スキンケア

肌のアンチエイジング対策っていつから始める?

肌のアンチエイジング対策を今から始めよう!

「いつまでも若々しい肌をキープしたい」というのは女性なら誰もが持つ願いではないでしょうか? ところが加齢や紫外線、ストレスや排気ガスなど様々な原因で肌が“酸化”すると、カットしたリンゴが時間とともに茶色く変色していくように、肌も“酸化”してシミやシワ、たるみなどの老化現象(エイジングサイン)が表れます。このようなエイジングサインをあらかじめ予防するのが「アンチエイジング」です。一体いつから対策を始めればいいのでしょうか?

肌の老化の原因は「糖化」だった?
肌のアンチエイジング対策はいつから始めればいいのか?

アンチエイジングとは

「アンチエイジング」とはどういう意味なのでしょうか? 日本語に訳すと「抗老化」とか「抗加齢」という意味です。これは老化を止めるという意味ではありません。人は生きている以上、年齢を重ねるにつれて肌にもカラダにも少しずつ老化現象が表れるものです。それは誰にでも訪れるもので決して時を止めることはできません。アンチエイジングとはこれらの老化現象を少しでも遅らせてエイジングサインを緩やかにしていく対策のことです

水を飲んで美肌に-あなたは足りている?

肌のアンチエイジング-いつから?

“アンチエイジング”と聞くと40代くらいから対策を始めるものだというイメージがあるかもしれません。でも、アンチエイジング対策は既にできてしまったシミやシワを元に戻すことはできません。つまり、肌のエイジングサインが表れる前から対策する必要があります。基本的に“お肌の曲がり角”とは25歳くらいだといわれています。その後は肌の弾力をキープするためのコラーゲンや、美肌に必要な女性ホルモン“エストロゲン”の分泌は少しずつ減少していくのです。そのことを考えると肌のアンチエイジングは肌が衰えてきたことを感じる40代よりも早いうちから対策し始めるほうがいいでしょう。

美肌とアンチエイジングに青汁!その効果とは?
肌のアンチエイジングを始めるのは今から!

肌のアンチエイジング-何から始める?

肌のアンチエイジングというと、専用の美容液やクリームなどのアンチエイジング化粧品を使った対策を思い浮かべるかもしれません。でもアンチエイジング対策とは化粧品を使うだけではありません。今からできるアンチエイジング対策で肌の老化を少しでも遅らせることができます。

紫外線対策

シワやシミ、たるみなど肌の老化の原因の8割は紫外線を浴びることが原因だといわれています。紫外線と聞くと、日焼けしたり肌が黒くなったりするイメージしかないかもしれませんが、紫外線は美肌を損なう“エイジングサイン”の原因。紫外線には種類があって「UV‐A」と「UV‐B」、それぞれ肌に与える影響も異なります。地上に届く紫外線の約95%を占める「UV-A」は、シミ・そばかす・くすみの原因になるだけでなく肌の奥にある「真皮」にも到達して肌の弾力やハリを保つ「コラーゲン」や「エラスチン」にダメージを与えてシワやたるみの原因になります。一方「UV-B」は、強力なエネルギーで火傷のような日焼けや水ぶくれのような状態にしたり、メラニン色素を沈着させてシミ・ソバカスの原因になったりします。また細胞にダメージを与えDNAを傷つけてシミや皮膚ガンを引き起こす可能性もあります。

美肌の大敵!紫外線対策をしっかりと
アンチエイジングには紫外線対策が必要

これら肌老化の原因になる紫外線は夏だけではなく冬場も曇り空でも一年中降り注いでいます。アンチエイジングのためには若いうちでも常に日焼け止めを塗ることや日傘、帽子や長袖などで紫外線対策を欠かさないようにしましょう。また紫外線は目からも入ってきます。サングラスを活用するといいですよ。

<紫外線対策>

  • 日焼け止め・帽子・日傘・長袖
  • サングラスをして目をガード
  • 紫外線の強い時間帯の外出を避ける

乾燥対策

肌の乾燥はバリア機能を低下させ外部からの刺激によって肌トラブルが生じやすくなります。また、乾燥して肌に水分が少なくなるとハリや弾力が失われてシワやたるみの原因になります。なぜならハリや弾力の元となる成分「ヒアルロン酸」や「セラミド」は、肌の角層と呼ばれる部分の細胞と細胞の間で水分を保持しながら埋めているのですが、乾燥によってこれらの水分保持成分が不足すると細胞の間にすきまができてハリや弾力が失われていくのです。また、こうして細胞間にすきまができた状態では外部からの刺激に対して弱くなり、ターンオーバーが乱れて「肌老化」の原因になってしまいます。

乾燥肌用化粧品に配合されているとうれしい保湿成分
肌のアンチエイジング-対策は乾燥対策
アンチエイジングのためには年齢に応じたスキンケア対策で肌の乾燥を防ぐことが重要です。特に20代でも後半になってくると皮脂の分泌が減少していき急速に乾燥しやすくなります。スキンケアは水分と油分のバランスが大切です。化粧水だけで手入れを終えず乳液やクリームで保湿ケアを忘れないようにしましょう。

酸化対策

私たちの肌は私たちが毎日食べる栄養素から作られています。なかでもアンチエイジング対策には体内で発生した老化物質である“活性酸素”を除去する効果がある「抗酸化物質」を多く含む食品を取り入れることが効果的です。ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEなどのビタミン類を多く含む緑黄色野菜やフルーツ、ナッツ類。牡蠣やレバーなどに多く含まれる亜鉛、魚介類に多く含まれるセレンなどのミネラル、ポリフェノールやリコピン、カテキンなどのフィトケミカルスと呼ばれる成分などに抗酸化作用が多く含まれています。様々な栄養をバランスよく取り入れることを心がけましょう。

グリーンスムージーで美容と健康を手に入れよう!
アンチエイジングにはバランスの取れた食事が大切

肌のアンチエイジングは今から!

いかがでしたか? 今回は気になる肌のアンチエイジング対策をいつから始めるべきかについてまとめました。結論からいうと“今”から始めましょう。肌の老化は目に見えて現れる前から徐々に生じています。若いうちに何もしないでいると確実に肌は老化していくのです。アンチエイジング対策をしたからといって老化しないわけではありませんが、スピードを遅くすることは可能です。いきなり高価なアンチエイジング化粧品を購入するよりも、日頃から老化の原因になる紫外線や乾燥、酸化対策のようにできることから始めるほうが効果的です。ひとつでも取り入れて今からアンチエイジング対策を始めたいですね!


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。