スキンケア

肌荒れの赤みや湿疹を治す方法

肌荒れのない女性

女性なら誰でも肌を美しい状態にするために努力しているのではないでしょうか? お化粧する時に肌のコンディションが悪いと、その日一日のテンションが下がるものです。ところが、冬場や季節の変わり目などは、いつものケアをしていても肌荒れが生じて顔の赤みや湿疹などの肌トラブルを起こしやすい時期です。少し前まで同じスキンケアで問題なかったのに、急に肌が荒れて赤みや湿疹が出てくるのはなぜでしょうか? 今回は、そんな肌荒れ時のスキンケアと肌荒れを治す方法について考えます

乾燥しやすい冬のスキンケア 洗顔編
肌荒れを予防するスキンケアとは?

肌荒れで赤みや湿疹を引き起こす原因

肌荒れの赤みや湿疹の原因は一つだけではありません。これらの症状が現れる場合には何らかの理由で肌を守るチカラが低下していることが考えられます。それにはどんな原因があるのでしょうか?

乾燥肌のクレンジング-選び方

乾燥

肌の表面にある「皮膚膜」という部分は外からの刺激から肌を保護する「バリア機能」があり、肌にうるおいを与えて弾力や柔軟性を与えたり、異物や細菌が皮膚に侵入することから守ったり、熱さや寒さから肌を保護したりして肌荒れを防ぐはたらきがあり「天然の保湿クリーム」とも呼ばれています。ところが肌が乾燥にさらされると水分が奪われて皮膚膜のバリア機能が低下していき、外部の刺激から肌を保護することが難しくなるのです。そうすると肌が無防備な状態になって健康な肌なら刺激と感じないような些細なことでも刺激を感じダメージを受けて荒れてしまいます。こうして肌のかゆみやピリピリとした刺激、湿疹や痛みなどを感じて肌荒れが生じてしまいます。
肌荒れと赤みの原因は水分の蒸発

皮膚の炎症

乾燥などによって肌を守る「バリア機能」が低下したり、季節の変わり目などで体調やホルモンバランスが崩れたりすると本来は侵入することができない花粉などの外部からの異物が皮膚に侵入しやすくなります。このように異物が侵入するとカラダの免疫システムは異物を攻撃するようになり、表皮細胞に「炎症増悪タンパク質」と呼ばれる物質が増加して、肌に赤みやかゆみ、湿疹などのアレルギー反応が起こして肌荒れが生じます。さらにかゆいからといって肌を掻いたりこすったりしていくといっそう肌が過敏になりスキンケア商品がしみたり湿疹ができたりするのです。
肌荒れの原因はバリア機能による皮膚の炎症

間違ったスキンケア

美肌への関心が高い人の中には、過剰なスキンケアのせいで肌荒れなどのトラブルを招く場合があります。毛穴の汚れや古い角質を落とすために毛穴パックピーリングをやり過ぎると健康な角質層まで無理に剥がすことになりバリア機能を低下して肌荒れが生じやすくなります。また、洗顔する時のお湯が熱かったり、洗浄効果が高すぎるクレンジング剤を使っていたリ、タオルでゴシゴシ顔を拭いたり・・・このような間違ったスキンケアが肌への刺激を与えバリア機能が低下して肌荒れが生じます
肌荒れの原因は間違ったスキンケアと刺激

効果的な対処方法

スキンケア製品の見直し

肌荒れで赤みや湿疹ができたら肌が敏感になっている証拠です。これまでに使用していたスキンケア製品を見直してみましょう。敏感になっている肌にはうるおいをできるだけキープして肌が自己再生できるように促すことが重要。洗顔料には合成界面活性剤が入っていない無添加の固形石鹸、化粧水や乳液などのスキンケア製品には「敏感肌用」「高保湿タイプ」などを選ぶといいでしょう。肌荒れの状態にはあれこれと配合された商品よりも、余計な成分が配合されていない無添加でシンプルなスキンケアを選ぶようにしましょう。保湿成分としては「セラミド」が配合されているものがおすすめ。セラミドには肌の炎症を抑える働きや保湿効果・バリア機能の両方に優れているので乾燥肌の保湿におすすめです。

その化粧品本当に安心?-オーガニック化粧品の選び方
肌荒れの改善にはスキンケア商品の見直しが必要

肌への刺激を避ける

肌が荒れている時にはなるべく刺激を与えないことも大切です。かゆみが強い時にはワセリンを塗って肌表面を保護して外部刺激から保護してあげるようにしましょう。また肌に赤みや湿疹がある場合にはできるだけメイクを控え、必要な時でも軽めのシンプルなものにして帰宅後はなるべく早く落とすようにします。濃いメイクをすると洗浄力の高いクレンジング剤を使う必要がありますから肌にとっては強い刺激になってしまいます。

洗顔の際もしっかりとホイップした泡で優しく洗い、32℃ほどのぬるめのお湯で優しく洗い流すことが大切です。紫外線も肌荒れなどのトラブルを悪化させる原因です。日傘や帽子、肌に刺激の少ない日焼け止めを塗るなどのUV対策を忘れないようにしましょう。

美肌の大敵!紫外線対策をしっかりと
肌荒れの改善には日傘などの紫外線対策を忘れないこと

正しい生活習慣

肌荒れの赤みや炎症は肌のバリア機能が低下し、外部からの有害刺激が肌に侵入することに原因があります。肌荒れの改善にはスキンケアだけでなく正しい生活習慣によってカラダの内側からも肌のバリア機能をアップさせることが大切です。例えば“睡眠”は、寝ている間に成長ホルモンが分泌されて肌の内側の傷ついた細胞を修復・再生する大切なはたらきがあります。忙しいからといって睡眠をおろそかにしていると、肌の修復が十分に行えなくなって肌がボロボロになりやすいのです。夜更かしをせず質の高い睡眠時間を確保するようにしましょう。

また、栄養バランスの良い食事はカラダの中からバリア機能を高めるうえで欠かせません。なかでも丈夫な肌の形成や肌のターンオーバーに役立つ「ビタミンA」、抗酸化作用が高い「ビタミンC」、他にも「ビタミンB群」「タンパク質」などを含む野菜や魚などを中心にしたバランスの取れた食事が大切です。

肌荒れに効果があるおすすめの食べ物
肌荒れのスキンケアとバランスのいい食事

バリア機能を高めて健やかな肌へ

いかがでしたか? 肌荒れの赤みや湿疹は肌のバリア機能が弱っているサインです。少しでも肌への負担を減らすためにスキンケアを見直したり生活習慣を改善したりして、外側からのケアだけでなくカラダの内側からもケアしてあげることが大切です。肌は外側からスキンケアをすればいい、というわけではないのです。ストレスや睡眠不足といった一見なんの関係もなさそうなところから気をつける必要があります。これらのケアはクスリのようにすぐに肌荒れの症状が改善するわけではありません。「早く何とかしたい」と焦るのも分かりますが肌を改善するには時間がかかります。根気よくお手入れを続けてバリア機能が回復させていきましょう。

ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。