スキンケア

敏感肌にやさしい化粧品-どうやって選ぶ?

敏感肌の化粧品はどうやって選ぶ?

一年中肌が弱くて普通の化粧品だとピリピリする敏感肌の人、通常は敏感ではないのに季節の変わり目・ストレス・生理前などで肌が過敏になる人がいます。肌が敏感になると“無添加化粧品”とか“オーガニック”、“天然成分”というコピーにつられて化粧品を選んでいませんか? でも、ちょっと待ってください。無添加や天然成分だから大丈夫というわけではないかもしれません。今回は、敏感肌にやさしい化粧品の選び方をまとめました。

敏感肌のクレンジング-選び方
敏感肌にもやさしい化粧品とは何か?

敏感肌の状態

「敏感肌」とは、健康な肌なら何の問題もない普通の化粧品でも“ヒリヒリ”と刺激を感じたりかぶれたりして肌に合わない状態のことです。なぜそうなるのでしょうか? 私たちの肌には「バリア機能」が備わっていて、皮膚を通してホコリや雑菌などの異物が侵入することを防ぐ重要な働きをしています。「敏感肌」は乾燥や加齢などの様々な理由で肌のうるおい成分が不足して、バリア機能が低下し健康な肌なら全く問題がない些細な刺激でも刺激に感じるようになっている状態です。このような状態では普通の人が使用しても問題がない化粧品でも刺激を感じヒリヒリしたりかぶれたりしてしまうのです。
敏感肌の状態のイメージ

敏感肌の化粧品選び-ポイント

 自分の肌状態を知る

敏感肌の人は、基本的には敏感肌用の刺激が少ないとされている化粧品を使いたいのですが、肌の状態によっては何をつけても刺激を感じるような場合もあります。ぬるま湯で洗っても刺激を感じる場合はどんな商品を使用しても過敏に反応してしまいますから、まず皮膚科に相談するようにしましょう。それほどひどくない場合でも、まずはトライアルセットなどで肌に刺激を感じないかを確認してから購入するといいでしょう

その化粧品本当に安全?-オーガニック化粧品の選び方
試供品を使って自分の肌に合った化粧品を選ぶ

保湿成分が配合されたもの

敏感肌の人に重要な成分は「保湿成分」です。敏感肌の原因はほとんどの場合、乾燥によって肌の皮脂と水分のバランスが崩れてバリア機能が低下した状態。ですから化粧品を選ぶときに「保湿成分」が配合されたものを選ぶようにしましょう。なかでもおすすめの保湿成分がセラミドです。セラミドは本来肌の角質層に存在し、高い保湿力で細胞と細胞の隙間を埋めてうるおいを保つ重要な役割があります。敏感肌のバリア機能を高めるためにもぜひ補いたい保湿成分です。それ以外にはコラーゲン・ヒアルロン酸・アミノ酸などの保湿成分もおすすめです。
肌にやさしい化粧品成分は保湿成分が含まれていること

刺激成分が入っていないこと

敏感肌の度合いによってどの成分が刺激になるかは人それぞれですが、敏感肌なら最低限避けるべき成分があります。「エタノール(アルコール)」や防腐剤のひとつ「パラベン」、美白効果が高い「ハイドロキノン」や「ビタミンC誘導体」、「合成界面活性剤」や「合成着色料」、「合成香料」などは敏感肌にとって刺激が強く症状を悪化させる可能性があります。成分表示欄をしっかりと確認してこれらの成分を避けるようにしましょう

その化粧品本当に安全?-オーガニック化粧品の選び方
敏感肌の化粧品の選び方-確認

シンプルなスキンケア

肌はスキンケア商品の化学構造が複雑になるほど敏感に反応するといわれています。敏感肌の人はなるべくシンプルなスキンケアを心がけましょう。肌が敏感になっている時に次々と新しい化粧品に変えるのは肌に新しい刺激を与えるだけになってしまします。肌の保湿を第一にシンプルケアにします。

乾燥肌用化粧品に配合されているとうれしい保湿成分

敏感肌の化粧品-無添加・天然成分なら安心?

敏感肌の人の中には「無添加化粧品なら安心」とか「天然成分だから大丈夫」と考える人がいますが、それだけで安心・安全だと判断することはできません。例えば、「無添加」と表示される商品はメーカーによって定められるので合成着色料は無添加でも合成香料は添加されているかもしれません。ですから何が無添加なのかをしっかり確認しておく必要があります。さらに「天然成分」とか「植物由来」の化粧品も敏感肌にやさしいと考えるかもしれませんが、あくまでも“イメージ”です。天然成分の中には刺激が強いものもありますし、植物由来にはアレルギーの可能性もあります。無添加や天然成分、植物由来が悪いというわけではありませんが、これらのワードだけで安心だと決めつけるのは危険です
敏感肌の化粧品の選び方-天然

敏感肌の化粧品選び-自分の肌に合うものを

いかがでしたか? 今回は敏感肌にやさしい化粧品選びのポイントについてまとめました。敏感肌は肌のバリア機能が低下して外部からの刺激に対して過剰に反応している状態。まずは肌のバリア機能を整えるためにも保湿を第一に考えた商品選びをしたいものです。「無添加」や「天然」などのイメージよりも成分表示をよく確認して刺激になる成分が含まれていないかを見極めることも大切です。できれば「パッチテスト」やトライアルセットなどで自分の肌に合うかを調べてから購入するといいですね。

知ってた?-スキンケアやコスメの使用期限


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。