スキンケア

乾燥肌のクレンジング-選び方

キレイは肌の女性

女性なら誰でもうるおいがあってハリやツヤがある美肌になりたいものです。そのために美容液やクリームでお手入れしているのに肌がつっぱる、乾燥が改善しない…という悩みはありませんか? もしかするとクレンジングの選び方が間違っているかもしれません。化粧水や美容液などのスキンケア商品にはこだわっても、クレンジング剤は適当に選んでいませんか? 今回は乾燥肌の人がクレンジングを選ぶ際のポイントについてまとめました

気になる肌の乾燥-原因は体質だけではなかった!~スキンケア編~
乾燥肌にうれしいクレンジングの成分と選び方

乾燥肌のクレンジング選びのポイント

洗浄力で選ぶ

ひとことに“クレンジング”といってもいろいろな種類があります。そして種類ごとに特徴が異なるのでどれを選んでもいい、というものではありません。肌についたメイク汚れなどの油性の汚れを浮かせて落とす作用がある「界面活性剤」がたくさん含まれているものは洗浄力が高くそのぶん肌への負担も大きくなります。

この「界面活性剤」にも種類があり、自然界に存在するものと人工的に合成された「合成界面活性剤」に分かれます。「合成界面活性剤」がダメだというわけではありませんが、洗浄力が高いぶん刺激も強いので乾燥肌には負担になる場合があります。メイクがそれほど濃いわけではないのに洗浄力が高いクレンジングを使うと、肌に余計な負担をかけるので洗浄力過多にならないように気をつけましょう。

<洗浄力の強さ>

オイルタイプ → リキッド → ジェルタイプ → クリームタイプ → ミルクタイプ 

肌への負担が少ないものを選ぶ

乾燥肌は肌のうるおいに必要な油分や水分が不足している状態。そんな肌に洗浄力が強く肌への負担が大きいクレンジング剤を使うと、いっそう油分や水分が奪われてしまいます。肌に必要な皮脂まで落としてしまわないようなクレンジングを選びたいものです

おすすめなのは「クレンジングクリーム」や「クレンジングミルク」です。これらは洗浄力がそれほど強くないので肌にやさしく、やさしい使い心地でメイク汚れとなじませることができます。ナチュラルメイクならこれだけでも十分汚れを落とすことができますよ。しっかりフルメイクしている場合、アイメイクなどの濃い部分は「ポイントリムーバー」などであらかじめ落としておく必要があります。

肌への負担が少ないクレンジングを使うことを考えると、普段のメイクもできるだけナチュラルメイクにしたいものです。毎日バッチリメイクをしていては、どうしても洗浄力が強いクレンジングを使用しなければいけなくなります。気合を入れたメイクは週に数回にするなどメリハリをつけるのもいいですね。
肌に刺激を与えないようなクレンジングを選ぶ
気になる顔の乾燥-原因は体質だけではなかった!~生活習慣編~

保湿成分が配合されたものを選ぶ

どんなに肌にやさしいクレンジングを選んでも、クレンジング後はどうしても肌の皮脂が失われて乾燥しやすくなってしまいます。そこで、クレンジング剤に保湿成分が配合されたものを選ぶようにしましょう。「洗い流すものなのに保湿成分を配合しても意味がないのでは?」と思うかもしれませんが、保湿成分が配合されていると洗顔している時にも肌に保湿成分が密着し肌への負担を軽くし、洗い上がりをしっとりとさせることができます。保湿成分としては「ヒアルロン酸」や「セラミド」、「植物由来エキス」などがおすすめです。

乾燥肌用化粧品に配合されているとうれしい保湿成分
保湿成分が含まれているクレンジングを選ぶ

肌への刺激は最小限にする

乾燥肌のクレンジングには刺激が大敵です。乾燥している肌はバリア機能が低下しているためにちょっとしたことも刺激になります。クレンジングを選ぶときも洗浄力だけではな着色料や防腐剤など肌に負担となる余計な添加物が配合されていないかチェックしましょう。また、せっかく肌にやさしいクレンジングを使っても、肌になじませるときにゴシゴシこすって肌に摩擦をかけていては意味がありません。手と肌が直接触れないようにクレンジング剤はたっぷり(目安は500円玉大)使用しましょう。すすぐ時のお湯の温度が高いと肌に必要な皮脂まで落としてしまいます。32℃くらいのぬるま湯ですすぐのがベストだといわれています。すすぎ残しがあると肌への負担になりますから、こすらず丁寧に洗い流しましょう。

誰もが憧れる肌へ!スキンケアの基本
肌に刺激を与えない洗顔の仕方

乾燥肌のクレンジング選びのポイントは刺激を避ける

いかがでしたか?今回は乾燥肌のクレンジング選びのポイントについてまとめました。クレンジング剤は肌への負担が大きいといっても、毎日メイクは欠かせませんしそれを落とすためのクレンジングも必要です。ポイントはできるだけ刺激を避けて肌への負担を少なくすることです。CMで見たから、好きな女優さんが使っているから・・・といった理由でクレンジングを選ぶと、必要以上に強い洗浄力のものを使うことになるかもしれません。しっかりと成分表示欄を確認し、余計な添加物が含まれていないことや、保湿成分が配合されていることをチェックしましょう。刺激を避けてうるおい肌をキープできるようになりたいですね!

敏感肌のクレンジング-選び方


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。