スキンケア

その日焼け止め大丈夫?-肌に良くない成分

日焼け止めで紫外線に負けない

今や美肌対策に欠かせない「日焼け止め」。さっと塗って手軽に紫外線対策できることもあってあらゆる年齢層の必須アイテムとなっています。しかも紫外線は一年中降り注いでいるため、夏場やレジャーの時だけでなくちょっとした外出でも日焼け止めが欠かせません。ところで、手軽に塗るだけの日焼け止めクリームですが中には肌に良くない成分が含まれていることを知っていましたか? 今回は、日焼け止めクリームに含まれているかもしれない肌に良くない成分についてまとめました

美肌の大敵!紫外線対策をしっかりと
日焼け止めに含まれる成分には肌に良くないものがある

日焼け止めクリームに含まれる成分

紫外線散乱剤(ノンケミカル)

日焼け止めクリームに含まれる成分“紫外線散乱剤”とは、肌の表面に鉱物由来の成分を塗ることによって紫外線を反射・散乱させて肌に紫外線が届かないようにする成分です。「酸化チタン」や「酸化亜鉛」という鉱物由来成分の名前を聞くと化学的なイメージがあるかもしれませんが、これらは自然界に存在する成分であることから“ノンケミカル”とも表示され、日焼け止め成分の中では肌への負担が比較的少ないといわれています

日焼け止め-どうやって選ぶ?
日焼け止めに含まれる成分-ノンケミカル

紫外線吸収剤

日焼け止めクリームに含まれる成分“紫外線吸収剤“”とは、紫外線を吸収して化学反応を起こさせて熱エネルギーのカタチで放出し肌に直接紫外線が届かないようにする成分です。紫外線吸収剤は化学合成された成分から作られているうえに、肌の表面で化学変化を起こさせることから敏感肌の人などには刺激を感じる場合もあるようです。同じ日焼け止めに含まれる成分で“ノンケミカル”と呼ばれる「紫外線散乱剤」よりも紫外線に対する防御力が高いかわりに肌への負担が大きいのが特徴です。

話題の飲む日焼け止めサプリ-本当に効果あるの?
日焼け止めの光を散乱させる成分

紫外線吸収剤のリスク

「紫外線吸収剤」は、紫外線を防止する作用が高いだけでなく塗り心地がいいことからSPF数値の高い多くの日焼け止めに使用されています。ところがこの「紫外線吸収剤」は化学反応を起こして紫外線から肌を守ることもあり、様々な研究によって肌に良くない影響を与えるリスクが指摘されています。

例えば、日焼け止めの紫外線吸収剤に多く含まれる成分「オキシベンゾン」は長期間にわたって使用することで肌の奥深くまで浸透しアレルギー反応を誘発したり、ホルモン異常を起こしたりする可能性があるといわれています。研究では日焼け止めとして皮膚に塗られた「オキシベンゾン」が母親の母乳から検知され、母乳を通して新生児の体内へ入り込む可能性があることが確認されました。また近年では発ガン性のリスクがある可能性も指摘されています。それ以外にも紫外線吸収剤として使用される成分の中には皮膚細胞のDNAに損傷を与える可能性や甲状腺ホルモンのバランスを崩す可能性、皮膚ガン誘発の可能性や環境ホルモンへの作用の可能性などのリスクが指摘されています。

話題の飲む日焼け止めサプリ-本当に効果あるの?

「ノンケミカル」なら安心?

日焼け止めに含まれる「紫外線散乱剤」は“ノンケミカル”といわれていて、肌への負担が少なく敏感肌の人にも使用できるとされています。紫外線散乱剤に含まれる“酸化チタン”“酸化亜鉛”は、 “ミネラルファンデーション”にも使われる成分。日焼け止めとしては肌にやさしいといわれていますが、白浮きしやすく伸びがよくないというデメリットがあります。そこで各メーカーではこれらのデメリットを改善するため、酸化チタンや酸化亜鉛を極小に「ナノ化」して塗り心地を良くした日焼け止め商品を販売するようになっています。
ノンケミカルの日焼け止めに含まれる成分のリスク

酸化チタン・酸化亜鉛の危険性

WHO(世界保健機関)は日焼け止めに含まれる酸化チタンや酸化亜鉛に発ガン性があることを指摘しています。そのうえ、これらの金属酸化物を「ナノ化粒子」にすると、粒子が皮膚細胞に吸収されて細胞を傷つけるリスクも考えられます。さらに、妊娠中のマウスに酸化チタンの粒子を注射した実験では、生まれた子の脳や精巣に粒子が入り込み細胞死や機能低下を引き起こすという結果が出ています。このように粒子を小さくすることで肌に浸透されやすくなり酸化やアレルギーの誘発、DNAの損傷や発ガンリスクが懸念されているのです
日焼け止めクリームの良くない成分

日焼け止めクリームへの過信は禁物

紫外線がお肌に悪い影響を与えることは周知の事実ですが、紫外線を避けるための日焼け止めクリームで肌トラブルを起こしては意味がありません。最近では各メーカーもさまざまな開発をしていて紫外線吸収剤のなかでもマイクロカプセルで包むことで直接肌に触れないようにして肌への刺激を最小限に抑えた日焼け止めクリームも出されています。ただ単に「SPF数値が高いから」とか「ノンケミカルだから」というだけで商品選びをするのではなく、成分表示欄をしっかり確認して自分の必要に合わせた日焼け止めを選ぶようにしましょう。日常のシーンではできるだけ帽子や日傘、長袖などを活用して必要以上に日焼け止めクリームを塗らなくてもいいように工夫してみませんか?


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。