美白

美白有効成分-ビタミンC誘導体の美白効果

ビタミンC誘導体で美白

多くの人にとって美白効果が高い栄養素といえばビタミンCが真っ先に思い浮かぶのではないでしょうか? 昔からキュウリスライスやレモンスライスのパックなどの美容法が一般的にも行われてきました。近年ではレモンなどの柑橘類を直接肌に乗せることによる刺激の問題や、タイミングによってはかえってシミを増やしかねないことが指摘されるようになってきました。その代わりに美白有効成分としてビタミンC誘導体と呼ばれる成分配合の化粧品が増えています。これはビタミンCと違うのでしょうか? 今回はその効果と副作用について調べました。

憧れの美白肌!-化粧品以外で色白になる方法ってあるの?
ビタミンC誘導体の効果と副作用

「ビタミンC誘導体」とは?

美白効果が高いビタミンCという栄養素には日焼け後の炎症やシミの生成を抑制する美白効果だけでなく、肌のターンオーバー促進効果や高い抗酸化作用で活性酸素を除去し肌の老化を防ぐアンチエイジング効果、さらにコラーゲンの生成を促進する効果など様々な美肌効果があります。ただし、これは食品として体内に摂取した場合に限り、ビタミンCを直接肌に塗っても成分が壊れやすく肌に浸透することは難しいのです。そこで、ビタミンCを別の物質と結合させることでその効果を損なわないように人工的に安定化させたのがビタミンC誘導体です。こうして皮膚に浸透しやすく改良し、体内に取り込まれるとビタミンCに変化してビタミンCの持つ美白効果が発揮できるようにされました。

さて、ビタミンC誘導体は結合させる物質によっていくつかの種類があり、それぞれ特徴が異なります。
ビタミンC誘導体は様々な美肌効果がたっぷり含まれている

水溶性ビタミンC誘導体

「ビタミンC」と「リン酸」を結合させたものを「水溶性ビタミンC誘導体」といいます。水溶性ビタミンC誘導体の特徴は角質に吸収されるとすぐにビタミンCに変換される即効性の高さ! 通常のピュアビタミンCよりも8倍も高い浸透率と12時間ほどの高い持続性があること。肌の表面に素早く浸透するため表面のシミが気になる人におすすめです。“水溶性”と呼ばれるように水との相性がいいため美白化粧水や美白美容液などの液体タイプの美白化粧品に使用されます。
水溶性ビタミンC誘導体は化粧水などに配合される

油溶性ビタミンC誘導体

「ビタミンC」と「脂肪酸」を結合させたものを「油溶性ビタミンC誘導体」といいます。水溶性ビタミンC誘導体のような即効性はないのですが、オイルに溶け込むことができるため皮脂膜や角質層へゆっくりと時間をかけて皮膚に吸収されるため、水溶性よりも浸透性が高いことや肌への刺激が少ないという特徴があります。体内残存時間は24時間以上あるといわれています。「油溶性」であることから美白クリームや美白乳液などに使用されます。
油溶性ビタミンC誘導体はクリームなどに配合される

新型ビタミンC誘導体(APPS)

「新型ビタミンC誘導体」は、水溶性ビタミンC誘導体にパルミチン酸を結合させることで油にも溶けやすいようにした新しいビタミンC誘導体です。こうして水溶性ビタミンC誘導体の即効性と油溶性ビタミンC誘導体の高い浸透力という両方のメリットが得られるのが特徴です。その浸透力は水溶性ビタミンC誘導体のなんと100倍ともいわれています

「ビタミンC誘導体」の美白効果

メラニンの生成を抑制

肌は紫外線を浴びると細胞のDNAが傷つかないように守るため「メラニン」を作り出して紫外線を吸収するはたらきがあります。ところがメラニンが過剰に作り出されると排出が間に合わなくなり、肌に沈着してシミやくすみになります。ビタミンC誘導体にはメラニンを作り出すようにはたらきかける「チロチナーゼ」という酵素を抑制する作用があるためメラニンが過剰に生成することをブロックして美白効果を高めます。

美白有効成分-プラセンタの美白効果と副作用
ビタミンC誘導体はメラニンの排出を促進する

メラニン還元作用

ほとんどの美白成分は「メラニン」の生成を抑制する効果がメインで、既にできてしまったシミを薄くする効果はないのですが、ビタミンC誘導体には「メラニン還元作用」といってできてしまったシミを少しずつ薄くする作用があります。例えば、紅茶にレモンを入れると色が薄くなるのは、ビタミンCの還元作用によるもの。同じようにシミの黒い色を淡色化する作用があるため美白効果が期待できます。
ビタミンC誘導体にはメラニン色素還元作用がある

コラーゲンの生成を促進

ビタミンC誘導体には、肌のハリやうるおいの土台となるコラーゲンの生成を促進するはたらきがあります。紫外線を浴びてダメージを受けた肌は乾燥し、くすみがちな冴えない顔色になってしまいます。ビタミンC誘導体にはコラーゲンの生成が促進され肌にハリやうるおいを与えて明るい印象の美白肌になることができます。

美白化粧品に配合されているとうれしい成分
ビタミンC誘導体はコラーゲンの生成を助ける

「ビタミンC誘導体」の副作用

「ビタミンC誘導体」は美白有効成分の中では比較的安全な成分だといわれています。ただ、敏感肌の人や肌が弱い人にとっては刺激を感じることがあるようです。また肌が乾燥しやすくなりバリア機能が低下する可能性もあります。最近では「高濃度ビタミンC誘導体配合」などの美白化粧品もあるようですが、肌がピリピリしたり発疹やかぶれが生じたりする場合があります。「高濃度=効果が高い」というものではないので美白化粧品選びには注意しましょう。

敏感肌にやさしい化粧品-どうやって選ぶ?

自分に合った種類を選ぼう

いかがでしたか? 今回は、美白有効成分のひとつ「ビタミンC誘導体」の美白効果と副作用についてまとめました。美白効果が高い「ビタミンC」を肌に浸透させるために人工的に安定させた「ビタミンC誘導体」。結合させる物質によって美白化粧水や美白美容液に配合されたり、美白乳液や美白クリームも配合されたりします。「水溶性」は即効性が高く「油溶性」は持続性が高い・・・など特徴も異なります。しかもビタミンC誘導体にはシミの予防効果だけではなく、できてしまったシミを薄くする還元効果があるのも嬉しいところです。自分に合った商品を選んで美白対策していきたいですね。


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。