スキンケア

気になる肌の乾燥-改善方法とは?

しっかりスキンケアをしているつもりなのに顔の乾燥が気になる…。ある調査によると日本人の8割以上は肌の乾燥に悩まされているといわれています。年齢を重ねるといっそう“カサつき”や“肌のつっぱり感”を感じる人が増えてきます。乾燥肌はシミやくすみなど肌の老化を早めることになりますので早く対策をしておきたいところですね。そこで今回は、気になる肌の乾燥を改善する方法についてまとめました。

肌にやさしい化粧品の選び方
乾燥肌対策には内側と外側の両方のケアが必要

乾燥肌-改善方法

1. 正しいスキンケア

乾燥肌対策の第一歩は今までのスキンケアを見直すことです。スキンケアは毎日繰り返すものですから正しい方法でケアすれば肌が少しずつ改善されていくことでしょう。

洗顔

乾燥肌対策として大切なのはできるだけ肌に刺激を与えないことです。クレンジングや洗顔料に含まれる洗浄成分「界面活性剤」は肌に負担となります。乾燥を防ぐためには、汚れ落ちの良さだけを重視せずに肌への優しさに配慮した商品を選びましょう。クレンジングはミルクタイプやクリームタイプがおすすめです。洗うときも肌を手がなるべく直接触れないように、たっぷりの泡で包み込むようにするのがコツ。すすぎのお湯もぬるま湯で優しく洗い流します。タオルでふき取るときもゴシゴシこすらず肌にそっと押すだけで十分です。洗顔のどの過程でも肌への刺激がないように気をつけることが大切です。
乾燥肌の改善には肌にやさしい洗顔ケアが必要
人気の「オイル美容」-美容オイルの使い方

しっかり保湿

乾燥肌対策として次に重要なのは洗顔後の保湿。洗顔した後は肌がとても乾燥しやすい状態です。タオルで水分を拭き取ったらすぐに保湿ケアをしましょう。化粧水を手のひらにとって少し温めてから顔につけるといっそう肌に浸透しやすくなります。パシャパシャと肌に叩きつけるのはNG! 肌全体になじませたら手のひらで顔を覆ってハンドプレスしましょう。

化粧水で肌がうるおったように見えてもそのままではすぐに蒸発して乾燥していきます。美容液でさらに肌にうるおいを与えてから必ず乳液かクリームで水分を閉じ込めてあげましょう。「乾燥が気になるから適量よりもたっぷり」というよりも、それぞれの過程をていねいになじませていくほうが効果的です。
乾燥肌の改善にはしっかりとした保湿ケアが必要
発酵化粧品の美肌効果とは?

2. 正しい生活習慣

乾燥肌対策にはスキンケアだけでなく毎日の何気ない生活習慣を見直すことも大切です。自分に当てはまる点はないか見直してみましょう。

質の高い睡眠

乾燥肌の人はスキンケアを意識していても生活習慣がおろそかになっていることがあります。特に不規則な生活や睡眠不足は乾燥肌の大敵です。寝ている間に分泌される「成長ホルモン」は、私たちの細胞を修復したり新しい細胞を作り出したりする大切なはたらきがあります。こうしてダメージを受けた肌が回復してくれるのです。成長ホルモンは深い睡眠“ノンレム睡眠”の時に多く分泌されますから質の良い睡眠が欠かせません。寝る直前までスマートフォンやパソコンなどの光の刺激を受けると、深い睡眠に入ることができません。寝る前にリラックスする時間を取り、ぐっすり眠る工夫をしましょう。

美肌になるためには睡眠が大切-美肌と睡眠の関係
乾燥肌の改善には質の良い睡眠が欠かせない

ストレス解消

乾燥肌は肌のバリア機能が低下した状態です。実は人はストレスにさらされると血管が収縮して肌のターンオーバーが乱れ、肌のバリア機能が低下するだけでなくセラミドなどの肌の保湿成分が減少してしまいます。さらに、ストレスによって肌を美しく保つために必要な女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が減少すると、肌のうるおいを保つことが難しくなり肌の乾燥が進んでいきます。ストレスのない生活は不可能ですが、ゆっくりお風呂に入ったりお気に入りのアロマを生活に取り入れたり…。自分なりのストレス解消法を見つけるようにしましょう

忙しい女性の味方!時短コスメの選び方
乾燥肌改善にストレス解消

適度な運動

意外かもしれませんが、乾燥肌対策と運動には大きな関係があります。運動不足になるとカラダ全体の代謝が悪くなり血行の悪化によって肌のうるおい成分が十分に行きわたらなくなってしまいます。また新陳代謝が悪くなると肌のターンオーバーも乱れ肌が乾燥しやすくなるのです。運動といってもハードなものでなくてもウォーキングやストレッチなどでもいいでしょう。歩いて買い物に行く、駅まで歩く、エスカレーターのかわりに階段を使うなど、日常生活に少しずつ取り入れていくだけでも効果がありますよ。

女性の筋トレ-プロテインって必要?
乾燥肌の改善に適度な運動を取り入れよう

バランスの良い食事

肌のうるおいやバリア機能を高めるためには栄養のある食事を取る必要があります。毎日忙しいからといってコンビニ食やインスタント食品が多いとカラダや肌に必要な栄養素が足りなくなってしまいます。肌のターンオーバーを正常にするタンパク質や、肌の乾燥を防ぐ効果がある「ビタミンA」、健やかな肌に欠かせない「ビタミンB群」、若返りのビタミンとも呼ばれる「ビタミンE」など、乾燥肌対策に積極的に摂りたい栄養素がたくさんあります。ダイエットする時でも栄養が偏ったり極端に少なくなったりしないようにバランスの良い食事を心がけましょう。また、生野菜や果物などカラダを冷やすものをたくさん食べると冷えを招き乾燥しやすくなるので注意が必要です。

美肌とアンチエイジングに青汁!その効果とは?
乾燥肌にいい食材

水分摂取

乾燥肌の原因はカラダの水分不足かもしれません。人のカラダの60%は水分だといわれています。ところが喉が渇いていなくても知らないうちにカラダの水分が失われているのです。例えば、エアコンの効いた室内では空気が非常に乾燥しているため、汗をかいていなくても水分が奪われていくのです。冬場など喉が渇いていないからといって水分を補給しなければ水分不足になっているかもしれません。意識して水を飲むことでカラダの細胞に水分が行き渡りうるおいのある肌になっていきます。1日の目安は1~1.5Lで少量ずつ分けて飲むのがおすすめ。カフェイン入りの飲み物は避けカラダを温める白湯か水、ハーブティーを飲みましょう。

水を飲んで美肌に-あなたは足りている?
乾燥肌の改善には適度に水を飲むことが重要

乾燥肌はカラダの外側と内側、両方から改善しよう!

いかがでしたか? 乾燥肌対策というとどうしてもスキンケアの部分に力が入るものですが、日々の生活習慣や食生活、水分補給などカラダの内側のケアも欠かすことができないようです。これらのケアは毎日コツコツと継続することで初めて効果があらわれるものです。体質を改善する気持ちで気長に取り組むといいですね。できることから取り入れて乾燥に負けないうるおい肌を手に入れたいですね。


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。