美白

ハイドロキノンの美白効果と副作用

ハイドロキノンで美白肌

世の中には美白効果を謳った化粧品が数え切れないほど発売されています。ところがいろいろな商品を試したけれどシミが薄くならなかった・・・という人も多いかもしれません。シミを消すためにはレーザー治療を受けるしかないかもしれないけれど、何となくシミ取りのレーザー治療は不安だと感じている人におすすめなのが美白成分「ハイドロキノン」です。ハイドロキノンは“肌の漂白剤”と呼ばれるほど美白効果が高いといわれています。今回は、そんなハイドロキノンの美白効果と考えられる副作用についてまとめました。

美白化粧品に配合されているとうれしい成分
美白有効成分ハイドロキノンの美白効果とは?

ハイドロキノンとは?

「ハイドロキノン」は美白効果が非常に高いことで知られている物質で、日本では最近まで医師の処方がなければ使用できない「シミの治療薬」でした。ハイドロキノンという名前からからイメージすると科学的に合成された物質のように思うかもしれませんが、元はイチゴやコーヒー、麦芽などに含まれる天然美白成分です。ハイドロキノンには酸化を抑える「還元作用」があることで知られ、昔から写真を現像する際の還元剤として広く利用されてきました。そのうちに写真を現像している人の肌が白くなったことで美白作用が注目されるようになったのです。

海外、特にアメリカでは「美白=ハイドロキノン」というほど一般的な成分で、古くからシミの治療薬として使用されてきたほか様々な美白化粧品に配合されてきました。ただ、日本ではハイドロキノンが不安定な成分であることや高濃度ハイドロキノンの使用で肌トラブルを招く可能性があることから、皮膚科など医師の処方のもとでのみ「シミの治療薬」として使用されてきました。2001年の薬事法の規制緩和に伴ってようやく美白化粧品に使用できるようになり、美白意識の高い女性の間で大いに注目を集めています。

このように高い美白効果が期待できるハイドロキノンですが、残念ながら日本では厚生労働省の医薬部外品としての認可は下りていません。それでもできてしまったシミを消す美白効果を期待するなら「肌の漂白剤」とも呼ばれる成分であるハイドロキノン入りの美白化粧品が効果的です。
ハイドロキノンと美白成分

ハイドロキノンの美白効果とは?

メラニン生成の抑制して美白

ハイドロキノンはシミの原因となるメラニン色素の合成を阻止するはたらきがあります。メラニンを合成するには「チロシナーゼ」と呼ばれる酵素が関わっています。紫外線などの刺激を肌に感じるとメラノサイトが活性化され、シミの元となる「チロシナーゼ」という酵素が活性化。このチロシナーゼが「チロシン」というアミノ酸と結合することによってメラニンに変換されます。ハイドロキノンは「チロシナーゼ」よりも先に「チロシナーゼ」と結びつくことによってメラニン色素が生成されないようにして美白する作用があります。その効果は他の美白有効成分「βアルブチン」や「コウジ酸」の数10倍から100倍もあるといわれていて、「ハイドロキノン」では圧倒的に高い美白効果が得られることが分かります。
ハイドロキノンにはメラニン色素の生成を抑制するはたらきがある

メラニン還元作用で美白

ハイドロキノンには酸化を抑える還元作用があることが知られ、昔からゴムの酸化防止剤としても活用されてきました。メラニン色素は紫外線などの影響で酸化され色が濃くなると考えられますが、ハイドロキノンの還元作用は酸化して黒くなったメラニン色素を還元してシミになった部分を薄くする美白作用があります。これは皮膚の表面にできたものに効果があるものの、皮膚の真皮にまで深くできたシミの場合は難しいようです。それでも同じようなメラニン還元作用があるビタミンC誘導体と比較するとその効果は絶大です。


ハイドロキノンの副作用とは?

ハイドロキノンの美白効果は非常に高いのですが刺激が強く、扱い方を間違えると肌トラブルが起きる可能性があります。肌が弱い人の場合、肌にピリピリとした刺激を感じたり赤みやかぶれといった炎症を起こしたりすることもあります。

シミの悪化

ハイドロキノンを塗った肌は非常に無防備で紫外線に敏感になっている状態です。それはまるで日焼け止めなしで海に行くようなものだといわれています。ハイドロキノンを塗った後に紫外線を浴びるとシミが薄くなる美白効果どころかシミが濃くなり色素沈着が悪化してしまう可能性があります。ハイドロキノンを使用するのは夜がおすすめですが、朝に使用したいなら日焼け止めクリームや日傘などでしっかりUV対策するようにしましょう。
ハイドロキノンを使用したら紫外線対策が欠かせない

白斑

「白斑」とは、皮膚の色素が部分的に脱色されて白くなってしまう症状のことです。ハイドロキノンを長期間連続して使用したり、高い濃度のものを使用したりするとメラニン色素を作り出す皮膚の機能自体が失われ皮膚の色素が部分的に脱色されてしまうのです。高濃度のハイドロキノンは海外から直接輸入することができますが、自己判断で使用すると取り返しがつかないことになりかねません。ちなみに市販の美白化粧品は、厚生労働省によって2%以下と定められています。濃度が高いクリームが欲しいなら必ず医師に相談して処方してもらうようにしましょう

憧れの美白肌!美白化粧品の選び方

ハイドロキノンは非常に酸化しやすい美白成分です。酸化したハイドロキノンは肌に刺激となったりその刺激でさらにシミが生じたりする可能性があります。開封後はなるべく冷蔵庫に保管し1ヶ月ほどで使い切るようにしましょう。

正しく使用して美白対策しよう

いかがでしたか? さすが、「肌の漂白剤」と呼ばれる「ハイドロキノン」は他の美白成分と比べて高い美白効果が得られるようです。レーザー治療でシミを消すことを迷っている人にとっては朗報ですね! レーザー治療ほどの効果はないとしても、ハイドロキノンを塗るだけでシミを薄くできて美白効果が得られるというのはうれしいところです。ただ、このように効果が高いぶん肌への刺激も強いため使用するには注意が必要です。市販の美白化粧品では2%以下に決められているのでトラブルは少ないですが、肌が敏感な人はパッチテストをしてから使用することをおすすめします。それ以上の濃度を使用したいなら医師の処方のもと正しく使用しましょう。

話題の飲む日焼け止めサプリ-本当に効果あるの?


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。