾力が失われてシワやたるみの原因にもなります。

肌のターンオーバーを正常にするための生活習慣

秋の花粉

花粉といえば春のイメージがあるかもしれませんが、秋にはヨモギやブタクサといったキク科の植物やススキなどのイネ科の植物の花粉が多く飛散しています。季節の変わり目で肌のバリア機能が低下した状態ではこれら秋の花粉が皮膚に侵入して、肌のかゆみ・赤み・肌荒れといった肌トラブルが生じることがあります。しっかりスキンケア対策をしているのに秋に原因不明の肌荒れが現れる場合は花粉の可能性も疑ってみましょう。

花粉が肌トラブルの原因になる?
秋の肌トラブルの原因は秋特有の花粉

秋の季節の変わり目-肌トラブルの対策

お肌にも夏の疲れが残っている秋の季節の変わり目。肌はとってもデリケートになっていますから肌トラブルを悪化させないためにもしっかり対策していきましょう。

夏のダメージを回復する美白ケア

夏の間は美白化粧品を使っていた人も、夏の終わりから秋になるとUVケアをやめてしまうことがあります。ところが夏に浴びた紫外線が肌に表れるのは肌のターンオーバーの周期で約一か月後、秋の季節の変わり目にくすみやシミとなって表れるのです。ですから美白ケアは夏だけでなく秋の終わりごろまでしっかり行うことがポイント。肌内部のメラニン色素を定着させず速やかに排出できるようにシートマスクなどのスペシャルケアもおすすめです。

憧れの美白肌!美白化粧品の選び方
秋の肌トラブルにはスペシャル美白ケア

乾燥を防ぐ保湿ケア

乾燥は肌のかさつきや肌荒れだけでなく、シワやたるみなどあらゆる肌トラブルの原因になります。人の肌には“角質層”と呼ばれる薄い膜があって、肌の内側の水分が外に逃げないように保護する役割があります。秋の季節の変わり目は乾燥しやすい季節なので夏と同じようなスキンケアでは不十分です。夏はサッパリした化粧水や乳液を使っていたならしっとりタイプのものに切り替えましょう。乾燥が気になる人はクリームをプラスするのもおすすめです。このように保湿ケアをしっかりすることによって肌のバリア機能が向上し、外部からの刺激に強い肌になることができます。
秋の肌トラブルには保湿ケアをしっかりと

敏感肌用化粧品に変える

秋の花粉などで肌が敏感になっているなら、いつもの基礎化粧品を敏感肌タイプに切り替えるのもいいでしょう。あれこれと化粧品を変えるよりもシンプルなケアがおすすめ。何よりも保湿を重視してセラミドやヒアルロン酸などが配合されたシンプルで肌にやさしい化粧品を選ぶようにしましょう。特に洗浄力の高いクレンジングや洗顔は肌に負担がかかるため、できるだけ肌への負担が少ないタイプを選びましょう。
秋の肌トラブルには敏感肌用化粧品を

週に一度のスペシャルケア

夏の紫外線ダメージなどが積み重なって肌の角質が厚くなってしまった肌のゴワつきなどの場合、古い角質が化粧水の浸透を邪魔してしまいスキンケアの効果が低くなることがあります。そんな時には古い角質を取り除くスペシャルケアがおすすめ。酵素配合の洗顔料を使用したり、“AHA”や“フルーツ酸”配合のピーリングジェルを活用したりして古い角質をやさしく取り除き肌を柔らかくしてあげましょう。こうして化粧水や美容液の浸透力をアップさせることができます。
秋の肌トラブルには週に一度のスペシャルケア

秋の季節の変わり目はスキンケアで美肌を

いかがでしたか? 今回は肌がデリケートになりやすい秋の季節の変わり目の肌トラブルの原因と対策についてまとめました。涼しくなって過ごしやすい秋ですが肌にとっては一気に気温が下がったり乾燥したり・・・過酷な時期です。おまけに夏の紫外線ダメージも残っています。この季節には美白アイテムで紫外線ダメージを少しでも修復することや保湿ケアで肌バリアを向上させるのがポイント。あまり肌に負担を掛けずにシンプルなケアを心がけたいですね。


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。