敏感肌

肌にやさしい化粧品の選び方

肌に優しい化粧品の選び方とは

あなたは自分に合った化粧品選びができていますか? なかでもデリケートな肌、生理前や季節の変わり目になると肌が敏感になる人・加齢やストレスなどで肌が敏感になる人は自分に合う化粧品を選ぶのもひと苦労です。肌が敏感になると、「とりあえず無添加化粧品なら安心」「オーガニックコスメなら大丈夫」とイメージだけで選んでいませんか? 実は、無添加やオーガニックでも肌に合わない場合があるのです。そこで今回は、肌に優しい化粧品の正しい選び方について考えましょう。

敏感肌のクレンジング-選び方
肌にやさしい化粧品の選び方のポイント

敏感な肌とは?

健康な肌の場合“バリア機能“が備わっていて、紫外線やホコリ、細菌などの外部からの刺激から肌を保護し侵入を防いでくれます。ところが、ホルモンバランスや乾燥、加齢や間違ったスキンケアなどによって肌のうるおい保持成分が減少すると肌のバリア機能が低下して、健康な肌なら何の問題もない通常のスキンケアでも「かぶれ」「かゆみ」「赤み」などが生じて刺激を感じるようになってしまいます。そこで肌に優しい化粧品が必要になります。

季節の変わり目の「ゆらぎ肌」とは?-原因と対策
肌に優しい化粧品選び-仕組み

化粧品の間違った選び方

とりあえず無添加化粧品を選ぶ

肌に優しい化粧品というと“無添加化粧品”を選んでおけば安心というイメージがあるかもしれませんが、それは正しくありません。「無添加」とは添加物を含まないという意味ですが、実際に何が添加物なのかは特に定義がなくメーカーによって自由に決められるものです。なかには肌アレルギーを起こす可能性のある“旧指定表示成分”のひとつを配合しないだけで「無添加化粧品」として販売するメーカーもあるのが事実です。肌に優しい化粧品を選ぶ際には、「何が無添加なのか?」という事をきちんと確かめてから選ぶことが重要です。敏感肌の人なら、合成着色料・合成香料・鉱物油・防腐剤などの“旧表示指定成分”が無添加の化粧品がおすすめです

肌の老化の原因は「糖化」だった?
敏感肌の化粧品選びは無添加なら安心というわけではない

オーガニック化粧品なら安心

オーガニック化粧品が肌に優しくないといっているわけではありませんが、オーガニックなら肌に優しい化粧品だと決めつけるもの間違いです。そもそもオーガニックというのは無農薬・無化学肥料栽培で育てられた植物を使って作られた化粧品のことですが、天然の植物由来だから肌に優しいというわけではありません。なかには天然成分でも刺激が強いものもありますし、植物アレルギーのリスクもあります。また、日本では「オーガニックコスメ」の明確な基準がなく、化粧品の中の成分のうち1種類だけオーガニック成分を使っているだけでも「オーガニックコスメ」と呼ばれることもあります。

その化粧品本当に安全?-オーガニック化粧品の選び方
肌に優しい化粧品選び-オーガニック

肌に優しい化粧品の選び方

低刺激のものを選ぶ

肌に優しい化粧品とは肌に刺激が少ない化粧品のことです。「無添加」というキャッチコピーだけでは本当に肌に刺激になるものが含まれていないかは確認できません。ですから何が無添加なのかを確かめましょう。刺激が強い成分としては、収れん化粧品やニキビケア化粧品などに配合されることが多い“エタノール(アルコール)”、防腐剤の一種である“パラベン”、美白成分として配合される“ハイドロキノン”や“ビタミンC誘導体”などがあります。さらに合成着色料や香料も刺激があります。なかにはラベンダーオイルやローズオイルなどの植物から抽出された天然の精油でも敏感肌にとっては刺激になる場合もあります。肌に優しい化粧品を選びたいならこれら刺激になるものを避けるようにしましょう。
敏感肌の化粧品は刺激が少ないものを選ぶ

配合がシンプルなものを選ぶ

生理前や季節の変わり目に肌がデリケートになるなどホルモンバランスが崩れがちな時には、できるだけシンプルな処方のものが肌に優しい化粧品です。肌荒れを何とかしたくていろんな成分が配合された商品を選びたくなるかもしれませんが、肌は化学構造が複雑になるほど余計に敏感に反応しやすいという特性があります。まずはシンプルな配合の肌に優しい化粧品で肌を落ち着かせることが大切です

敏感肌にやさしい化粧品-どうやって選ぶ?
敏感肌の化粧品はシンプルな配合のものを選ぶ

セラミドが配合されたものを選ぶ

敏感になった肌はうるおい保持成分が減少して肌のバリア機能が低下していることが多いものです。それで、不足したうるおいを補い肌のバリア機能を高めることが重要になってきます。そんな敏感肌に優しい化粧品は保湿成分がしっかり配合されたもの。なかでもおすすめの成分が“セラミド”。セラミドは元々肌に備わっている成分で“角層”の中の細胞と細胞のすき間に存在し、水分や油分を抱えて水分の蒸発を防いだりバリア機能を高めたりするはたらきがあります。敏感になった肌の保湿成分としては刺激が少なく肌になじみやすいセラミドがおすすめです。

乾燥肌用化粧品に配合されているとうれしい保湿成分
敏感肌の化粧品選びにおすすめな成分はセラミド

イメージではなく成分をしっかり確認しよう

いかがでしたか? 今回は肌に優しい化粧品の選び方について考えました。世の中には山のように様々な種類の化粧品があり、“無添加”“オーガニック”“天然成分配合”など肌に優しい印象を与えるキャッチコピーであふれています。日本には“オーガニック”や“無添加”などのしっかりした基準がないため「肌に優しそう・・・」というイメージだけで選ぶのではなく、成分表示欄をしっかり確認して肌に刺激となる成分が配合されていないかを確認しましょう。さらに“天然成分”や“オーガニック”だからといってアレルギーの可能性や肌に刺激がないわけではありません。しっかりと商品を見極めて、自分に合った肌に優しい化粧品を見つけるようにしたいですね。


ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。