美白

美白有効成分-アルブチンの美白効果

アルブチンと美白

美白化粧品の中に含まれる多くの美白成分の中でも、多くの化粧品に配合されている「アルブチン」という成分。美白に興味のある女性なら一度は目にしたことがあるのではないでしょうか? アルブチンは美白効果が高いといわれていますが一体どのような成分なのでしょうか? また効果が高いのなら何らかの副作用があるのでしょうか? 今回は、これらの疑問とともに美白有効成分「アルブチン」の効果と副作用についてまとめました。

美白化粧品に配合されているとうれしい成分
美白有効成分アルブチンの美白効果とは?

「アルブチン」とは?

美白有効成分「アルブチン」とは、洋梨やコケモモなどの自然の植物に含まれる“天然型フェノール性配糖体”と呼ばれる成分です。シミやソバカスなどの元になるメラニン色素の合成にかかわる「チロシナーゼ」と呼ばれる酵素のはたらきを阻害することでメラニンの発生を抑え美白効果が得られるのです。この「天然型フェノール性配糖体」は一般的に“β-アルブチン”と呼ばれていますが、天然由来成分のため大量に生産することが難しく高価な美白成分でした。

このように天然植物のエキスから抽出されていたアルブチンが、研究開発によって人工的に合成されたのが“α-アルブチン”。現在では多くの美白化粧品に合成されたα-アルブチンが用いられています。


「アルブチン」の種類

美白有効成分「アルブチン」は、もともと天然由来成分に含まれている「β-アルブチン」と呼ばれるものと、研究によって人工的に合成された「α-アルブチン」と呼ばれるもの、2種類あります。それぞれの特徴と違いについてみてみましょう。

β-アルブチン

「β-アルブチン」は洋梨やツツジ科の植物であるコケモモ(ウワウルシ)などの天然植物から抽出されるエキスで、昔からある美白成分。通常「アルブチン配合」と記載されている美白化粧品は「β-アルブチン」のことを指しています。美白成分というと効果が高いぶん肌への刺激が強いイメージがあるかもしれませんが、天然型フェノール性配糖体である「β-アルブチン」は肌にやさしく肌が弱い人にもおすすめです。ただ、美白効果が実感しにくいという場合があるようです。
美白有効成分アルブチンは洋梨などから抽出される美白成分

α-アルブチン

「α-アルブチン」は、非常に強い美白効果から「肌の漂白剤」とも呼ばれるハイドロキノンを参考にして、ハイドロキノンのような強い刺激がなく肌によりやさしい美白成分になるように研究された合成物質のこと。ハイドロキノンにブドウ糖を結合させることによって人工的に作られた美白成分です。「α-アルブチン」は、ハイドロキノンのような刺激が少ないぶん肌になじみやすく、しかもハイドロキノンのような高い美白効果を残しているため“β-アルブチン”と比べておよそ10倍もの美白効果が得られるといわれています。
アルブチンは人工的に作られる美白有効成分

「アルブチン」の美白効果

ハイドロキノンを真似て人工的に合成された美白有効成分「アルブチン」ですが、ハイドロキノンのような「還元作用」によってできてしまったシミを薄くする美白効果は期待できません。その代わり、アルブチンはメラニン色素の生成に関わる酵素「チロシナーゼ」にはたらきかけ、紫外線などに刺激によって発生したメラニン色素が黒化しないようにすることでシミを予防して美白する作用があります

メラニン色素そのものは紫外線のダメージから肌の細胞を守るという重要なはたらきがあるので「メラニン=悪」というわけではないのですが、刺激によって過剰にメラニンが作られるとメラニンが肌の代謝によって排出しきれなくなり沈着してシミになっていきます。「アルブチン」には、紫外線を浴びてシミが表面にまだ表れていない状態のメラニンが黒くなる前の時点であれば美白効果が期待できるといわれています。

憧れの美白肌!美白化粧品の選び方
アルブチンはシミの元となるメラニンを黒化させない作用がある

ビタミンC誘導体の併用がおすすめ

アルブチン自体にはメラニン色素が黒化することを予防してシミを予防する高い美白効果が期待できます。さらに美白効果を得たいなら「ビタミンC誘導体」を併せて使用するのがおすすめ。ビタミンC誘導体には、既にできてしまったシミを還元して薄くする美白作用が期待できるためアルブチンと併用することで美白効果がいっそう高まるのです。美白化粧品の中には1本にアルブチンとビタミンC誘導体の両方の美白成分が配合されたものがあります。また同じメーカーのシリーズでアルブチン配合の美白化粧水、ビタミンC誘導体配合の美白美容液を使用するなどライン使いにするのもおすすめです。

美白有効成分-ビタミンC誘導体の美白効果と副作用
アルブチンの美白効果と化粧品

「アルブチン」の副作用

「β-アルブチン」はもともと天然由来の植物成分であることもあり肌への刺激が少なく、肌が弱い人にも使用できるやさしい美白成分です。また「α-アルブチン」も効果が高い代わりに肌への刺激が強い「ハイドロキノン」を参考に、より安全性を高くするために作られた美白成分で肌への刺激が軽減されているので比較的安心して使用できる美白成分です。ただ、同じアルブチンで比較するとα-アルブチンよりも天然成分であるβ-アルブチンのほうが肌への刺激が少ないといわれています。美白効果を優先させるか肌への刺激を優先させるかは肌の状態によって選び分けるといいですね

憧れの美白肌!-化粧品以外で色白になる方法ってあるの?
自分の肌に合わせた美白有効成分を選ぶことが大切

自分にあったアルブチンで美白効果を!

いかがでしたか? 今回は、多くの美白化粧品に配合されている「アルブチン」の美白効果と副作用についてまとめました。「アルブチン」といっても天然由来の「β-アルブチン」と、人工的に合成された「α-アルブチン」の2種類があることがわかりました。どちらも肌にやさしい成分ですが敏感肌の人には天然由来のβ-アルブチンのほうがより刺激が少なくておすすめ。一方、α-アルブチンのほうは美白効果が高いハイドロキノンを参考に合成されただけあって美白効果は高いです。自分の目的や肌の状態に合わせて選んで美白対策をしていきましょう!


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。