スキンケア

気になる顔の乾燥-原因は体質だけではなかった!~スキンケア編~

乾燥肌は体質だけではない-スキンケアも重要

常に肌が乾燥してカサカサする、一生懸命スキンケアをしても改善されない・・・という悩みを持つ人は多いのではないでしょうか? 「こんなに対策しても乾燥が治らないのだから体質に違いない」とあきらめていませんか? 乾燥肌はスキンケアだけでなく体質から改善する必要がある人もいるかもしれませんが、ちょっと待ってください。良かれと思ってケアしている乾燥対策が乾燥を悪化させていることもあるのです。そこで今回は、顔の乾燥の原因と対策についてまとめました。

気になる顔の乾燥-原因は体質だけではなかった!~生活習慣編~
気になる肌の乾燥はまるで砂漠のようにカラカラ

肌が乾燥する原因

肌の乾燥の中には冬場や季節の変わり目など、一時的に乾燥する“季節性の乾燥”があります。これは気温の激しい変化や環境の変化によって肌のバリア機能が一時的に低下し、通常のスキンケアではカバーしきれなくなり乾燥してしまう状態です。

一方、季節を問わず一年中肌が乾燥してカサカサするのは“慢性的な乾燥”で、体質的な要因の他にもさまざまな原因が考えられますしスキンケアの方法も異なります。

肌の乾燥は季節性と慢性の二種類
こんなスキンケアしていませんか?

乾燥が気になる人は誰でも、少しでも乾燥肌を改善しようと自分なりに対策しているものです。その乾燥対策がかえって乾燥肌を悪化させていることもあることをご存知でしたか? 自分にも思い当たることがないかチェックしてみてくださいね。

クレンジング-適当に選んでいない?

乾燥肌の人の多くは保湿のことを考えて化粧水や乳液などを慎重に選ぶもの。ところが意外とクレンジングや洗顔料などのスキンケア商品は適当に選んでいることが多いのです。クレンジングにも種類があって、濃いメイクまでしっかり落とせる洗浄力が高いものから肌に優しい洗浄力低めのものまで色々あります。普段はナチュラルメイクなのに、自分が使用しているクレンジングが必要以上に洗浄力が高すぎることはありませんか? メイク汚れだけではなく肌に必要な皮脂まで奪い乾燥を悪化させているのかもしれません。

乾燥肌対策としては自分のメイクにあったクレンジングを慎重に選びましょう。
乾燥肌対策には自分に合ったクレンジングを選ぶこと
乾燥肌のクレンジング-選び方

洗顔時のお湯の温度-熱すぎない?

乾燥肌の人はクレンジングや洗顔の際、すすぎのお湯の温度に気をつけていますか? 入浴時に洗顔をすることは問題ないのですがシャワーのお湯をそのまま使っていませんか? シャワーの設定温度が40℃以上の高い温度では肌のうるおい成分「セラミド」のはたらきを弱め、肌の乾燥を悪化させてしまうのです。また、シャワーの水圧がデリケートな顔の皮膚に刺激が強すぎることでも肌を乾燥させていきます。

乾燥肌対策として、すすぎのお湯は32℃前後のぬるめのお湯でやさしく洗い流しましょう。
乾燥肌対策のスキンケアとシャワーの温度

フェイスパック-正しく使用している?

最近では特別なスキンケアとして悩み別にたくさんの種類のフェイスパックが手に入るようになっています。通常のスキンケアにプラスすることで肌にうるおいを与え乾燥肌対策になるフェイスパックですが、使い方を間違えると乾燥の原因になってしまいます。フェイスパックは水分がたっぷり含まれているから・・・といって洗顔後何もつけずに直接肌にのせていませんか? またフェイスパックを長くのせておくほうが肌にいいと考えて長時間放置しておくと、パックが乾燥していき肌の水分まで奪われてかえって乾燥してしまいます。

乾燥肌対策にフェイスパックを使用するなら、洗顔した後の乾燥しやすい肌に直接パックせずに美容成分が吸収されやすいように先に化粧水などで肌を整えておきましょう。また、パッケージに記載されている時間を守るようにしましょう。
乾燥肌のフェイスパックは間違えるといっそう乾燥させるので注意

乾燥対策のミスト化粧水

乾燥したオフィスなどで仕事していると顔が乾燥して肌がカサついてくることがあります。そんな時にミスト化粧水を上からシュッと吹きつけると、肌がうるおって乾燥対策効果があると感じるかもしれません。ところがミスト化粧水の中には、ほとんどが水分で保湿成分が含まれていない商品もあります。その場合ミストを吹きつけた直後にはうるおって乾燥がなくなったように感じても、ミストの水分が蒸発する時に肌の水分まで蒸発させてしまいかえって乾燥を促進する可能性があります。

乾燥肌対策にはうるおったように感じる化粧水だけではなく乳液やクリームなどが必要です。
乾燥肌用化粧品に配合されているとうれしい保湿成分
乾燥肌対策とスキンケア-ミスト化粧水

一度スキンケアを見直してみよう

いかがでしたか? 今回は、体質だと思っていた乾燥肌の原因が、もしかすると間違ったスキンケアが原因かもしれない可能性について考えました。長年同じスキンケアを続けていると自分が行っている乾燥対策の間違いに気づかないものです。今まで使っていたクレンジングや洗顔料などスキンケア商品が肌のうるおいまで奪って乾燥させていたのかもしれません。また良かれと思ってフェイスパックも使い方によっては乾燥を悪化させてしまいます。まずは自分のスキンケア方法を見直して正しい乾燥対策を実施してみましょう。少しづつ乾燥肌が改善されるかもしれませんよ。


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。