スキンケア

気になるかかとの角質を何とかしたい!効果的なケア方法は?

かかとの角質をケアする方法とは

これから秋・冬にかけて乾燥が気になる季節です。夏の間は素足にサンダルで過ごした人も、これからの季節はストッキングや靴下を履く機会がぐんと増えることでしょう。そんな時に気になるのが、かかとがカサついて粉をふいたりストッキングを履くときにガサガサのかかとが引っかかったりするなどのかかとの角質のトラブル。痛くないから別にたいしたことない、と思って放っておくとかかとの角質がどんどん厚くなってひび割れを起こすこともありますから日ごろのケアが大切です。今回はそんな気になるかかとの角質を改善するための効果的な方法をまとめました。

夏の終わりから秋に抜け毛が増える原因と対処法
気になるかかとの角質をケアする方法とは?

かかとの角質の原因

乾燥

肌は、もともと皮脂腺から分泌される皮脂によってうるおいを保っています。ところがかかとには皮脂腺そのものがありません。ですから、空気中に水分が含まれる適度な湿度があればいいのですが秋や冬のように大気が乾燥する季節になると、かかとは肌のどこよりも水分が逃げやすく乾燥が進みやすくなって「角質化」していきやすいのです。さらに寒い冬になるとコタツやエアコンなどの暖房機器によって皮膚から水分が奪われやすくなり乾燥してかかとの角質化が進みます。

水を飲んで美肌に-あなたは足りている?
かかとの角質の原因は乾燥かもしれない

刺激が多い

かかとを含む足裏はカラダの全体重を支える部分ですから、ただ立っているだけでも知らない間に刺激を受けています。さらに歩いたり走ったりするとかかとには大きな圧力や衝撃がかかり、これらの刺激の積み重ねがかかとの角質に負担をかけることになります。特に女性に多い高いヒールの靴やデザイン重視で足に合わない靴など負担が大きくなる靴には注意が必要です。このような刺激を受けるとかかとは角質を分厚くすることで肌を守ろうとして、どんどん表面が厚く硬くなり「角質化」してしまいます

気になる太ももをほっそり引き締める方法
かかとの角質化の原因はハイヒールなどかかとへの刺激

冷えや血行不良

かかとを含む足は冷えやすい部分です。足が冷えると血行不良になりやすく肌の新陳代謝が悪くなります。新陳代謝が正常な状態なら古くなったかかとの角質は垢として自然に剥がれ落ちて行くのですが、冷えなどで新陳代謝が悪くなるとかかとの古い角質がいつまでも剥がれず残ってしまい、どんどん蓄積されて角質が分厚くなっていきます。こうして分厚くなったかかとの角質は水分が浸透しにくくなっていっそう乾燥しやすくなり、さらに角質が厚くなるという悪いパターンができてしまいます。

話題!美肌になる入浴-ヒートショックプロテイン入浴とは
かかとの角質化の原因は冷えかもしれない

かかとの角質をケアする方法

余分な角質を除去する

かかとの角質ケア専用の”ヤスリ”、または“軽石”を用意します。ポイントはかかとの角質ケアの前にお風呂に入るか蒸しタオルで温めるなどしてかかとの皮膚を柔らかくしておくことです。こうして柔らかくした後にヤスリなどで角質を削っていきましょう。ヤスリを使う方向はかかとの角質の分厚くなった部分を一方向に削ること。さらにチカラを入れて一気にこすろうとせずやさしく削るようにしましょう。この時にゴシゴシ削ろうとすると角質がいっそう分厚くなって逆効果です。分厚くなったかかとの角質の場合は一度に全部ケアするのではなく数日に分けて少しずつケアしましょう。最後に表面を整えるために、よりキメの細かいやすりで軽くなぞるかスクラブ剤などで皮膚の表面を整えます。かかとケア用の電動リムーバーもおすすめですが、削り過ぎには注意しましょう。

海外モデルがお手本!美ボディのための生活習慣
余分なかかとの角質をケアするにはヤスリで

<日常のケアにプラス!スクラブ>

ヤスリなどでケアするほどかかとの角質が分厚くなっていないのなら、かかとや肘などに使用できるボディスクラブもおすすめ! 普段からこまめに古い角質を落としておくことで分厚くなることを予防できます。商品によって濡れたまま使用するものと乾燥させた状態で使用するものがあります。パッケージの使用方法を確認しましょう。いずれにしても強いチカラでこするのはNG!

保湿する

ヤスリでもスクラブでも角質を除去した後のかかとはとってもデリケート。お風呂上りに顔のスキンケアをするのと同じようにかかとのケアも忘れないようにしましょう。保湿化粧水をしみ込ませたコットンなどでしっかり水分を補給したら、クリームなどでしっかりとうるおいを与えることが大切です。この時クリームをマッサージするように塗り込むと効果がアップします。クリームはかかと専用のものでなくてもO.K! 「尿素配合」のクリームは角質に浸透しやすく肌を滑らかにしてくれますし、「ビタミンE配合」のクリームには血行を促進する効果があります。

乾燥肌用化粧品に配合されているとうれしい保湿成分
かかとの角質をケアするためには十分な保湿が大切

かかとパック

お湯に浸すだけでは、なかなか柔らかくならない頑固なかかとの角質にはパックがおすすめ。お風呂上りなどの温まった状態で、かかとにクリームやボディオイルをまんべんなく塗りマッサージします。そのあとラップに包み10分ほど置きます。ワセリンでもO.K!

古い角質の除去は、毎日実施するとかかとに大きな負担を与えます。多くても週に一回程度にしましょう。普段は毎日の入浴時にたっぷりの泡でかかとも忘れずにていねいに洗うことを心がけます。そして、入浴後は保湿クリームでしっかりと保湿しましょう。

こまめなケアでかかとをスベスベに!

いかがでしたか? 今回は気になるかかとの角質を改善するための効果的な方法をまとめました。少しカサついているけれど痛くないから・・・といって放置していると、どんどん角質が厚くなってかかとがひび割れを起こす可能性があります。少しでも早い段階で正しい角質ケアをしましょう。くれぐれもやりすぎはNG! また角質ケアと同時に日頃から足裏やかかとに過度な衝撃を与えないことも大切です。自分の足に合ったサイズの靴を選ぶことやクッション性のあるインソールを入れたりすると効果的です。これからの乾燥シーズンはこまめに保湿ケアをして、うるおいのあるスベスベのかかとになりたいですね!

ABOUT ME
blueflower
blueflower
女性なら誰もが憧れる「美肌」。美肌をキープしている女性は化粧品だけでなく食べ物や飲み物、睡眠など毎日の習慣にも気を配っています。美肌は健康的なライフスタイルから得られるもの。このブログでは美肌に役立つ情報を“スキンケア”“健康”“ダイエット”など様々な視点からまとめました。