スキンケア

もう化粧崩れに悩まない!-原因と対策

もう化粧崩れに悩まない-原因と対策

毎朝しっかりとメイクをして出かけるのに、夕方になるとファンデーションがよれたりアイラインがにじんだり・・・。こんな化粧崩れに悩まされる人は多いのではないでしょうか? 特に夏場の汗ばむ季節になってくるといっそう化粧崩れが起こりやすくなります。丁寧にメイクしたつもりでもいつの間にか化粧崩れしてしまうのはなぜでしょうか? 今回は化粧崩れが起きる原因と正しい対策方法についてまとめました。

美肌になる飲み物とは?-体の中からキレイになろう
夕方になると化粧崩れが起きる原因とは?

化粧崩れが起きる原因

皮脂と汗による化粧崩れ

化粧品には油分が含まれています。私たちの肌に分泌される皮脂は肌のバリア機能を高めるために欠かせないものですが、鼻やおでこなどは皮脂が過剰に分泌されやすくなります。すると化粧品に含まれた油分と皮脂が混ざり合ってメイクが溶けやすくなり化粧崩れの原因になるのです。Tゾーンの化粧崩れが最も多いのは皮脂の分泌が多い部分だというわけです。

また、冬場よりも夏に化粧崩れが起きやすいのは、夏のほうが冬よりも毛穴が広がりやすく皮脂の分泌量が多いから。夏には冬場の2倍の皮脂が分泌されるといわれています。また夏は汗をかきやすいので皮脂によって溶け出したメイクが汗をかくことで流れやすくなり、冬よりも化粧崩れが起こりやすくなります。

毛穴の開き!目立たなくするにはどうしたらいい?
夏はたくさん汗をかくことで化粧崩れが起こりやすい

乾燥による化粧崩れ

意外かもしれませんが化粧崩れは乾燥が原因で起きることがあります。肌の水分が不足して乾燥した状態で化粧下地やファンデーションを塗っても、なじみが悪くムラになったり厚塗りしたりして化粧崩れを起こす原因になります。また肌が乾燥しているところにファンデーションをのせても、肌への吸着力が少ないために化粧崩れの原因になります。このように肌が乾燥していると肌のバリア機能が低下しているため、メイクが刺激となって肌荒れやさらなる乾燥の原因になることもあります。

乾燥しているのに肌がテカる!インナードライ肌とは?
肌が乾燥すると余分な皮脂が分泌されて化粧崩れが起こりやすい

化粧崩れの対策

化粧崩れを防ぐためには、ベースメイクよりも先にスキンケアから見直すことが大切です。肌の状態がしっかり整っていないとベースメイクをしても化粧崩れが起きやすくなります。

正しい洗顔

小鼻やおでこなどのTゾーンの皮脂が気になるからといってゴシゴシ洗いをしていませんか? 朝の洗顔の基本は寝ている間に分泌された余分な皮脂や汚れを落とすこと。洗浄力が高すぎる洗顔料を使ったりゴシゴシこすったりすると肌に必要な皮脂まで奪われてしまい、肌が補おうとして過剰に皮脂を分泌する原因になります。また、夜にクレンジングと洗顔料でW洗顔したから朝は水洗いだけという人の場合、水だけでは寝ている間に分泌された皮脂や汗などをしっかり落とすことができません。

化粧崩れを防ぐためにも、朝は自分の肌に合った洗顔料をしっかりと泡立てて包み込むようにやさしく洗いましょう。こうしてメイク前に余分な皮脂汚れや古い角質をキレイに取り除くことで肌の表面が整えられてお化粧のノリがよくなり、化粧崩れが起きにくくなります。

誰もが憧れる肌へ!スキンケアの基本
化粧崩れを防ぐために洗顔はやさしくしっかりと

保湿ケアする

肌が乾燥することも化粧崩れの原因。肌がべたつくからといって化粧水しか使用しない人がいますが、化粧水だけでは肌のうるおいを保つことができずどんどん乾燥していきます。こうして肌の水分が不足すると肌は乾燥から肌を守るために皮脂を過剰分泌することになり結果的に化粧崩れの原因になります。洗顔後はうるおいを逃がさないために保湿ケアを忘れないようにしましょう。夏場にはクリームよりもべたつかない乳液で薄い膜を作りハンドプレスすると化粧崩れの予防になりますよ。

乾燥肌用化粧品に配合されているとうれしい保湿成分
化粧崩れを防ぐにはしっかりと保湿ケアをすること

メイク前に肌を落ち着かせる

朝忙しいからといってクリームや乳液でスキンケアをした後にすぐメイクを始めると化粧崩れの原因になります。保湿ケアをした後の肌は余分な油分が肌に残っている可能性があります。メイク前にべたつく部分をティッシュオフして余分な油分を吸い取りましょう。また、夏の汗ばみやすい時期に汗をかいた状態でメイクすると、メイクが肌に密着せずに化粧崩れの原因になります。エアコンの効いた部屋か保冷材などで肌の表面を落ち着かせてからメイクをしましょう。朝のメイク前に少しの時間をおくだけで一日の化粧もちがグンとよくなりますよ

梅雨の時期に気をつけたいスキンケアとは?
化粧崩れを防ぐにはメイク前にスキンケアを落ち着かせること

ベースメイクを丁寧に

化粧崩れが心配で下地やファンデーションを厚塗りする人がいますが、厚塗りするとメイクがよれて化粧崩れの原因になります。下地もファンデも丁寧に薄く塗るように心がけましょう。下地を塗るときに指で伸ばすこともできますが最後にスポンジを使用するのがおすすめ。小鼻や目元などの細かい部分をスポンジの角で丁寧になじませると下地がしっかり肌に密着して化粧崩れしにくくなります。さらに仕上げに余分な皮脂や汗を吸収してくれるフェイスパウダーを使用するとサラサラ感が持続して化粧崩れしにくくなり化粧もちが良くなります

憧れ!-“毛穴レス”でなめらかな肌になる方法
化粧崩れ予防にメイクの最後はフェイスパウダーで仕上げる

皮脂と乾燥対策で化粧崩れ対策を!

いかがでしたか? 今回は化粧崩れが起きる原因と正しい対策方法についてまとめました。気になる化粧崩れの原因は、肌の“皮脂”と“乾燥”という真逆に思えるような原因で引き起こされることが分かりました。いずれの場合でも朝のスキンケアが重要です。朝はバタバタ忙しくて時間がないから・・・と慌ただしくメイクすると化粧崩れの原因になります。時間の余裕をもって肌の下地作りから念入りにしていきましょう。こうして一日中化粧崩れ知らずのメイクをキープしたいですね!


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。