スキンケア

疲れて見える目の下のクマ-原因と解消法

目の下のクマの原因と対策

残業続きで睡眠不足の朝や歓迎会など飲み会の翌朝、ふと鏡を見ると「目の下にクマが!」という経験はありませんか? 目の下のクマは目立つばかりか不健康で老け込んだ印象を与えてしまいます。人の見た目は第一印象で決まるといわれていますが初対面の人に老けて疲れた印象を与えたくないものですよね。今回は、目の下のクマができる原因と解消する方法についてまとめました。

気になる目元のくすみ-原因と予防法
目の下のクマ

目の下のクマは3種類

不健康に見える目の下のクマですが、実は3種類あって原因も対策方法もそれぞれ異なります。

青っぽいクマ

いわゆる“青クマ”と呼ばれるもので、もっとも一般的に悩まされるタイプのクマです。主な原因は血行不良。冒頭で書いたように残業続きで睡眠不足や疲労の蓄積、ストレスや冷えなどによって目の周囲の血行が悪くなることが原因で引き起こされます。顔のほかの部分に比べて目の周囲は皮膚が非常に薄いため、血行不良で流れが悪くなった目の下の毛細血管が透けて見えるため青っぽく見えます。色の白い人ほどクマが目立ちやすくなるのが特徴です。
目の下のクマ 青クマ

茶色っぽいクマ

目の下の皮膚を少し引っ張ってみても薄くなったり消えたりしないもので、茶色っぽいのが“茶クマ”と呼ばれるクマです。これは茶クマの主な原因は、睡眠不足や体調不良とは関係なくメラニン色素が沈着することによって生じるクマ。なぜ目の周囲なのかというと、目の周囲の皮膚は厚さ0.6mmと非常に薄くてデリケートだから。顔のほかの部分と比べてダメージを受けやすく紫外線やメイクの際の摩擦などによってメラニン色素が沈着しやすいのです。無意識に目元をこするクセがある人は茶クマになりやすくなります。

美白化粧品に配合されているとうれしい成分
目の下のクマ 茶クマ

黒っぽいクマ

目の下の黒っぽいクマ“黒クマ”の主な原因は目の下にできた影。“青クマ”や“茶クマ”のように皮膚の下の色が透けているわけでも色素が沈着した色でもなく“影”です。加齢などが原因で目に下の皮膚がたるみ、凹凸ができているところに光の当たり具合によって“影”ができて黒く見えてしまいます。“青クマ”や“茶クマ”のように上からコンシーラーなどでカバーしても影までは隠すことが難しいのが特徴です。


目の下のクマの解消法

青クマの解消法

青クマの大きな原因は血行不良なので、目の周囲の血流を良くするのが優先です。特にオフィスで長時間パソコン作業をする人やスマートフォンを見続ける人は、目の疲れから血行不良が生じやすいので定期的に目を休めることが大切です。最も手軽に目元を温める方法は“ホットタオル”や、市販の“ホットアイマスク”などを活用することです。ただ、根本的に改善するためにはカラダ全体を温めることが重要です。できるだけ冷たい飲み物を控えて温かいものを取ることや一日の終わりにゆっくり湯船に浸かること、睡眠時間の確保も忘れないようにしましょう。

美肌になるためには睡眠が大切-美肌と睡眠との関係
目の下のクマとデスクワーク

<目元マッサージ>

  1. アイクリームや美容オイルを使って滑りを良くしておきましょう
  2. 薬指の腹で下まぶたの目尻から目頭に向けてやさしく指を滑らせます
  3. 次に上まぶたの目頭側から目尻に向けて指を滑らせてぐるりと一周させます
  4. チカラを入れ過ぎないように注意して3~5回繰り返します

茶クマの解消法

茶色いクマは色素沈着ですから一度に改善することはできません。くすみやシミ対策を同じように美白ケアが必要です。できてしまったシミを薄くする“ビタミンC誘導体”や“ハイドロキノン”配合の化粧品がおすすめ。それと同時に新しい色素沈着を作り出さない努力が必要です。一年を通して紫外線対策をすること、アイメイクをする時も落とす時も強い摩擦を与えないようにやさしく触れるようにしましょう。目をこするクセのように肌に負担を与えることを避けることも重要です。

美白有効成分-ビタミンC誘導体の美白効果と副作用
目の下のクマとアイクリーム

黒クマの解消法

黒クマの原因は皮膚のたるみに影ができるために生じるもの。加齢による衰えは避けることができませんが、少しでもハリや弾力がある目元をキープすることが大切です。年齢に合わせた目元のエイジングケアとして、ヒアルロン酸やセラミドが配合されたアイクリームなどで集中ケアをするのがおすすめです。また目の下のたるみの原因になる筋肉「眼輪筋(がんりんきん)」を鍛えることで黒クマの予防をすることができます。

乾燥肌用化粧品に配合されているとうれしい保湿成分
目の下のクマとエイジングケア

<眼輪筋の鍛え方>

  1. ゆっくりとチカラを入れて両目をギュッと閉じ5秒キープします
  2. 次に目を開けて大きく見開き5秒キープします
  3. これを5回繰り返すだけでO.K!

タイプに合わせたケアでクマ解消

いかがでしたか? 今回は目の下のクマの原因と解消する方法をご紹介しました。なかでも睡眠不足や疲れによってできる青クマは目元の血行不良を改善することで解消しやすいクマです。普段から目の使い過ぎに注意したり目元を温めたりして血流を良くすることを意識しましょう。それに対して茶クマや黒クマは一度できてしまうと解消するのに時間がかかります。日頃からクマを作らないために摩擦や刺激を避けたり目元を乾燥させたりしないようにしたいものです。いずれにしても目元に強い刺激は厳禁です。自分のクマのタイプに合わせたケアで健康的な目元を取り戻したいですね!


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。