美白

美白有効成分-プラセンタの美白効果と副作用

プラセンタで美白肌

これからますます日差しが強くなる季節。「昔は日焼けしてもすぐ元に戻ったのに、最近ではなかなか元に戻らない」とか「シミやくすみが気になって顔色が冴えない」など美白に関する悩みも尽きません。ある調査によると年齢肌の悩み第1位は「シミ」だといわれています。一度できてしまうとなかなか消すことが難しい「シミ」ですから、美白対策にもチカラを入れたいですよね! 今回は美白有効成分として高い効果が注目されている「プラセンタ」の美白効果と副作用についてまとめました

憧れの美白肌!美白化粧品の選び方
シミそばかすを撃退する美白成分プラセンタ

プラセンタとは?

美白有効成分の一つ「プラセンタ」とは英語で「胎盤」のこと。通常は馬や豚、羊やヒトなど哺乳類の胎盤から栄養素を抽出したエキスのことを「プラセンタエキス」といいます。哺乳類の胎盤には赤ちゃんがお腹の中で健やかに生育していくために必要な栄養素がすべて含まれているため古代から健康や美白のために用いられてきました。プラセンタは古くはクレオパトラや楊貴妃、マリー・アントワネットも使用していたといわれています。

プラセンタに含まれる栄養素としては、豊富なアミノ酸・タンパク質・脂質・糖質の他、ビタミン・ミネラル・核酸・酵素といったあらゆる栄養成分が多く含まれています。また最大の特徴としては「グロースファクター」と呼ばれる“細胞増殖因子”が含まれていて、肌やカラダを作る細胞の分裂を促進し新陳代謝を高めるはたらきがあります。現在では、「プラセンタエキス」は厚生労働省によって美白成分の1つとして認められています。

美白化粧品に配合されているとうれしい成分
美白成分プラセンタは馬などの胎盤由来

プラセンタの美白効果とは?

厚生労働省によって「美白有効成分」のひとつとして認められている「プラセンタ」ですが、どのような美白効果を得ることができるのでしょうか?

肌は紫外線を浴びると「メラノサイト」と呼ばれる色素形成細胞が「メラニン色素」を生成して紫外線を吸収し、細胞のDNAが破壊されて傷つくことがないように守る作用があります。この作用は肌を守るうえで大切な役割があるのですが、必要がなくなっても過剰にメラニン色素も過剰に生成されると不用になった色素が排出できなくなり“色素沈着”を起こして美白の大敵であるシミになってしまうのです。では、「プラセンタ」はこれらにどのようにはたらきかけてくれるのでしょうか?
シミができる仕組み

メラニンの過剰な生成を抑制する

美白有効成分“プラセンタ”には、美白の敵メラニン色素の生成と深くかかわっている「チロシナーゼ」という酵素のはたらきを抑制する作用があります。この「チロシナーゼ」が「チロシン」という物質と結びつくことで「メラニン」が作り出されるため、プラセンタによってチロシナーゼが抑えられるとメラニン色素が過剰に生成されることを防ぐことができます。またメラニン色素が黒くなるのは過剰に発生する「活性酸素」によるといわれています。プラセンタには活性酸素を除去する“抗酸化作用”があるので、メラニン色素が黒く沈着しないようにして美白をサポートする作用もあります。
プラセンタはシミのもとであるチロシナーゼを阻害して美白効果

メラニンの排出を促進する

若い時には特別美白を意識していなくても日焼けした肌が元に戻っていたのに…と思いませんか? それは肌のターンオーバーが正常だったから。ターンオーバーが正常な時にはメラニンが生成されてもスムーズに排出され、肌に沈着することがなく美白肌をキープできたのですが、加齢やホルモンバランスの乱れなどの要因でターンオーバーが乱れるとメラニンが排出されにくくなり肌に沈着しやすくなるのです。

美白有効成分“プラセンタ”に含まれる「グロースファクター」には、皮膚の細胞を活性化させ、肌の新陳代謝を促進するはたらきがあるためメラニンをスムーズに排出して美白をサポートしてくれます。
プラセンタはメラニンの排出を促進して美肌効果が得られる

高い保湿効果

乾燥と美白には大きな関わりがあり、肌が乾燥してうるおいがない状態では本来の肌色よりもくすみがちになり顔色が冴えなくなります。美白有効成分“プラセンタ”に含まれるアミノ酸は「天然保湿因子(NMF)」と呼ばれ、肌をみずみずしく潤いのあるツヤ肌に導いてくれます。さらにプラセンタに含まれる「グロースファクター」には、肌のハリや弾力に欠かすことができない「コラーゲン」や「エラスチン」の生成を促してくれます。このようプラセンタの効果で肌にハリや弾力がありみずみずしく潤った肌は光を反射して通常より明るい美白肌に見せてくれます

気になるインナードライ肌を改善してうるおい肌に!
プラセンタには高い保湿成分がある

プラセンタの副作用は?

「プラセンタ」は美白成分として化粧品などに含まれている場合、副作用はほとんどないと言われています。ただ、原料となっているものが「豚」や「馬」など動物のアレルギー反応が起こる可能性があります。プラセンタは美白化粧品だけでなく「サプリメント」や「ドリンク」なども一般に手に入りますから、添加物やきちんと安全管理されているかを確認してから購入するほうが安全です。

プラセンタで美白対策を!

いかがでしたか? 今回は美白有効成分として認められている「プラセンタ」の美白効果と副作用についてまとめました。年を重ねるごとに気になってくる肌のくすみやシミですが、いずれそのうちに対策しよう・・・と思っているうちに取り返しがつかない状態になっている可能性があります。くすみが気になりだしたら早速美白ケアを始めましょう。プラセンタにはシミ予防効果だけでなく、肌のターンオーバーを促進させて肌細胞を活性化させたり高い保湿作用でハリや弾力を与えたりするアンチエイジング効果も期待できます。美白対策にプラセンタが配合された商品を選ぶのはいかがですか?


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。