スキンケア

人気の「オイル美容」-美容オイルの使い方

美容オイルの使い方しだいで効果アップ

近年注目されているスキンケアのひとつ“オイル美容”、あなたは試してみましたか? 美容オイルはナチュラルで肌にやさしく、顔だけではなく髪や爪・ボディにも使える万能オイル。あらゆるコスメを使った美容マニアたちも最終的に美容オイルが一番だとハマるそうです。でも、なかには「美容オイルを購入したけれど、使い方がよく分からない」「べたつかない使い方を知りたい」という人もいるかもしれません。そこで今回は美容オイルの効果とさまざまな使い方についてご紹介します。
人気のオイル美容-美容オイルの使い方とは

美容オイルの効果

オイル美容には一体どのような効果があるのでしょうか? 美容オイルを肌につけると後で使用する化粧品の浸透を妨げるイメージがあるかもしれませんが、実はその逆です。肌は水分よりも油分のほうが浸透しやすいという特徴があるのです。本来、肌は水をはじく性質を持っています。考えてみるとお風呂に浸かっている時にお湯がカラダに浸透してくることってないですよね? これは肌がお湯をはじいて浸透してこないように防いでいるからなのです。
美容オイルでスキンケアの浸透を良くすることができる
それとは対照的に、オイル美容に使用する美容オイルはアルガンオイルやホホバオイル、オリーブオイルなど天然の種子などから搾られたオイルです。これら天然のオイルはヒトの皮脂の成分と似ているだけでなく、ビタミン・ミネラル・必須脂肪酸などの肌に必要な栄養素を豊富に含み肌の角質層の「細胞性脂質」とよく馴染みます。こうして美容オイルを肌に塗ることで肌に素早く浸透し肌を柔らかくしたり、後から使用する化粧水の浸透を良くしたりする効果が期待できます

誰もが憧れる肌へ!スキンケアの基本

美容オイルはインナードライ肌にもおすすめ

「オイル美容は乾燥肌ではない自分には向いていない・・・」と思う人がいるかもしれません。実はオイル美容は使い方しだいでは皮脂の過剰分泌に悩むインナードライ肌にもおすすめ。インナードライとは肌の表面は皮脂が多くてテカるのに、肌の内部は水分が不足して乾燥している肌のこと。Tゾーンを中心に皮脂が気になるため“オイリー肌”だと思っていても、実際には水分の蒸発を防ぐために皮脂が過剰分泌されて引き起こされます。そんなインナードライ肌にはスキンケアの最後に美容オイルを1滴なじませるだけで肌の保湿力がアップし、皮脂が過剰に分泌されることを防ぐことができます。

乾燥しているのに肌がテカる!インナードライ肌とは?


美容オイルの使い方

オイル美容で使用する美容オイルには様々な使い方があります。ここでは美容オイルのいくつかの使い方をご紹介します。

ブースターとして化粧水の前に

美容オイルのシンプルな使い方としては、化粧水前の“ブースター”として使用するのがおすすめ。いつも通りの洗顔をした後、化粧水をつける前に美容オイルを1~3滴ほど肌になじませてハンドプレスします。ゴワついた肌は角質層が硬くなり浸透率が低くなって、せっかく効果が高い化粧水を使用しても肌にしっかり成分が浸透しません。そこで先に美容オイルを肌になじませることで肌を柔らかくし、“化粧水の通り道”を作って浸透率を高める効果が期待できます。肌がゴワつきがちな人や乾燥しやすい人にはおすすめの使い方です。

敏感肌のクレンジング-選び方
美容オイルの使い方 ブースターとして

スキンケアの最後に

肌には水分だけ与えても油分だけを塗ってもバランスが良くありません。肌の理想的な水分・油分の比率は、水分8:油分2で水分量は40~50%だといわれています。この比率が崩れると乾燥肌やインナードライなどの肌トラプルが起こりやすくなります。そこで、化粧水や美容液でスキンケアした後の肌に美容オイルを1、2滴手のひらになじませてから、顔全体にハンドプレスすると肌の保湿力がアップします。
美容オイルをスキンケアの最後に1、2滴塗ってハンドプレスする

化粧品に混ぜる

「オイルを肌に直接塗るのは苦手・・・」という人におすすめの使い方は、美容オイルを化粧水や乳液などに1、2滴加えて混ぜ合わせて使う方法です。化粧水や乳液を手のひらに取り、そこに美容オイルを垂らして指でクルクルと混ぜるとキレイに混ざりやすくなります。また、化粧下地やリキッドファンデーションに美容オイルを1滴加えて混ぜ合わせてから肌に塗ると、肌のかさつきが抑えられるだけでなくツヤ感が長持ちしますよ
美容オイルの使い方-リキッドファンデーションの混ぜる

頭皮・ヘアケアに

美容オイルの別の使い方は、シャンプー前に美容オイルを使って頭皮マッサージをする方法。こうすると頭皮の毛穴に詰まった皮脂汚れを取り除き健やかな髪が育つ頭皮作りが期待できます。使い方は簡単。手のひらに美容オイルを2、3滴垂らして両手で温め、頭皮になじませたら指の腹で円を描くように4~5分ほどマッサージするだけ。その後ブラッシングをして通常通りぬるま湯で洗い流してからシャンプーしていきます。頭皮の血行促進効果で顔のむくみ解消効果も期待できます。

さらに、シャンプー後タオルドライした髪に美容オイル2、3滴を手のひらに取って、毛先などパサつきやダメージが気になるところを中心にしっかりとなじませてから乾かすと髪にツヤが出てしっとりまとまりやすくなります。
美容オイルをヘアケアに使うとしっとりツヤツヤの髪に

ハンド・ネイルケアに

美容オイルはハンドクリームの代わりに1、2滴手に塗ることもできますし、乾燥しやすい爪のお手入れに使うのもおすすめです。爪は乾燥してくると割れやすくなったり縦シワが出たり・・・トラブルを起こしやすくなります。そんなネイルケアに美容オイルを使ってマッサージしましょう。オイルマッサージをする部分は爪の根元です。爪の根元部分に美容オイルをなじませたら、反対側の親指で根元を1本ずつ軽く押していきます。両手のすべての指にオイルを浸透させるイメージで行いましょう。
美容オイルの使い方-ネイルケア

美容オイルで全身美しくなろう!

いかがでしたか? 今回は美容オイルの効果とさまざまな使い方についてご紹介しました。美容オイルは乾燥肌の人だけでなく多くの女性が悩まされているというインナードライ肌にもおすすめです。注意することは、肌の理想的な水分・油分の比率は水分8:油分2ですから美容オイルだけを塗っていれば肌が潤う、というわけではないこと。洗顔後に美容オイルだけでなく化粧水などで水分を与えることを忘れないでくださいね。これまで美容オイルを購入したけれど使い方が分からなかった人も肌に使うだけでなく、頭皮やヘアケア・ネイルケアなど自分に合った使い方をすることができそうですね。自分に合った美容オイルで全身美しくなりましょう!

気になるインナードライ肌を改善してうるおい肌に!


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。