美白

日焼け止め-どうやって選ぶ?

太陽に負けない女性

一年中降り注ぐ紫外線は肌に大きなダメージを与えシミなどの原因になるだけでなく、シワやたるみなど「光老化」の原因になります。これらを防ぐためには夏のレジャーだけでなく日常から日焼け止めを塗って対策したいものです。ところで、日焼け止め商品に記載されている「SPF」や「PA」などの意味を知っていますか?「とにかく数値が高いものを・・・」という基準で選ぶと肌トラブルの原因になることもあります。そこで今回は、たくさんある日焼け止めの選び方についてまとめました。
紫外線対策には日焼け止めを忘れずに

「SPF」・「PA」ってどういう意味?

「SPF」は“サン・プロテクション・ファクター”の略で、主にシミやそばかす、皮膚ガンの原因となる紫外線B波「UV-B」を防ぐ効果を表す数値のことです。数字が大きいほど肌の炎症を遅らせる効果が高くなります。日本人は紫外線を浴びて肌が赤くなるまでに15~20分ほどかかるといわれています。「SPF」の後ろの数字は、日焼け止めを塗らない時と比べてどれくらい肌が赤くなるまでの時間を遅らせることができるかということを意味しています。例えば「SPF30」は、日焼け止めを塗らない時より30倍の時間日焼けが始まるのを遅らせることができるということです。
日焼け止めクリームの選び方
「PA」は“プロテクション・グレイド・オブ・UV-A”の略で、肌を黒くしてくシミ・そばかす・くすみの原因となる紫外線 A 波「UV-A」を防ぐ効果を表します。「UV-A」は曇りの日や室内にも届き、肌の奥にある「真皮」にある「コラーゲン」や「エラスチン」にダメージを与えてシワやたるみの原因になりますから、日焼け止めでカットしたいものですね。表示は「PA+」から「PA++++」と4段階があり、+マークが多いほど効果が高くなります。


どういう基準で選べばいいの?

さて、「SPF」や「PA」の意味が分かったところで「とりあえず数値の高いものを選ぼう」と思いましたか?ちょっと待ってください! 数値が高ければ高いほどいいというものではありません。日焼け止めには「紫外線散乱剤」と呼ばれる成分と「紫外線吸収剤」と呼ばれる成分の大きく分けて2種類があるのですが、なかでも「SPF」の数値が高いものには紫外線防御力が高い「紫外線吸収剤」が多く配合されています。「紫外線吸収剤」は肌に刺激を与えることもあり肌荒れや乾燥など、肌への負担が大きいといわれています。

その日焼け止めクリームに含まれているかも?-肌に良くない成分

シーンによって使い分けよう

「SPF」の数値を選ぶときに基準となるのは“紫外線の量”です。海水浴やプールなどアウトドアのレジャーなら「SPF」の数値が高い日焼け止めを使用すると効果的です。いくら「SPF」や「PA」の数値が高くても汗や水濡れなどで流れるので、2~3時間ごとにこまめに塗り直すようにしましょう。また、日常の買い物や通勤、ちょっとした外出などの場合は「SPF」や「PA」の数値が低くても十分効果が得られます。
日焼け止めはシーンによって使い分けることが大切

日焼け止めの目安
  • 海や山でのレジャー・長時間の外出 → SPF30~50 PA+++~PA++++
  • 屋外でのレジャー・スポーツ → SPF20~30  PA++~PA+++
  • 通勤・買い物・家事・近所への外出 → SPF15~20  PA+~PA++

上記を目安に、自分の肌の状態や目的に合わせた日焼け止めを選ぶようにしましょう

試し塗りをしてから購入する

いざ日焼け止めを購入する前には、店頭のテスターかサンプルで試し塗りしてみましょう。日焼け止めに含まれている成分の中には肌への刺激になったり、敏感肌に合わなかったりする可能性があります。また、試し塗することで肌への塗り心地も確認することができます。特にアトピー性皮膚炎やアレルギーがある人は症状が悪化する場合があるので、皮膚科で相談するようにしましょう。
日焼け止めクリームはテスターで試してから選ぶ

日焼け止めを上手に使って紫外線対策を!

いかがでしたか? 今回は日焼け止めの選び方についてまとめました。これまで「SPF値が高い日焼け止めを購入しておけば安心」と思っていませんでしたか?いくら紫外線を防ぐ効果が高くても、肌に大きな負担を与えるようでは意味がありません。海や山でのレジャーのような強い紫外線を浴びるわけではないのに、普段から「SPF」や「PA」の数値が高すぎるものを使用すると肌への負担が大きくなります。それよりも「SPF」や「PA」の数値が低めでもこまめに塗り直すほうが効果的です。日傘や長袖の服、帽子なども活用して紫外線対策をしっかりとしていきたいですね。


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。