スキンケア

午後になると顔がテカる!-原因と対策

テカリのない肌

朝メイクする時には完璧だったのに、お昼過ぎから夕方になってくるとTゾーンがテカってメイクが崩れる・・・。ふと鏡を見て自分の顔がテカテカしていると恥ずかしいものです。しかも“Tゾーン”以外の目元・口元や頬は乾燥している場合もあるから厄介です。何度も化粧直しをするとファンデが厚塗りになってメイクがヨレるなど悩みが増えてしまいます。そこで今回は顔のテカリの原因と対策についてまとめました。
皮脂で肌がテカる原因は?

顔のテカリの原因-皮脂は悪者?

顔のテカリを引き起こす原因は「皮脂」です。皮脂が過剰に分泌されると肌のべたつきやテカリ、ニキビなどトラブルを引き起こすことがあるため嫌われることが多いのですが、実は肌にとって欠かせないもの。皮脂は毛穴の内部にある“皮脂腺”から分泌され汗と混ざって皮膚全体を覆う“皮脂膜”となって肌の水分が蒸発しないようにフタをする役割があります。また皮脂が皮膚を覆うことによって外部刺激から肌を保護してくれます。

さらに肌の表面を“弱酸性”に保つのも皮脂のおかげ。これは皮膚に常在している善玉菌を分泌された皮脂が分解することで“脂肪酸”が生じて弱酸性に傾きます。こうして肌が弱酸性になると病原菌や細菌が繁殖しないように守ってくれます。
余分な皮脂は肌のテカリやトラブルの原因

顔がテカる原因

カラダのほかの部分はテカることがないのに顔はどうしてそんなにテカりやすいのでしょうか?それは顔には皮脂腺が多く、特に鼻やおでこなど“Tゾーン”には皮脂腺が集中しているから。どうしてもカラダのほかの部分よりも皮脂が分泌されやすいのです。ではテカっている自分の顔を鏡でよく見てみましょう。テカっているのは顔全体ですか?もしかすると目元・口元や頬は乾燥していませんか?顔全体がテカるなら本当にオイリー肌の可能性がありますが、目元・口元や頬がカサカサしているなら乾燥が原因かもしれません。乾燥すると皮膚は肌を守ろうと反応し過剰に皮脂を分泌するようになるのです。その原因はいくつか考えられます。

乾燥しているのに肌がテカる!インナードライ肌とは?
過剰な皮脂が肌のテカリを招く

間違ったスキンケア

顔のテカリを気にしている人の中には「自分はオイリー肌」だと思い込んでいる場合があります。それでオイリー肌専用の洗顔料や化粧品を使用して必要な皮脂を奪ってしまう可能性があります。また皮脂を落とそうと何度も洗顔したりゴシゴシ強く洗ったりすることもあり、肌に本当に必要な皮脂まで落としてしまうことになります。こうして肌は皮脂が足りないと認識し肌を守るために皮脂を過剰に分泌するようになります。こうして過剰に分泌された皮脂がいっそう顔のテカリを引き起こすことがあります。

気になるインナードライ肌を改善してうるおい肌に!
過剰な摩擦は肌のテカリを招く

あぶらとり紙

肌のテカリが気になる人はメイク直しなどの時に“あぶらとり紙”を使用していませんか?あぶらとり紙を使いすぎると皮膚に必要な皮脂まで取り除くことになり、皮脂の過剰分泌の原因になりかねません。またあぶらとり紙の使い方によっては肌に摩擦を与えることになり負担がかかることがあります。

どうしても皮脂が気になるときにはあぶらとり紙よりもティッシュでそっと抑える程度にしておくようにしましょう。

保湿不足

肌のテカリに悩む人の中には肌がベタベタすることを気にして洗顔後の保湿をおろそかにすることがあります。ところがこれまでに書いてきたように皮脂が過剰分泌される原因は「乾燥」ですから、うるおいが不足することでいっそう皮脂が分泌される悪循環になってしまいます。洗顔後さっぱりタイプ化粧水をつけるだけで保湿対策をしていない人は注意が必要です。乳液などでしっかり保湿するようにしましょう。

