スキンケア

季節の変わり目の「ゆらぎ肌」とは?-原因と対策

ゆらぎ肌に悩む

辛い冬の寒さが少しずつ緩みようやく日差しがポカポカと感じるようになる頃。なんだか肌が荒れる、いつものスキンケア商品なのにピリピリする、吹き出物が目立つ・・・という経験はありませんか? もしかするとそれは「ゆらぎ肌」かもしれません。実は季節の変わり目、なかでも春先は一年のうちでも最も肌が不安定になりやすい時期だといわれています。今回は、そんな「ゆらぎ肌」の原因と対策についてまとめました。

その化粧品本当に安全?-オーガニック化粧品の選び方
ゆらぎ肌の原因は色々

「ゆらぎ肌」とは

「ゆらぎ肌」とは、気温の変化が激しい季節の変わり目や環境の変化などによって皮脂や水分のバランスが崩れやすく肌が敏感な状態になっていることです。「ゆらぎ肌」は、普段は肌が敏感なわけでもないのに季節の変わり目など一時的に肌質が不安定になるのが特徴です。

ゆらぎ肌の症状

  • いつもと同じスキンケアなのに、ヒリヒリするような違和感がある
  • 肌がごわついたりかゆみを感じたりする
  • 肌荒れがひどくなってカサカサする
  • 一時的にニキビ・吹き出物が出る

なぜ「ゆらぎ肌」になるの?

普段は肌が敏感なわけではないのに春先などの季節の変わり目になると決まって肌が過敏になる根本的な原因は肌のバリア機能の低下です。肌の表面わずか0.02mmの角質層にはがうるおいをキープして外部からの刺激や乾燥から肌を守る「バリア機能」が備わっています。この機能がしっかりと働くためには肌のターンオーバーが正常に行われて角質層の保湿成分が満たされている必要があります。ところが、春先などの季節の変わり目にはバリア機能を低下させてしまう様々な要素がたくさんあるので肌が敏感になるのです

梅雨の時期に気をつけたいスキンケアとは?
ゆらぎ肌の原因はバリア機能の低下


1.花粉・黄砂・PM2.5

春先に多い「ゆらぎ肌」の原因になるのが花粉です。アレルギーの人が花粉や黄砂、PM2.5の飛散によって花粉症になるのと同じように、肌にとってもこれらの飛散物が刺激となり肌のバリア機能を低下させる恐れがあります。するとほかの刺激にも過敏に反応するようになり肌荒れやかゆみなど肌トラブルを起こしやすくなります。

肌荒れを何とかしたい!原因と正しい対処法とは?
ゆらぎ肌の原因のひとつは花粉や黄砂

2.気温の変化

春先をはじめ季節の変わり目は気温差が大きくなります。暖かい日が続いたと思えば急に寒くなるなど気温が不安定な状態が繰り返されます。このような急激な温度差に肌がうまく対応できず普段よりも刺激に弱い状態になってしまうのです。さらにこのような温度差が肌にとって大きなストレスとなりバリア機能がダメージを受けやすくなります。
気温の変化はバリア機能低下の原因

3.紫外線

まだ陽射しが暖かくて気持ちいいと感じる春先は紫外線が一気に増える季節です。夏になっていないからといってUV対策を怠っていると、紫外線が肌の乾燥を加速させたり細胞にダメージを与えたりして肌トラブルの原因になり「ゆらぎ肌」を引き起こしやすくなります。
強い紫外線は肌のバリア機能を低下させる

4.環境の変化

春は就職・進学・転勤・人事異動など身の周りの環境変化が激しい時期です。生活環境の変化や習慣の変化などは良くも悪くも心身に大きなストレスを与えます。ストレスを感じると自律神経が乱れやすくなりホルモンバランスの崩れなどから様々な肌トラブルが起きやすくなります。
ストレスもゆらぎ肌の原因になる

効果的な「ゆらぎ肌」対策とは?

保湿対策

「ゆらぎ肌」は一時的に肌質が不安定になっている状態ですが、この時期には敏感肌と同じような対策が理想です。つまり、肌への刺激をなるべく減らしてしっかりと保湿対策をすることです。肌への刺激になるエタノール(アルコール)や合成界面活性剤、添加物などのない商品選びや「セラミド」「ヒアルロン酸」などの保湿成分が配合されたスキンケア商品がおすすめです。また過度のスキンケアも肌に刺激を与えるので、できるだけシンプルなケアを心がけましょう。

敏感肌にやさしい化粧品-どうやって選ぶ?
ゆらぎ肌の改善には保湿成分とシンプルなケア

紫外線対策

まだ陽射しが気持ちいいと感じる3月頃から紫外線は一気に増えていきます。外出時の紫外線対策は必須です。日焼け止めはSPF数値があまり高いものよりも低めでこまめに塗り直すほうが効果的です。肌が過敏になっているなら長袖の服や帽子、日傘など肌に負担が少ない仕方でUV対策をしましょう。
美肌の大敵-紫外線対策をしっかりと
紫外線対策でゆらぎ肌対策に効果的

栄養バランスを考えた食事

肌は私たちが食べる食事と大きく関わっています。外部の刺激に負けない健康な肌のため、カラダの内側からバリア機能を高めるようにしましょう。なかでも良質のタンパク質とビタミンを積極的に摂取することが大切です。肌荒れやニキビ対策に欠かせない「ビタミンB群」、丈夫な肌を作る「ビタミンA」、抗酸化力が高い「ビタミンC」「ビタミンE」など栄養バランスが取れた食事を取るようにしましょう。
バランスの取れた食事がゆらぎ肌対策に効果的

質の良い睡眠

肌は私たちが寝ている間に修復・再生されています。肌のターンオーバーを促進する「成長ホルモン」は睡眠中に活発に分泌されるといわれていますから、夜更かしせずに十分の睡眠を確保したいものです。特に春の環境の変化などは心身ともにストレスが重なる時期ですから、ぐっすり眠って肌だけでなくカラダの回復に努めましょう。
美肌になるためには睡眠が大切-美肌と睡眠との関係
良く睡眠を取ることがゆらぎ肌の改善につながる

「ゆらぎ肌」はトータルなケアで改善できる

いかがでしたか?今回は季節の変わり目になると気になる「ゆらぎ肌」の原因と対策についてまとめました。「ゆらぎ肌」の原因は気温差や紫外線、花粉などの外的刺激やストレスなど様々な原因で肌のバリア機能が低下して引き起こされることがわかりました。このような刺激に負けないためにもバリア機能をサポートするケアが大切です。保湿など肌の外側からのケアも欠かせませんが、睡眠や食事などカラダの内側からのケアも大切です。普段は敏感肌ではない人も「ゆらぎ肌」の時期にはいつも以上に肌をやさしく扱って敏感な時期を乗り切りたいですね。

話題の飲む日焼け止めサプリ-本当に効果あるの?


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。