美白

美肌の大敵!紫外線対策をしっかりと

色白になる方法-紫外線対策

美肌を目指す皆さん、紫外線対策は忘れずにできていますか? 「紫外線が美肌によくないことは分かるけど、夏だけでいいんじゃない?」と思っている人も多いかもしれません。「紫外線=日焼け」ということを考えると、夏の強力な日差しを避ければ大丈夫だと思えるかもしれませんが、紫外線が肌に与えるダメージはそれだけではないのです。今回は、美肌と紫外線の関係と対策法についてまとめました。
美白肌のためには紫外線対策が欠かせない

紫外線が肌に与える影響とは?

光老化とは?

紫外線が肌に与える影響と聞くと、日焼けしたり色が黒くなったりすることを思い浮かべるかもしれませんが、紫外線の深刻な影響は肌を老化させる「光老化」と呼ばれる現象を引き起こすところにあります。「光老化」は、老化現象の原因の約80%にも及ぶとされていて、加齢による“自然老化”の何倍もの影響を与えているのです!これまで「年齢だから仕方がない・・・」と思っていたシミ・くすみ・シワ・たるみ・キメの乱れなどの美肌を損なう“エイジングサイン”のほとんどが紫外線の影響だったのです!驚きですね。
憧れの美白肌!美白化粧品の選び方
光老化と美白と紫外線の関係

紫外線の波長は2種類

ひとことに“紫外線”といっても地上まで届く紫外線には、「長波紫外線・A波(UV‐A)」と「短波紫外線・B波(UV‐B)」の二種類あり、それぞれ肌に与える影響も異なります。

「UV-A」が肌に与えるダメージ

「UV-A」は地上に届く紫外線の約95%を占めているといわれています。UV-Aを浴び続けると多くの人がイメージしている通り、メラノサイトが活性化して肌が黒くなったり色素沈着を起こしたりしてシミ・そばかす・くすみの原因になります。さらにUV-Aの特徴は雲やガラスも通過するため、曇りの日や室内でも降り注いでいること。そして肌の表皮も通過して肌の奥にある「真皮」にも到達することができます。こうして真皮にまで到達したUV-Aは、真皮の中に存在し肌の土台となって肌の弾力やハリを保つ「コラーゲン」や「エラスチン」という成分にダメージを与え、それが蓄積されることでシワやたるみを生じさせます。
紫外線が肌に与える光老化の種類

「UV-B」が肌に与えるダメージ

「UV-B」が地上に届くのは紫外線の約0.5%と少なめですが、肌に与える作用がとても強力な紫外線です。UV-Bを肌に浴びると表皮は炎症を起こし、肌が赤くなったり場合によっては水ぶくれを引き起こしたりしていわゆる“サンバーン”状態になります。その後メラニン色素が沈着して褐色になるいわゆる「サンタン」状態になり、シミやソバカスの原因になります。さらにUV-Bはガラスなどを通過することができませんが、表皮の「基底層」に到達して細胞にダメージを与えDNAを傷つけてシミや皮膚ガンの原因になることもあります。

紫外線対策をしよう!

いくら紫外線が肌に良くないといっても、まったく外に出ないようにするのは現実的ではありません。外に出るときには忘れずに紫外線対策をして出かけるようにしましょう。

紫外線対策はいつから?

日傘をさしたり日焼け止めクリームをしっかり塗ったりするのは夏の間だけ、という人はいませんか? 実は、紫外線量が増えるのは3月からだといわれています。3月というと日差しがポカポカして気持ちがいい季節ですが、この時期に紫外線対策をせずに外に出ると肌には確実に紫外線ダメージが降り注ぎます。その後8月頃にはピークを迎えるのですが、近年では温暖化も進み10月や11月まで日差しが強いものです。紫外線は曇り空でも降り注いでいますから、梅雨時の曇っている日でも対策が欠かせません。できれば美肌のために一年中紫外線対策を忘れないようにしたいものです
美白のために紫外線対策は一年中

紫外線対策の方法

日焼け止めを塗る

日常の紫外線対策として最も手軽に行えるのは日焼け止めを塗ることです。ただ、日焼け止めの強さを表す「SPF」とか「PA」という表示、数字が大きければいいわけでもないのです。「SPF」が高い日焼け止めは効果が高い分配合される成分も強くなり、肌への負担が多くなります。買い物やちょっとした外出なら「SPF」の少ないものを選び、こまめに塗るほうが肌に優しく効果的です。

日焼け止め-どうやって選ぶ?
紫外線対策の方法のひとつは日焼け止めクリームを塗ること

UV対策グッズを使用する

日焼け止めを塗っていても、外にいる時間が長くなると紫外線の影響を受けてしまいます。日傘帽子で顔周りに注ぐ紫外線をシャットアウトしましょう。さらに忘れがちなのが家の中です。「UV-A」は窓ガラスを通過して部屋の中にも届いています。家の中でも日焼け止めクリームを塗るか、UVカット効果があるレースカーテンを使用する、または窓にUVカットフィルムを貼るなどの対策をしましょう。
美白にはあらゆる紫外線対策が重要

紫外線対策で美肌をキープしよう!

いかがでしたか?今回は紫外線と美肌の関係についてまとめました。「美肌の敵」ともいわれる紫外線ですが、夏場だけではなく冬も曇りの日も一年中降り注いでいます。しかも「UV-A」は曇っていても部屋の中でも通過し、肌にダメージを与えているのです。また紫外線は肌の色を黒くしてシミやくすみの原因になるだけでなく、シワやたるみなどの「光老化」を引き起こす大きな要因にもなります。化粧品によってエイジングケアをすることも大切ですが、老化の原因になる紫外線対策をしっかり行うことが何よりも重要です。一年中紫外線対策をして数年後・数十年後の美肌をキープしていきたいですね。

話題の飲む日焼け止めサプリ-本当に効果あるの?


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。