スキンケア

気になる目元のくすみ-原因と予防法

くすみのない肌へ

しっかりメイクをしても「目の周りがキレイに発色しない」「メイクをしても疲れて見える」という悩みはありませんか? 目の周りがくすむと顔の印象まで暗くなり、疲れて見えたり老けて見えたりしてしまいます。目元のくすみを解消して明るい印象になりたいものですね。ひとことに目元のくすみといってもタイプが異なり原因も予防法も変わってきます。今回は目元がくすむ原因と予防法についてまとめました。

注意!目元のたるみやくすみの原因はアイメイクかも?
目元がくすむ理由と改善方法

目元のくすみの原因

顔の中でも目元の皮膚は頬などと比べてわずか3分1ほどの厚さしかないといわれています。しかも皮脂を分泌する“皮脂腺”がないので水分が蒸発しやすくうるおいをキープすることが難しいのです。さらに目元はまばたきなどで動かす機会が多いため筋肉も疲れやすくなります。このような条件に様々な原因が重なってくすんできます。


血行不良

人間の皮膚の厚さは部位によって異なり顔の皮膚は平均で1.5mmほど、特に薄い目元の皮膚はわずか0.5~0.6mmしかないといわれています。このように目元は非常に皮膚が薄いため皮膚の下の毛細血管が透けて見えてしまうのです。しかも、目元はパソコン作業やスマートフォンなどを見続けることによって目の周囲の筋肉が酷使され血行が悪くなりやすいのです。そのうえ睡眠不足やカラダの冷えが原因で血流が悪くなりヘモグロビン量が減少し、肌の色が青黒く見えてくすみが目立つようになります
目元のくすみはパソコンやスマホなどの血行不良から

メラニンや色素沈着

目の周りの皮膚は非常に薄いため些細な刺激でもメラニン色素が発生しやすく色素が沈着しやすくなります。紫外線はもちろん、アイメイクをするときの刺激やアイメイクを落とすときの摩擦も敏感に反応してメラニンが発生します。アイラインやアイシャドウの重ね塗り、マスカラなどは塗るときもクレンジングで落とすときも負担がかかります。また、かゆいからといって目元をゴシゴシこするのもNGです。デリケートな目元に負担をかけないように注意しましょう。
肌への刺激は目元のくすみの原因になる
話題の「乳液洗顔」-美肌に効果があるって本当?

乾燥

目元の皮膚には“皮脂線”がないため乾燥しやすい部分です。外の乾燥した空気だけでなく、エアコンが効いたオフィスや間違ったスキンケアなどですぐに乾燥してくすんで見えます。
気になる肌の乾燥-改善方法とは?
乾燥は目元のくすみの原因になる

肌の老化

加齢によって肌の真皮層にあるコラーゲンやヒアルロン酸がうまく生成されなくなってくるとターンオーバーが乱れ、肌の表面の古い角質が残りがちになりくすんできます。さらに肌の老化に伴い目の下の筋肉が衰えてくると、目元の表皮がたるみハリと弾力が失われてシワができます。このようにできたシワが影のようになってくすんだ印象になります。
肌の老化は目元のくすみの原因になる

くすみを予防する方法

目元の血行を良くする

私たちの目は1時間で約1200回もまばたきをしているといわれています。これだけでも目元には大きな負担がかかりますが、パソコンやスマートフォンを長時間使用するなど目を酷使すると血流が悪くなります。1時間に1回は意識して目を休ませる時間を取るようにしましょう。目が疲れた時などはホットアイマスクなどで目の周りを温めると血行が改善されます。また睡眠不足も血行不良の原因になりますからしっかりと睡眠時間を確保することも大切です。

美肌になるためには睡眠が大切-美肌と睡眠との関係
目を酷使した後はホットパックで目元を温めよう

刺激を避ける

目元の皮膚はとても薄くてデリケート。アイメイクを施すときはできるだけ刺激を与えないようにしましょう。使用するブラシやチップは清潔に保ち、毛羽立ったものは避けるようにします。できるだけ摩擦を避けやさしくアイメイクを重ねましょう。またアイメイクを落とすときもクレンジングでこすらず専用の“アイメイクリムーバー”を使ってメイク汚れが残らないように落とします。知らないうちに目をこするクセなどがないか一度確認してみましょう。
目元のくすみを改善するためにブラシをキレイに

スキンケアで保湿

加齢による肌の老化は進行を止めることが難しいですが、正しいスキンケアをすることによってある程度のハリやうるおいを保つことができます。また乾燥を予防することでくすみがちな目元を明るくすることができます。しっかりスキンケアをしているつもりでも、皮膚が薄くてデリケートな目元にうるおいが不足している可能性があります。化粧水を顔全体になじませた後でたっぷり化粧水をしみ込ませたコットンを目元にのせてパックしたり、目元専用のアイクリームを使用したりするなどスペシャルケアを取り入れてみましょう。

乾燥肌用化粧品に配合されているとうれしい保湿成分
目元のくすみの改善には目元パックなどのケアが必要

目元のくすみ-原因を知って予防しよう

いかがでしたか? 今回は目元がくすむいろいろな原因についてまとめました。乾燥や加齢だけではなく毎日のメイクアップの際のちょっとした刺激の積み重ねやクレンジングの摩擦など、何気なくしている習慣が目元をくすませている可能性があります。さらにデスクワークのパソコン作業やプライベートのスマートフォンなど、私たちは日々目に負担をかける生活をしているものです。これらの一つ一つが積み重なって目元をくすませているかもしれません。あなたにも思い当たる原因はありませんでしたか? まず、意識して目を休ませたり保湿したり刺激を少しでも減らすことから始めてみましょう。こうして目元のくすみを予防していきたいですね!

できてしまった目元のくすみ-消す方法ってあるの?


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。