乾燥肌用化粧品に配合されているとうれしい保湿成分
テカリ予防にはしっかりと保湿すること

食生活の乱れ

日頃からジャンクフードやスナック菓子、揚げ物やお肉など脂っぽい食品やクリームたっぷりのケーキなどの甘いもの、アルコールをたくさん飲む習慣があると皮脂が過剰に分泌されやすくなります。全く食べてはいけないわけではありませんが控えめにすることが大切です。

肌荒れに効果があるおすすめの食べ物
甘いものやジャンクフードは肌のテカリの原因

顔のテカリを予防する方法

正しいスキンケア

まず、自分が本当にオイリー肌かどうかを確認しましょう。もしもテカリが“Tゾーン”のみでほかの部分は乾燥している場合は化粧品を自分に合ったものに変える必要があります。乾燥肌用の化粧品を使うようにしましょう。洗顔はゴシゴシこするのではなくしっかりと泡立てた泡の弾力を利用して肌に摩擦を与えないようにやさしく洗うようにしましょう。またすすぎのお湯は熱すぎると肌に負担を与え乾燥を招きます。ぬるめの32℃くらいお湯ですすぎ残しがないようにしっかりとすすぎましょう。

誰もが憧れる肌へ!スキンケアの基本
正しい洗顔はテカリを改善する方法

皮脂が気になる部分には収れん化粧水

どうしても肌のテカリが気になる部分には「収れん化粧水」もおすすめ。肌に水分を与えるだけでなく、毛穴を引きしめ皮脂をコントロールして肌のキメを整えてくれる優れものです。ただアルコールが含まれる収れん化粧水は刺激が強いので敏感肌の人は避けたほうがいいでしょう。おすすめの成分は「ビタミンC誘導体」です。過剰な皮脂の分泌を予防して皮脂をコントロールし、開いた毛穴を引き締めてくれます
テカリの予防には収れん化粧水がおすすめ

保湿ケア

洗顔後は乾燥しやすいのでできるだけ早く化粧水でうるおいを与えましょう。ただ化粧水だけではすぐに水分が奪われてしまいますから乳液やクリームでうるおいを閉じ込めます。どうしてもべたつきが気になるならクリームよりも乳液にして少なめに使うこともできます。いずれにしても「化粧水のみでそれ以外は何もつけない」ということがないようにしましょう。保湿成分として「セラミド」が配合されているものを使用すると肌のうるおい効果が高まるのでおすすめです。

インナードライ肌の改善-保湿ケアだけでいいの?
テカリの改善には保湿ケアも重要

脂質・糖質を控えめに!

過剰な皮脂の分泌を抑えるためにも脂質・糖質の摂取は控えめにしましょう。揚げ物やスナック菓子のような脂っぽい食品はもちろん、ビールや日本酒などのアルコールには多くの糖質が含まれています。お肉や揚げ物と一緒にビールをたくさん飲んで締めにラーメン・・・は絶対にNG!また食事の代わりに甘いお菓子やケーキで済ませるのも肌のテカリの原因です。意識して脂質・糖質を控えるようにしましょう。その代わりにビタミンB2、B6が豊富な野菜を積極的に摂取しましょう
肌のテカリの改善には栄養バランスのとれた食生活が大切

皮脂をコントロールしてテカリのない肌に

いかがでしたか? 今回は朝バッチリメイクしても午後になると顔のテカリが気になるテカリの原因と対策についてまとめました。顔のテカリが気になると皮脂をすべて取り除きたくなるかもしれませんが、皮脂は肌にとって欠かせない重要な成分です。もしかするとあなたの肌は必要な皮脂が足りないために皮膚が過剰に皮脂を分泌して肌を守ろうとしているのかもしれません。顔のテカリを予防するには皮脂をコントロールすることが重要です。あなたも一度自分のスキンケアや食生活を見直してみましょう。

ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。