スキンケア

梅雨の時期に気をつけたいスキンケアとは?

夏の終わりから秋の抜け毛の原因-紫外線対策

一年のうちでも湿気が多くうっとうしい梅雨の時期。毎日曇り空や雨が続いて気分的にも憂うつなシーズンなのに、肌のトラブルを引き起こしやすい時期でもあります。しかも湿気が多い時期なのになぜか肌が荒れることも・・・。実は梅雨には肌の表面はべたつくのに内側は乾燥しやすい“インナードライ”が加速しやすい時期なのです。今回は、そんな厄介な梅雨の時期に気をつけたいスキンケアについてまとめました。

乾燥しているのに肌がテカる!インナードライ肌とは?
梅雨のスキンケアで気をつけるポイントとは?

梅雨時期の肌トラブルの原因

湿度の高さ

梅雨の時期は平均的に湿度が80%を超えることもあります。湿度が低すぎる乾燥状態も肌に良くありませんが、逆に湿度が高すぎても肌に負担を与えます。それは、湿度が高いことによって汗をかいてもなかなか蒸発されず、いつも肌の表面がべたついて雑菌が繁殖しやすくなります。また、湿度が高い状態では毛穴が開いて皮脂が過剰分泌しやすく、肌表面の汗と混じって肌のテカリやかゆみ、ニキビなどの原因になります。
梅雨の湿度の高さが肌トラブルを招く

乾燥

ジメジメして湿度が高い梅雨なのに「どうして肌が乾燥するの?」と思うかもしれませんが、この時期はオフィスでも乗り物でもエアコンや除湿器を使用していることがほとんどです。高い湿度は“不快指数”が高まるため、梅雨のシーズンではあらゆる場所で除湿器・エアコンが効いていることが多く室内の湿度が50%以下になっていることが多いのです。肌に最適な湿度は60~65%だといわれていますから、外はジメジメして湿度が高くても室内では空気が乾燥していることが多いというわけです。さらに湿度が多い梅雨はしっかりと保湿ケアをしていないことが多く肌が一層乾燥しやすくなります
梅雨時はエアコンのかけ過ぎで逆に乾燥することも

紫外線

真夏や晴れた日は日焼け止めクリームなどで紫外線対策をしている人も、梅雨の時期は曇りや雨の日が多いためあまり紫外線を意識していないことが多いもの。ところが梅雨の時期でも紫外線の強さはかなり強く、梅雨の合間の晴れ間では真夏と変わらないほどの紫外線が降り注いでいるといわれています。また曇り空でも紫外線は地上に降り注いでいます。無防備な状態で外出すると知らない間に紫外線ダメージを受け、肌の乾燥やシミ・くすみなどを引き起こします。

美肌の大敵!紫外線対策をしっかりと
梅雨の合間の日差しには真夏並みの紫外線が

体の冷え

空気の乾燥と関わりがあるのですが、蒸し暑い梅雨の時期にはカラダが冷えていることが多いものです。除湿器やエアコンが効いた室内やオフィスは長時間過ごしていると足元から冷えてきます。さらに、ジメジメして蒸し暑い外で汗をかいたままクーラーが効いた部屋に入ると、汗が蒸発して急激に熱が奪われて冷えることがあります。このような急な温度差や冷えが原因で体内の血行が悪くなり肌の代謝が低下してくすみやすくなります
梅雨時の冷えが肌トラブルの原因になる場合もある

梅雨の時期におすすめのスキンケア

クレンジング・洗顔

ジメジメして肌がべたつくからといって洗浄力の高すぎるクレンジングや洗顔料は絶対にNG! デリケートなこの時期には肌に優しいクレンジングを使用しましょう。肌に必要な皮脂を守りながらメイク汚れを落としてくれる「クレンジングクリーム」や「クレンジングミルク」がおすすめ。また、梅雨時はいつも以上に丁寧に洗顔して肌を清潔に保つことも大切です。たっぷりの泡で包み込むようにしながら肌の汚れを落としましょう。

乾燥肌のクレンジング-選び方
梅雨時は洗浄力がやさしい洗顔料で洗う

保湿ケアを忘れずに

洗顔後はしっかり保湿ケアをしましょう。まず化粧水で肌のうるおいを与えましょう。次に湿度が高い梅雨の時期でも化粧水の後には乳液かクリームでうるおいを閉じ込めます。特にエアコンが効いたオフィスで過ごす人はセラミドやヒアルロン酸などなどの保湿成分が配合されたスキンケア商品を使用すると効果的です。メイク前の乳液やクリームで肌のべたつきが気になる場合はティッシュで優しく抑えるといいですよ。

気になるインナードライ肌を改善してうるおい肌に!

あぶらとり紙は避けて

梅雨の間は肌の表面にべたつきが気になるものですが、あぶらとり紙で肌の皮脂を取るのは避けましょう。あぶらとり紙は肌に摩擦を与えるだけでなく、肌に必要な皮脂まで奪い取ってしまい余計に過剰な皮脂が分泌される原因になります。メイクの仕上げに粒子の細かいルースパウダーを使用して肌をサラサラに仕上げるといいですよ。

ピーリングケア

ジメジメした梅雨の時期は、皮脂の分泌が多くなって毛穴に古い角質が溜まり毛穴が詰まってニキビの原因になりやすいものです。丁寧な洗顔はもちろんですが、1週間に一度の“ピーリング”もおすすめです。ピーリングというと肌への刺激が強いイメージがあるかもしれませんが、「AHA」や「フルーツ酸」と表記されているリンゴ酸やグリコール酸が配合されたアイテムなら、刺激が少なく肌に穏やかに作用するからおすすめです。

洗顔しながらマッサージすることでピーリング効果が期待できる石鹸タイプや、洗顔後の清潔な肌に塗ってクルクルとなじませていきポロポロしてきたらやさしく洗い流すピーリングジェルなど商品はさまざまあります。いずれにしても週に一度行うことで毛穴の角質汚れを防ぎ肌のゴワつきや肌荒れを改善する効果が期待できます。ピーリング後の保湿は念入りに行うようにしましょう。
梅雨時はピーリングケアができる石けんを使って洗ってみる

UVケア

陽射しが少ない梅雨の時期ですが、曇っていても地上には紫外線が届いています。また6月~7月は真夏並みの紫外線の強さですから、梅雨の晴れ間にうっかりUVケアを忘れると強力な紫外線を浴びるハメになります。曇っていても日焼け止めクリームやサングラス、日傘や帽子でUV対策を忘れないようにしましょう。日焼け止めクリームはSPFが高いものよりも低めのものを塗って汗をかいたらこまめに塗り直すほうがおすすめです。

日焼け止め-どうやって選ぶ?
梅雨時は曇っていてもしっかり紫外線対策をしよう

梅雨の時期-スキンケアは丁寧に

いかがでしたか? 今回は、何かと肌トラブルが増える梅雨の時期に気をつけたいスキンケアについてまとめました。湿度が高いからといって保湿ケアを手抜きしてしまいがちな時期ですが、部屋の中は除湿器やクーラーで意外と乾燥しているのが梅雨時の特徴です。洗顔で肌を清潔に保つことも重要ですが、洗顔後の保湿は必須。また曇っていても紫外線対策を忘れないようにしましょう。気温差や湿度の変化など肌への条件が厳しくなる梅雨の時期にはいつも以上に丁寧なスキンケアが大切です。うっとうしい梅雨の時期を健やかな肌で乗り切れるといいですね!

肌荒れを何とかしたい!原因と正しい対処法とは?


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。