美白

飲む日焼け止めサプリ - 本当に効果ある?

日焼け止めサプリと紫外線

美肌を心がける女性にとって紫外線対策は欠かせません。紫外線は一年中降り注ぐものですから日焼け止めなどで毎日対策したいものです。“日焼け止め”で思い浮かぶのはクリームやジェル、ミルクタイプといった「塗る日焼け止め」ではないでしょうか? そんな中、ここ数年日本でも広がってきている“飲む日焼け止めサプリ”をご存知でしたか? サプリを飲むだけで日焼け止め対策ができるなんて驚きですよね? 今回は、そんな飲む日焼け止めサプリの効果についてまとめました

美肌の大敵!紫外線対策をしっかりと
飲む日焼け止めサプリで紫外線対策をしよう

「飲む日焼け止め」とは?

「飲む日焼け止めサプリ」は数十年前から海外で販売されていて、日本では美容クリニックや皮膚科などの医療機関でのみ処方されていました。それが2016年に通販などでも入手できるようになり近年大いに注目されています。当初、日焼け止めサプリは海外製のものが主流でしたが、今では日本製の日焼け止めサプリも数多く販売されるようになってきました。日焼け止めサプリの形状はカプセルや錠剤で商品ごとに効果が持続する時間が異なります。効き始めはサプリを飲んでから30分後くらいで2~6時間ほど効果が持続することが多いようです。

飲む日焼け止めの仕組み

「飲む日焼け止めサプリ」は、従来の塗るタイプの日焼け止めとは効く仕組みがまったく異なります。そもそも塗るタイプの日焼け止めは、肌の外側に塗ることで紫外線が肌に侵入することをブロックし、日焼けやシミ、くすみやシワ、たるみが生じることを予防する働きがあります。それに対して「飲む日焼け止めサプリ」は、紫外線そのものをブロックすることはできないのですが、紫外線によって発生する“活性酸素”などが発生して細胞にダメージを与えることを軽減させるという働きをします。つまり、紫外線を浴びても肌の回復を早めて日焼けやシミ、くすみやシワなどができにくいように“抗体”を作るようなメカニズムです
飲む日焼け止めで紫外線によるシミをブロック

飲む日焼け止めの役割

「飲む日焼け止めサプリ」は従来の塗るタイプの日焼け止めのように、肌の表面で紫外線をガードするものではありません。ですからサプリを飲めばまったく日焼けをしないというわけではなく、紫外線を浴びることで受けたダメージを軽減するということ。その代わり塗るタイプのようにこまめに塗り替えなくても効果が期待できるというメリットがあります。ですから日焼け止めサプリだけではなく塗るタイプの日焼け止めと併用するのがおすすめです

日焼け止め-どうやって選ぶ?
飲む日焼け止めの効果は飲み方で変わる

代表的な有効成分

ニュートロックスサン

日焼け止めサプリに多く含まれる「ニュートロックスサン」とは、スペイン産のシトラス果実とローズマリーの葉から抽出された特殊なポリフェノールです。こちらは紫外線を最大55%カットするという臨床結果が出ています。「ニュートロックスサン」には紫外線を浴びることによって発生される活性酸素を除去する効果があるといわれています。こうして肌の炎症から肌を守りシミやシワ、たるみなどを予防しアンチエイジング効果が得られることが期待できます。さらに紫外線を浴びた後にサプリを飲んでも抗酸化作用が持続するといわれています。
飲む日焼け止めの成分のひとつはニュートロックスサン

フェーンブロック

日焼け止めサプリに配合される「フェーンブロック」とは、中央アメリカのシダ植物から抽出されたエキスを多く含む成分で、開発に15年もかかったといわれています。「フェーンブロック」には高い抗酸化作用があり、紫外線によって発生する活性酸素(フリーラジカル)を破壊して肌へのダメージを軽減してくれます。さらに細胞のDNAを保護して細胞が傷つかないようにしてくれます
飲む日焼け止めの成分のひとつはフェーンブロック

「飲む日焼け止め」のメリット

サプリは塗り直しの必要がない

塗る日焼け止めは汗や水に濡れると落ちやすくこまめに塗り直す必要があります。その点、飲む日焼け止めサプリは汗などで落ちる心配がありません。海やプールなどのレジャーでも塗り直しに神経質になる必要がないというメリットがあります。マリンスポーツはもちろんゴルフや運動会など、長い時間アウトドアで過ごす人におすすめです。
飲む日焼け止めはアウトドアで効果を発揮する

サプリは塗りにくいところにも効果がある

飲む日焼け止めサプリは飲むだけでカラダ全体に効果があります。紫外線を浴びるのは受けるのは日焼け止めクリームが塗れる顔や腕、脚だけではありません。唇や頭皮、指先などにも紫外線ダメージを受けています。また、意外と忘れられがちなのですが、目から入ってくる紫外線も目の病気やシミなどの原因になります。飲む日焼け止めサプリなら全身のケアができるというメリットがあります。
飲む日焼け止めで全身の紫外線ケアができる

サプリは肌にやさしい

塗るタイプの日焼け止めには「紫外線吸収剤」が配合されていて肌に刺激を与えたり肌荒れや乾燥の原因になったりして肌への負担が大きいとされています。敏感肌やニキビ肌など直接肌に負担をかけたくない人でも「飲む日焼け止めサプリ」なら肌に塗る必要がないので、肌に負担をかけることなく紫外線対策をすることができます

その日焼け止めクリームに含まれているかも?-肌に良くない成分

塗るタイプと併用してパーフェクトな紫外線対策

いかがでしたか? 今回は最近話題の「飲む日焼け止めサプリ」の効果とメリットについてまとめました。紫外線はただ肌が黒くなるだけではなくシミやそばかす、また肌のバリア機能低下を招きシワやたるみなどの肌老化の原因になります。しっかりと紫外線対策をしたいものですが、目から入る紫外線や頭皮など塗る日焼け止めでは対応できない部分もあるのが事実。「飲む日焼け止めサプリ」なら紫外線から受けるダメージを全身的に軽減させることができます。紫外線そのものをブロックする効果はないので、肌にやさしい「塗る日焼け止め」を併用することで、肌の外側と内側の両方を紫外線からガードすることができます。上手に活用して紫外線から肌を守っていきたいですね!


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。